TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」岩田康誠【2017年1月14日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」岩田康誠【2017年1月14日版】

砂の惑星から来た勇者たち
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

地方競馬出身のジョッキーをクローズアップしてお届けする本コラム。
今週の土曜日にピックアップしたいのは、今年早くも重賞制覇のチャンスが巡ってきた岩田康誠騎手。

日曜の日経新春杯に出走を予定しているカフジプリンスは、残念ながら中京で先約があった為に乗り替りとなりましたが、土曜の愛知杯に出走するマキシマムドパリもチャンスは十分。
今年は早々に重賞制覇を成し遂げて、昨年セロで終わってしまった分まで、シッカリと取り戻して欲しいですね。


それでは、さっそく土曜日の騎乗馬をジャッジしていきましょう。
----
★☆【オススメのひと鞍!】☆★

■中京1R・◎フィルムフランセ

前走は終いが甘くなってしまっただけに、余力を持って先行できる分、今回の距離延長は好材料。
また、ここに来て稽古の動きも良くなっているだけに、今回は先行からの押し切りが期待できそうだ。


----
☆【その他の騎乗馬と評価】☆
----
■中京2R・△レーヴァンドール

まだレースに集中できない面があるという話で、もう少し使われて気性の成長が必要。

----
■中京6R・△タイセイアニマート

地方交流戦の前走でも結果が出なかっただけに、今回も苦戦しそうだ。

----
■中京7R・◎グラットシエル

前走は出負けから後手後手の競馬となり、もったいないレースだった。
スムーズな競馬なら巻き返せるだろう。

----
■中京8R・▲アドマイヤリアル

デビュー戦を快勝したように素質はあるが、さすがに10ヶ月の長期休養明けは割り引きが必要だろう。

----
■中京9R・△マテラアリオン

休養明け+転厩初戦だけに、まずは様子見が妥当か。

----
■中京10R・△コーディネーター

ローカルの未勝利を53キロで勝ち上がった馬で、このクラスではもう少し慣れが必要だろう。

----
■中京11R・○マキシマムドパリ

15年の秋華賞3着馬で、昨年の愛知杯4着馬(2番人気)。
良くも悪くも相手なりに走るタイプだけに、格上挑戦でも軽視は禁物。
昨年から増減のない53キロも好材料で、アタマではなくても3着には必ずマークしておきたい馬だ。

----
■中京12R・▲ゼアミ

2勝を挙げている得意コースでチャンスは十分だが、転厩初戦の今回は半信半疑。

----
それでは、2017年も地方出身のジョッキーを応援していきましょう!

以上、6号でした。



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line