TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」岩田康誠【2017年1月28日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」岩田康誠【2017年1月28日版】

砂の惑星から来た勇者たち
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

地方競馬出身のジョッキーをクローズアップしてお届けする本コラム。
今週の土曜日にピックアップしたいのは、今年早くも重賞(愛知杯)制覇を達成し、このまま好調の波に乗りそうな岩田康誠騎手。
先週の日曜にも3勝をマークしたように、愛知杯を制してからは、徐々に流れが向いてきた感があります。
特に牝馬クラシック路線ではファンディーナという期待大のパートナーが出てきたことですし、このまま調子を取り戻して、春のGIシーズンには"絶好調"で臨んで欲しいところですね。

それでは、さっそく土曜日の騎乗馬をジャッジしていきましょう。
----
★☆【オススメのひと鞍!】☆★

■中京10R・◎メイショウジーク

土曜の岩田騎手は、この馬に騎乗する為に中京へ遠征するという話。
実は2週前も、この馬に乗る為に中京へ遠征したのだが、肝心の同馬が敢えなく抽選除外(はこべら賞)となってしまったという経緯がある。
(この先約のために、日経新春杯のカフジプリンスは、福永騎手へ乗り替わりとなった)
今回は1ハロンの距離短縮がカギとなりそうだが、前2走でみせたテンのスピードからは、おそらく心配無用。
いっきに押し切れる距離はむしろ好材料となりそうで、除外の件も"2週分多く調教を積めた"と考えれば、むしろプラスに働きそうだ。


----
☆【その他の騎乗馬と評価】☆
----
■中京1R・◎ピンクスター

前走のようにハナを切る展開になればチャンスだ。

----
■中京2R・▲タイキブリジャール

前走は冴えなかったが、調教では動いているのでまだ見限れない。

----
■中京3R・▲カケルテソーロ

外国産馬なのでジャッジが難しいが、走法からダートは向きそう。
ダート替りがプラスになれば、一変があっても不思議はない。

----
■中京7R・△ハッピーロード

転厩初戦だけに、まだ陣営の仕上げも手探りな印象。
ここは様子見が妥当か。

----
■中京9R・◎サトノメダリスト

長期休養明けを叩かれて前進必至。
最内枠だけにスタートで後手を踏まなければ、再度好勝負できそう。

----
■中京11R・△テーオーソルジャー

ここ最近はずっとダート戦に出走していただけに、久しぶりの芝替りがどうか。

----
■中京12R・○オンザロックス

ここ2走の結果から好勝負できそうだが、決め手に欠ける面があるので、勝ち切るまではどうか。

----
それでは、今週も地方出身のジョッキーを応援していきましょう!

以上、6号でした。



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line