TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」内田博幸【2017年1月15日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」内田博幸【2017年1月15日版】

砂の惑星から来た勇者たち
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

岩田康誠騎手、愛知杯優勝おめでとうございます!

15年9月の小倉2歳S以来、実に約15ヶ月ぶりの、嬉しいJRA重賞勝利となりました。
でも、もともとは重賞1勝したぐらいで大騒ぎするようなジョッキーではありませんよね?
きっかけさえ掴めれば、おそらくはもう心配しなくても大丈夫。これを機に、どんどん重

賞勝利を重ねていってくれることでしょう! さて。地方競馬出身のジョッキーをクローズアップしてお届けする本コラム。
今週の日曜日にピックアップしたいのは、昨年末の東京大賞典優勝から良い流れに乗っている内田博幸騎手。

今年はすでに3勝をマークしており、土曜日こそボウズに終わりましたが、この日は有力馬の騎乗が少なかったため(4番人気が最高)で、特に気にする必要はありません。
日曜日は勝ち星を計算できそうな馬がスタンバイしていますので、期待して良さそうですよ!


それでは、さっそく日曜日の騎乗馬をジャッジしていきましょう。
----
★☆【オススメのひと鞍!】☆★

■中山12R・◎ブライトバローズ

前走は、勝ち馬とはハンデ差があり、着差を考慮すれば、勝ちにも等しい内容だった。
また、リーディングが掛かっていた鞍上のルメール騎手も、少し勝ち急いでしまった印象だ。
今回は、休養明けの前走を叩かれた効果で、デキは上向き。実績からは距離短縮も問題なく、ここは取りこぼせない一戦だろう。


----
☆【その他の騎乗馬と評価】☆
----
■中山1R・◎ロジベスト

成績からも能力上位は明らかで、後はダート適性があれば。

----
■中山3R・▲ブラックドーン

クロフネ産駒でダートは合いそう。
初戦からというタイプではないかもしれないが、力の要るダートならいきなりからやれても不思議はない。

----
■中山4R・▲ハヤブサゲッツ

スンナリと先手を取ってマイペースなら。

----
■中山5R・○モアナ

稽古の動きから、ジックリと時間を掛けて立て直された効果がありそう。
ゆとりを持って追走できる分、距離延長も向きそうだ。後は馬体重が大幅に増えていなければ。

----
■中山7R・△ラッキーボックス

今回は長期休養明けだけに、まずは一度使われてからだろう。

----
■中山8R・△フジマサクラウン

昇級後の成績がパッとしない。もう少しクラス慣れが必要。

----
■中山11R・△サンティール

愛知杯で2着に好走したサンソヴールの半妹。
ゆくゆくはOPでも通用するかもしれないが、血統的に能力全開まではもう少し時間が掛かりそうだ。

----
それでは、2017年も地方出身のジョッキーを応援していきましょう!

以上、6号でした。



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line