TOP > コラム > タンタン単勝メン!【2017年1月14日版】
コラム

タンタン単勝メン!【2017年1月14日版】

タンタン単勝メン
オヤジ「やっぱダメだったか・・。10番のキョウヘイが抜けちゃったね。」

1号「一瞬来たか!って思ったけどね・・。やはり、あの馬場だと読み切れないよね。」

オヤジ「うん、まあ、やっぱり三連単は難しいよ。でもね、私は、今年は何でも新しい事、やってみようって思ってるんだ。だから、買った事がないWIN5も、今度やってみようかな。」

1号「あれれ、どうしたの?オヤジさん。」

オヤジ「お正月にさ、今まで書き留めてきた好きな言葉を整理していたんだけどね、マークトゥエインの良い言葉があってね。」

1号「へええ、どんなの?」

オヤジ「これ、いい言葉だよ。やったことは、例え失敗しても、20年後には、笑い話にできる。しかし、やらなかったことは、20年後には、後悔するだけだ。どうだい、いいだろ?」

1号「そっか、そうだよね。だいたい失敗した方が、笑い話が一つ増えるし、いいよね。だしさ、失敗からの方が、色々と学べるしね。」

オヤジ「うん、でも歳取るとさ、億劫で新しいことに挑戦したりするのが、めんどくさくなるからね。」

1号「確かにそうだよな~。パターン化というか、マンネリ化というか、それが心地良くなっちゃうもんな。」

オヤジ「聖路加病院の日野原先生って名医がいるんだけどさ、あの方は凄いよ、1911年生まれだから、今年106歳だよ。その日野原先生がさ、毎年今まで自分がやったことない事を始めるんだって。しかも苦手そうな事ほどいいんだってよ。そうすると、脳が刺激されてボケないって。」

1号「新しい事ねえ。オレ、ダンスとか苦手だから、社交ダンスとか始めたらいいのかな。」

オヤジ「そうだよ、私も、踊りは苦手だね、それと、スポーツも苦手だから、一緒に何かはじめようかね?」

1号「あの、壁を登っていく競技、なんて名前だっけ・・。ええと、ポルタリング?だっけ。あれは?」

オヤジ「え?それどんなやつだい?」

1号「なんかさ、壁に石とかがボコボコ出てて、それを手と足かけて、登っていく競技なんだ。スパイダーマンごっこみたいな奴。」

オヤジ「忍者みたいな感じかい?」

1号「そうそう。あれ、難しそうだよ。あれ、二人で始めようか?一人で行って全然ダメだと恥ずかしいからさ。」

オヤジ「いいよ、来週行こうか?ってどこでやるの?その、ポルタリング?」

1号「やれる施設、リサーチしとくよ。で、明日の競馬、どうする??」

オヤジ「明日はね、中山9レース、5番のラーナアズーラの単勝と、3番シンボリバーグとの1点、馬連を買おうかな。30ずつ。負けるなら、1頭な気がしてるんだ。」

1号「なるほど、いいね、その買い方。オレも丸乗りさせてもらおうかな。」

というわけで、ラーナアズーラの末脚爆発に期待だ!



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line