TOP > 予想/馬券 > 【シルクロードS】今年も伏兵激走か!?高配当の使者はこの馬だ!
予想/馬券

【シルクロードS】今年も伏兵激走か!?高配当の使者はこの馬だ!

5年連続で二ケタ人気の馬が3着に食い込んでおり、ヒモ荒れに警戒したいシルクロードS。果たして今年の結果は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

前走3着以内の馬を狙え!

過去10年のシルクロードSでは、前走3着以内だった馬が(9,4,5,46)と好走馬の半分近くを占めている。前走で馬券に絡んでいる馬を狙いたい。
前走の淀短距離Sは3着だったラインスピリット。控える形でも結果を残せたのは大きな収穫だった。いくら好走しても人気にならないタイプだけに、今回も狙ってみる価値はありそうだ。

高齢馬が買い!

過去2年、6歳以上の馬は複勝回収率137%と好成績。前走の斤量が57キロ以上の馬に限定すると、複勝率63%・複勝回収率326%と抜群の成績だ。今年も高齢馬はしっかりマークしておきたい。
前走のラピスラズリSは13着に大敗したアースソニックだが、ゲートが上手くいかなかったこともあり度外視しても良いだろう。10番人気で3着に好走した2走前の京成杯と同じ舞台で、再び大駆けを期待したい。

内枠有利!

過去5年、1ー4枠の馬は複勝率28%・複勝回収率114%と好成績。今年も好枠を引き当てた馬は要注意だ。
4枠4番に入ったヒルノデイバロー。開幕週で先行馬が有利だった前走の淀短距離Sは、後方追走から上がり最速タイの末脚でよく差を詰めていた。前が速くなる展開になれば、この馬のゴール前強襲があるかもしれない。

過去10年で二ケタ人気の馬が7頭も馬券に絡んでいるため、三連複・三連単で高配当が今年も狙えそうだ。穴馬の激走を期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line