TOP > 競走馬 > 「ブラックスピネル」変幻自在の脚質!どんな展開にも対応!【エプソムC】
競走馬

「ブラックスピネル」変幻自在の脚質!どんな展開にも対応!【エプソムC】

2017年の東京新聞杯を制したブラックスピネルがエプソムCに出走する。2歳から3歳春にかけてはオープン戦で善戦を続けてクラシック候補に名乗りを挙げるほどの実力を持っていたが、春のクラシック本番に駒を進めることができず、3歳秋にはマイル路線に転向。明けて4歳の京都金杯で2着に入ると、東京新聞杯では逃げ切り勝ちで重賞初制覇を成し遂げた。その後は目立った活躍はないものの、重賞ウイナーとしての意地をみせたい。そんなブラックスピネルについてまとめてみた。
ブラックスピネル

【2017年 京都金杯】一叩きして激変!福永騎手の好騎乗も光り2着!

最内枠からまずまずのスタートを切ると、先手をうかがうシーンも見られたが、7.8番手に控え末脚を溜める。直線で馬群をうまくさばきながら追い上げると、先に抜け出したエアスピネルをハナ差まで猛追し2着に食い込んだ。
動画を見る
inyofu 2着 ブラックスピネル(福永祐一騎手) 「勝った馬はGIでも主役級の馬でしたし、かわせそうでかわせませんでした。それでも、内枠を利して、上手く立ち回ってくれました」

【2017年 東京新聞杯】逃げの手に出て鮮やかな重賞制覇!

ポンとスタートを決めると先頭に立ってレースを引っ張っていく。前半800mは49.8とスローな流れに持ち込むと、絶好の手応えで直線に向かう。一旦並ばれるも、鞍上のゴーサインが出るとまたひと伸びして逃げ切った。
動画を見る
inyofu 1着 ブラックスピネル(M.デムーロ騎手) 「スタートが良かったです。ペースは遅くなると思いましたが、ハナまでは考えていませんでした。ずっといい手応えで、逃げるのは初めてで馬が物見をしていました。最後までバテず伸びていました。距離は問題なく、次も楽しみです」

【メイS】8ヶ月半ぶりのレースが応えたか...

8ヶ月半ぶりの実戦となったメイS。好スタートから行き脚がついて先頭に立つが、外から3頭ほどに追い抜かれて4番手で3,4コーナーを回って直線に向かうと、窮屈になるシーンがあり、まともに追えずに不完全燃焼でレースを終えてしまった。
動画を見る

【エプソムC】直前情報 音無師は弱気?

inyofu ブラックスピネル・音無師 「併せ馬でしまいの時計がかかって遅れたのがどうか。東京マイルで重賞を勝っているが、今は1800メートルは微妙に長いかも」

ブラックスピネルの傾向!逃げ・先行出来れば好勝負!

これまで18戦中10戦で逃げ・先行で競馬をしているが、その戦績は(4,2,0,4)と勝率40%、連対率60%とかなり高いパーセンテージを誇っている。今回も逃げ・先行の手に出れば好勝負を十分に狙えそうだ。
動画を見る

前走は約8カ月の休み明けかつ不完全燃焼な内容で、それだけで決して見限ってはいけない。重賞ウイナーに加えて、1800mは2勝を挙げている一番得意な距離であり、叩いて2戦目の上積みというのはかなり大きい。まだ5歳馬ということもあり、これからの活躍のためにも好内容のレースを期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line