TOP > コラム > フ~ジ子ちゃんの奇跡!【2017年1月28日版】
コラム

フ~ジ子ちゃんの奇跡!【2017年1月28日版】

フ~ジ子ちゃんの奇跡!
皆さんこんばんは!
今日も引き続き私2号が『フ~ジ子ちゃんの奇跡』を担当させていただきます。

まずは日曜日の推奨馬の結果から参りましょう!

◆カネヒキリ産駒
中京3R 3トウショウスレッジ 6人気9着

◆キンシャサノキセキ産駒
中山8R 11シャンパンサーベル 5人気8着
中山8R 14マサノシーザー 3人気2着 複勝210円※
京都10R 2メイショウワダイコ 5人気12着

◆ダノンシャンティ産駒
中京10R 15サイタスリーレッド 8人気18着

最近は単勝上位人気(場合によっては断然人気)の馬を紹介することが多かったので、「最終週の最終日なら多少は荒れるだろう」とちょっとおいしそうな馬を中心に狙っていってみたところ、人気を下回る凡走続き。
唯一中山8Rのマサノシーザーが2着に入りましたが、このレースは先週の記事を見ていただければ分かるとおり『シャンパンサーベルとのワイド1点』で推奨していたレースでした。
(一応いつもどおり複勝の金額を書きましたが、あくまで「的中」ではなく「参考」です)

どうにもスッキリしない中『1回中山・1回京都』が終了してしまいましたが、今週からは開催替わり。気持ちを切り替えて狙っていきたいと思います!


では明日の出走予定馬を紹介いたします。

◆カネヒキリ産駒
東京2R 4シゲルバッファロー
東京3R 13アオスタ
東京7R 10エドノライト
東京8R 15ララパルーザ
東京9R 6アルタイル

中京4R 5アメリカンジョーク
中京9R 11シンゼンガンプ

京都4R 7メイプルブラザー


◆キンシャサノキセキ産駒
東京1R 11メーティス
東京9R 4ウインユニファイド
東京12R 2シャイニングアロー

中京11R 12スナッチアキス
中京11R 14バシレウスライオン

京都1R 13ドナペリドット


◆ダノンシャンティ産駒
東京1R 2プティトシャンティ
東京5R 11アシュランス

京都2R 4ダノンロッソ
京都9R 3スティーマーレーン
京都10R 6フォールインラブ


それでは早速この中から、明日の推奨馬を紹介していきましょう!

まずはカネヒキリ産駒から。

■中京9R・4歳上500万下
◎11シンゼンガンプ

今回が約10ヶ月の休養明けになりますが、気になる点といえばそのぐらい。休養中に1000万下から降級してきている明け5歳馬で、1つ上のクラスでも掲示板を確保している実力馬ですからね。追い切り本数自体はしっかりこなしていますし、8割ぐらいまで状態が戻っていれば、500万下なら十分善戦が可能でしょう!

■京都4R・3歳500万下
◎7メイプルブラザー

前走は約3ヶ月半ぶりでの昇級初戦でしたが、今回と同じ京都ダート1800mで果敢にハナを切り、直線入り口あたりまでは先頭をキープしたまましっかり走れていました。終いは少々スタミナ切れを起こした様子でしたが、前に離されたとはいえ自身の走破時計自体はそこまで悪いものでもなく、使った上積みも見込めます。


続いてはキンシャサノキセキ産駒から。

■東京1R・3歳未勝利(牝)
◎11メーティス

自身は一度もダートを走ったことがなく、高松宮記念連覇のイメージや出世頭のシュウジ(阪神C勝ち)の存在などから『芝の短距離馬』という印象が強いキンシャサノキセキですが、意外にも産駒の勝ち鞍が最も多いのは『ダートの短距離』。
産駒通算138勝のうち芝が56勝(うち1鞍は『直線が芝の障害レース』)でダートが82勝。出走数自体は芝の方が多いぐらいなので、「ダートの方が合う」とまで言えるでしょう。
今回のこの馬は初戦から2戦続けて芝を使われ、今回ここが初ダート。産駒の傾向的に、この条件替わりがむしろプラスになる可能性が・・・・・!

■京都1R・3歳未勝利(牝)
▲13ドナペリドット

ダートに替わって以降、先行策であと一歩・・・・・という競馬が続いていましたが、思い切った後方からの競馬に徹した前走は上がり最速、勝ち馬からコンマ2秒差という大躍進。強豪関西馬が相手になる京都参戦ですが、直線に急坂がある中山より、京都の方が末脚は活かしやすそうです。あとはどこまで差せるかの勝負!


最後にダノンシャンティ産駒を。

■京都2R・3歳未勝利
◎4ダノンロッソ

初戦は好位から脚を伸ばし、後ろの馬には6馬身差を付けたものの、更に前にいた1頭を捕らえきれず2着。
この時千切られた後続勢のうち4着馬と13着馬が既に勝ち上がっていることを考えると、この馬自身もそれなりの水準の実力の持ち主と見て間違いないでしょう。

■京都10R・木津川特別
◎6フォールインラブ

3歳夏の時点で強豪古馬相手に僅差の5着に善戦していた実力の持ち主。その後も2走前には準OPでも2着に来ているテラノヴァの僅差2着、前走も元準OP馬などに混じって3着と、好走するもののなかなか勝てずにいますが、脚質的にさばきやすい10頭立ては好都合でしょう。叩いた上積みもありますし、ここは勝ち負けが狙えそうです!

以上、2号がお送りしました!



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line