TOP > 競走馬 > 「ブラックスピネル」強い攻め!差し脚が板についてきた【東京新聞杯】
競走馬

「ブラックスピネル」強い攻め!差し脚が板についてきた【東京新聞杯】

前走の京都金杯で好パフォーマンスを見せたブラックスピネルが東京新聞杯に出走する。萩Sを制しクラシック戦線での活躍を嘱望されたが、その後は惜敗続きでダービーに駒を進めることはできなかった。それでもマイル路線に切り替えると、前走の京都金杯ではクラシック戦線で結果を残したエアスピネルをハナ差まで追い詰める走りを見せた。京都よりも広い東京コースで重賞初制覇を目指す。そんなブラックスピネルについてまとめてみた。
ブラックスピネル

【白百合S】「残念ダービー」で3勝目!

惜敗続きでダービーの切符を掴めなかったブラックスピネルは白百合Sへ駒を進める。まずまずのスタートを切ると、すんなりと折り合いも付き5番手からレースを進める。直線で外から末脚を使ってスパートすると、大外から伸びたメートルダールとの追い比べを制し3勝目を挙げた。
動画を見る
inyofu 1着 ブラックスピネル(武豊騎手) 「今日は折り合いもついてラストまでしっかり脚を使っています。京都の1800mは合っていますね」

【チャレンジC】太め残りが響き5着

好スタートを切ると、激しい先行争いを見るような形で6番手からレースを進める。絶好位で直線を迎えたが、大幅な馬体増もあり今ひとつ伸びず5着に敗れた。
動画を見る
inyofu 5着 ブラックスピネル(C.ルメール騎手) 「忙しかったですね。それに今日はまだ太くて、重い感じがしました。でもこのレースを使ってよくなりそうですね」

【京都金杯】一叩きして激変!福永騎手の好騎乗も光り2着!

最内枠からまずまずのスタートを切ると、先手をうかがうシーンも見られたが、7.8番手に控え末脚を溜める。直線で馬群をうまくさばきながら追い上げると、先に抜け出したエアスピネルをハナ差まで猛追し2着に食い込んだ。
動画を見る
inyofu 2着 ブラックスピネル(福永祐一騎手) 「勝った馬はGIでも主役級の馬でしたし、かわせそうでかわせませんでした。それでも、内枠を利して、上手く立ち回ってくれました」

【東京新聞杯】直前情報!パワフルな走りで逆転に期待!

inyofu 栗東坂路でM・デムーロ騎手を背に併せ馬。12秒9-12秒2-12秒2の猛ラップを刻み、ラスト1Fも脚勢は衰えることなく12秒5をマークし、セネッティを3馬身突き放した。パワフルな身のこなしで、馬体に太め感もない。
inyofu 「前走で(10キロ)馬体を絞って走ってくれたので、先週もしっかり追えたし、変わらない体で出走できると思う。ズブいところがあるので、デムーロ騎手は合う。広くて直線の長い東京コースも持ち味を発揮できると思う」と、音無調教師は逆転を期待していた。

東京新聞杯の傾向!年明け2戦目だと好成績!

京都金杯から東京新聞杯に駒を進めるブラックスピネル。過去10年の東京新聞杯では、年明け2戦目だった馬が2009年を除いて連対している。前走京都金杯から出走した馬では、2014年と2016年にエキストラエンドが2着に入っている。
inyofu 過去10年の東京新聞杯では、「このレースが年明け2戦目だった」という馬が2009年を除いて連対している。該当馬の年明け初戦は、中山金杯、京都金杯、ニューイヤーSのいずれか。今年もこれらのレースから臨んでくる馬には要注目と言えそうだ。

瞬発力勝負では分が悪いところからも広い東京コースはプラスだろう。初めての東京となった富士Sでは好メンバーが揃いながらヤングマンパワーとは0秒4差と実力にそこまでの差はない。そして、エアスピネルと再びの「スピネル対決」となるが、前走が展開に恵まれただけではないことを証明したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line