TOP > 競走馬 > 【2014年エプソムカップ】重賞の常連! マイネルラクリマ
競走馬

【2014年エプソムカップ】重賞の常連! マイネルラクリマ

前走では敗れはしたものの香港に挑戦するなど、6歳になり充実気を迎えているマイネルラクリマ。エプソムカップを勝ち、秋に向けて弾みをつけたいところである。果たして勝機はあるのか、みていきたい。
マイネルラクリマ

もはや重賞の常連!? マイネルラクリマ

マイネルラクリマの競走馬データはこちら

マイネルラクリマの成績を見ればわかるように、もはや重賞の常連といっても過言ではないだろう。すでに重賞を2勝していることからも、この馬の実力は本物だということが良くわかる。

重賞初勝利! 2012年京都金杯

http://youtu.be/Cp1nvbA1id4
マイネルラクリマが重賞挑戦8戦目にして初の重賞勝ちを収めた。直線で先頭に立つとそのまま押し切る、という王道の競馬で勝利し強さを見せつけた。

1年振りのレースで快勝! 2013年福島民報杯

マイネルラクリマが1年もの休み期間があったにも関わらず、それをみじんも感じさせず完勝した。不良馬場という悪コンディションの中、2着以下に3馬身以上もの差をつけての勝利であり、ここでは相手が違ったようだ。

完勝! 2013年七夕賞

マイネルラクリマが2着以下を引き離し、見事重賞2勝目を飾った。4コーナーを回る時にはすでに先頭に立ち、そこから押し切った、というレース内容は非常に評価に値するものであった。

6歳をむかえるも未だ絶好調! 2014年中山記念

http://youtu.be/gNvg5rD6jLo
6歳になってもいまだ衰え走らないマイネルラクリマ。むしろさらに強くなっているように感じさせた。上位3頭がインを回ってきてる中、唯一外を回って追いこんできたマイネルラクリマ。敗れはしたものの上位の馬とも差はない。

好調を維持!上原調教師も自信をのぞかせる

inyofu 「先週はしまいが重い感じだったので、けさはビシッと追った。仕掛けてからの反応は良かったと思う。帰厩して10日での競馬になるが、着地検査中も、ここを目標に乗り込んできた。道悪も不得意ではないから」と、上原調教師は梅雨空を味方につけての逆襲を誓っていた。
香港帰りのマイネルラクリマであるが、調子自体に問題はないようだ。調教師が言うようにここを目標に仕上げてきたようだし、態勢は整った。

重賞ではよく見かけるマイネルラクリマ。6歳になり充実一途をたどる今、力的には他馬にも劣らないだろう。香港帰りだが、仕上がりも上々のようで、勝つための条件は整った。そしてなにより、今のシーズンは梅雨どきであり、雨の可能性もある。先週も府中は不良のコンディションであり、今週の馬場もパンパンの良馬場とはならないだろう。マイネルラクリマは稍重以上のコンディションで(2,1,2,1)と、足元の悪い馬場を得意としているため、これも好条件となるかもしれない。重賞3勝目を目指しマイネルラクリマがエプソムカップに挑む。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line