TOP > 予想/馬券 > 休養明けでもなんのその!【第58回アメリカジョッキークラブカップ】レース&的中結果まとめ
予想/馬券

休養明けでもなんのその!【第58回アメリカジョッキークラブカップ】レース&的中結果まとめ

2017年1月22日(日)中山競馬場で行われたG2【第58回アメリカジョッキークラブカップ】今回も、レース結果とうまキュレ御用達の予想家の的中結果をまとめてみた。
馬キュレ

AJCCはタンタアレグリアが優勝

inyofu 1月22日、中山競馬場で開催された第11R・AJCC(GII、芝2200m)は、中団からレースを進めた7番人気タンタアレグリア(牡5、美浦・国枝)が、直線内めより脚を伸ばし1着でフィニッシュ。待望の重賞初制覇を成し遂げた。勝ちタイムは2分11秒9(良)で、鞍上は蛯名騎手。半馬身差の2着は中団追走から徐々にポジションを上げていった1番人気ゼーヴィント、2着に1馬身1/4差の3着は直線入り口で単独先頭に立ち、そのまま渋太く粘った3番人気ミライヘノツバサが入った。なお、紅一点の挑戦となった4番人気シングウィズジョイは最後の直線走路で落馬。競走を中止している。

▽配当
単勝8 1470円
馬連8-10 1930円
馬単8-10 5470円
3連複1-8-10 3970円
3連単8-10-1 2万8980円
(8.タンタアレグリア、10.ゼーヴィント、1.ミライヘノツバサ)
動画を見る

勝利騎手のコメント(蛯名正義騎手)

inyofu 「内がずっと空いていたので、こういう形になるといいなあとイメージしていた理想の競馬が出来ました。だいぶ気持ちもついてきて、手応えよく伸びて何とかしのいでくれました。これから賞金を加算して、春と秋に休んだ分を取り戻す競馬が出来れば......と思います。若い者に負けないように頑張ります」

3戦連続2着に ゼーヴィント

inyofu 「精神的に大人になっているし、レースもスムーズに運べたけど、勝った馬にうまく乗られた。負けたのは申し訳なかったですが、馬はすごく良くなって、力もつけています」と戸崎騎手は前向きに話した。

かわされたが内容は良かった ミライヘノツバサ

inyofu 直線は切れ味の差で上位2頭にかわされて3着に終わったが、勝ちに行く正攻法の競馬。悲観する内容ではない。「切れ味勝負では勝てないので、自分から早めに動いた。(最後まで)よく頑張っているよ」と内田騎手はパートナーの健闘をたたえた。

その他の着順とコメント

inyofu ◆柴山騎手(ルミナスウォリアー4着) 「前半は自分のリズムで走らせた。切れ味勝負ではきついので(勝負どころから)外を回して上がって行った」

 ◆田辺騎手(ワンアンドオンリー5着) 「内めから勝ち馬の後ろをうまくついて行けた。僕が乗った中では今回が内容的にもよかった」

 ◆矢野師(ナスノセイカン6着) 「3コーナー手前で(6)番(ルミナスウォリアー)が来て、引くに引けない感じで、結果的に外を回す形になってしまった」

 ◆津村騎手(シルクドリーマー7着) 「4コーナーでも手応えは十分で、重賞でもやれます」

 ◆松岡騎手(ショウナンバッハ8着) 「具合も良く、リフレッシュできていた。ブリンカー効果で右に行く面も改善されていた」

 ◆吉田隼騎手(マイネルメダリスト9着) 「前半は進んで行かなかったけど、最後まで頑張っています」

 ◆柴田善騎手(クラリティスカイ10着) 「ずっとハミをかんでいた」

 ◆柴田大騎手(マイネルフロスト11着) 「上手に競馬できたが、最後で手応えがなくなった」

 ◆吉田豊騎手(クリールカイザー12着) 「外からいい感じで行けたが、後続についてこられたぶん、抵抗できなかった」

 ◆石川騎手(ヤマニンボワラクテ14着) 「ペースが上がったときに、モタついた」

 ◆横山和騎手(サイモントルナーレ15着) 「少し時計がかかればよかったけど、頑張っています」

 ◆大野騎手(ホッコーブレーヴ16着) 「(直線で)接触して右あぶみが外れてしまった。馬の雰囲気が良かっただけに、もったいなかった」
1番人気ゼーヴィントを押さえてAJCCを制したのは7番人気タンタアレグリアであった。休養明けで念願の重賞制覇を果たした。3着はミライヘノツバサが3番人気に応えた。2番人気リアファルは振るわず13着であった。

【やはり勝負は3連単!】

inyofu ◎人気ブログランキングへ(20位前後)
〇リアファル
▲ルミナスウォリアー
☆ゼーヴィント
△1・2・7・8・15
タイトル通り3連系で勝負するブログ。波乱を予想してナスノセイカンを本命にしたものの、結果比較的平穏な着順になり的中ならずであった。

【天童なこオフィシャルブログ】

inyofu ◎7ワンアンドオンリー
○10ゼーヴィント
▲8タンタアレグリア
△1、11、6、2、13
独自の理論で調教予想をする天童なこさんのブログ。本命をワンアンドオンリーにしたが、5着と惜しくも届かず的中ならずであった。
ゼーヴィント、リアファルなどが人気する中、長期休養明けで人気の盲点になっていた7番人気タンタアレグリアが直線で足を伸ばして優勝した。7番人気で単勝14.7倍であった。2.3着は人気どころのゼーヴィント、ミライヘノツバサが入ってきたため3連系の馬券の配当はあまり伸びなかった形に。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line