TOP > 競走馬 > 「ゼーヴィント」気持ちにも余裕!能力はズバ抜けている【七夕賞】
競走馬

「ゼーヴィント」気持ちにも余裕!能力はズバ抜けている【七夕賞】

去年はラジオNIKKEI賞を制すと、セントライト記念へと歩を進めて皐月賞馬ディーマジェスティにクビ差の2着まで迫る好走を見せたゼーヴィント。その後は福島記念に出走し、初の古馬相手でも2着と好走。アメリカジョッキークラブカップでも最速上がりで2着と堅実な走りを続けている。そんなゼーヴィントについてまとめてみた。
ゼーヴィント

【セントライト記念】皐月賞馬にクビ差迫る2着

外枠発走であったが、行き脚が良かったために戸崎騎手もここは抑えずに先行する。直線に入り先に抜け出すと、外から伸びてきた皐月賞馬ディーマジェスティと馬体を合わせて叩き合い、最後は惜しくもクビ差抑えられて2着となった。しかし、3歳の一線級相手に好走した今回の内容は、能力の高さを証明するに足り得るものであっただろう。
動画を見る
inyofu 2着 ゼーヴィント(戸崎騎手) 「スタートが速かったので前に行きましたが、どんな競馬でも出来る安定感が出てきました」

【福島記念】初の古馬相手にも2着を確保

初の古馬との対戦となった一戦。スタート後は前走ほどの行き脚がつかなかったので中団から競馬を進める。3コーナーから押して位置を上げると、直線では逃げたマルターズアポジーを猛追するも、前半スローペースで逃げられたこともあり、差し切ることはできずに2着に敗れた。
動画を見る
inyofu 2着 ゼーヴィント(A・シュタルケ騎手) 「いい競馬は出来ましたが、勝った馬にまんまとやられてしまいました」

【AJCC】GI好走馬に半馬身差まで迫る走り!

レースの前半は中団馬群の10番手という位置取り。3,4コーナーで外からポジションを上げていき、3番手で直線コースに向かうと、外から伸びて勝負あったかのように思われたが、内からタンタアレグリアにすくわれ2着という結果に終わった。
動画を見る
inyofu 2着 ゼーヴィント(戸崎圭太騎手) 「馬が良くなって、精神的にも落ち着いていました。今日は負けてしまいましたが、力もつけているので、もっといい走りができると思います」

【七夕賞】追い切り 直線でしっかりと追えて先着!

inyofu ゼーヴィント(写真手前)は南ウッドで3頭併せ。道中は緩やかなペースで運んだが、直線はしっかりと追われてクビ先着(6ハロン83・2―68・5―53・6―39・0―12・2秒)。5か月半ぶりの実戦ながら体に太め感はなく、反応も上々。このひと追いであらかた仕上がった印象だ。
inyofu 木村調教師「併せた相手は稽古駆けするタイプではないとはいえ、ラスト1ハロンの時計はなかなか。先週びっしりと追った効果でだいぶ変わってきたよう。福島は得意としているし、鉄砲もOKのタイプ。地力の高さを見せてほしいところ」

GII の出走歴にも要注目

inyofu 福島競馬場で行われた過去10回の七夕賞では、「5走前までにGII で8着以内に入っていた」という馬が、1600万下クラスからの格上挑戦馬2頭で決着した2008年を除いて連対している。また、過去2年は連対馬が全てこの条件に該当。今年もそのような経歴を持っている馬が出走してきたら、注目しておくことをおすすめしたい。

約半年ぶりの実戦となるが、仕上がりは上々のようで、もともとの能力からしてもこのメンバー相手であれば勝利も近い。問題は57kgのハンデとなるが、それだけ実績を評価されていると考えられる。3戦連続2着にピリオドを打って、秋GIへの出走を確実なものにしたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line