TOP > 競走馬 > 「モンドインテロ」年齢的問題はない!間隔詰めても使える【日経新春杯】
競走馬

「モンドインテロ」年齢的問題はない!間隔詰めても使える【日経新春杯】

重賞では惜しい敗戦が続くディープインパクト産駒のモンドインテロが日経新春杯に出走する。昨年は今年同様に日経新春杯からスタートし、3着に好走。しかし、その後は重賞の舞台では惨敗を続け、掲示板にも届いていなかった。そんな中、前走のチャレンジCでは上り3ハロン最速の4着に入り復調を示した。昨年好走の舞台で、念願の重賞制覇今度こそ成し遂げるか。そんなモンドインテロについてまとめてみた。
モンドインテロ

【札幌日経OP】後方からのごぼう抜きで1着!

この条件ではやはりレベルが違った。スタートから後ろにつけてレースを進め、道中鞍上が手綱をしごく場面もあったが、直線に入るまでその位置であった。位置取りに不安があるまま迎えた直線だったが、馬群の隙間を見つけると一気の伸びを見せる。一頭だけ能力の違う脚でゴール前に全馬を差し切り、1着でゴールした。
動画を見る
inyofu 1着 モンドインテロ(C.ルメール騎手) 「スタートでぶつけられて後ろからになったのですが、リラックスしていましたし、4コーナーでもパワー十分でしたから、自信がありました。スペースが空くとすごくいい反応をしてくれて、楽に勝つことが出来ました」

【オールカマー】直線伸びを欠き9着に惨敗

今回もスタートから後方につけてレースを進めたモンドインテロ。3コーナー付近で位置取りを徐々に上げていくと、直線では馬群を上手く抜け出し、外に出して追い出しを開始する。しかし、直線では思ったような伸びを見せることができず、馬群に沈み9着に終わった。
動画を見る
inyofu 9着 モンドインテロ(田辺裕信騎手) 「後ろから行くスタイルの馬ですからね。それにしても、上がって行く時には手応えがありませんでした」

【チャレンジC】上り3ハロン1位も、4着に敗れる

不振の重賞戦に復調の兆し。再びルメール騎手に手綱が戻っての一戦であったが、優勝争いにきっちり食い込んできた。スタートは悪くなかったが、今回も普段通り後方からに。しかし、直線に入ると目の覚めるような脚で一気に差を詰めた。最後は前3頭の粘りの前に4着に終わったが、上り3ハロン1位と、復調気配を示した。
動画を見る
inyofu 4着 モンドインテロ(C・ルメール騎手) 「いいペースの中、いい位置で運べ、終いも伸びていますが、届きませんでした。仕方ないですね」

【日経新春杯】最終追い切り情報 臨戦態勢整う

inyofu モンドインテロは10日、美浦Wで併せ馬。5Fで1秒4と大きく先行した僚馬ベストマッチョ(5歳オープン)を目標に、徐々に差を詰めながら直線へ。内へ進路を取って一杯に追われた直線では、パートナーの脚色が目立っていたが、最後は底力で併入に持ち込んだ。
inyofu 5F69秒3-39秒1-12秒5のタイムに、手塚師は「もう年も年だし、それほど変わってはこないけど、詰めて使えるのは珍しいからね」と及第点を与えた。先週の3頭併せに続く併せ馬で、臨戦態勢は整ったようだ。

【日経新春杯の傾向】前走の末脚に注目

前走上り3ハロンタイム1位のモンドインテロだが、今回もチャンス十分だ。過去10年の3着以内馬30頭の前走時の上り3ハロンタイムを調べてみると、23頭が5位以内であった。勝率12.7%、3着内率32.4%と、今回も気を付けなければいけいないデータだろう。
inyofu 過去10年の3着以内馬延べ30頭中23頭は、前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位が「5位以内」だった。

モンドインテロは今年で6歳。重賞制覇を狙うにもラストチャンスの年だ。そんな中前走で見せた復調気配、そして昨年3着に好走した舞台と、願ってもない好機だろう。好相性の昨年のリーディングジョッキーのルメール騎手を背に、今度こそ1着の座を射止めたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line