TOP > エンタメ・雑学 > 2017年2月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2017年2月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2017年2月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
東京新聞杯を制したのはブラックスピネル、そしてきさらぎ賞を制したのは伏兵アメリカズカップだった今週の競馬界。ディープインパクト産駒の1300勝達成、モーリスの渡豪、リーディング情報など、一週間の競馬ニュースまるわかり。
馬キュレ

【新馬戦】ピサノベルベットが優勝!

inyofu 2月4日、東京競馬場で開催された第6R・メイクデビュー東京(新馬、芝1800m)は、11番人気ピサノベルベット(牝3、美浦・中舘)が、中団やや後方から直線で鋭く脚を伸ばし、4頭横一線となったゴール前の大接戦を制した。勝ちタイムは1分49秒6(良)で、鞍上は松岡騎手。ハナ差の2着は後方追走からゴール前で脚を伸ばした7番人気イムノス、2着にクビ差の3着は勝ち馬らと同じような位置からレースを進めた8番人気レーヌジャルダンが入線した。なお、先行策を取った1番人気レッドヴィクター、アパパネの初仔として注目を集めた2番人気モクレレは共に直線で伸びを欠きそれぞれ12着、6着に終わっている。
11番人気から人気馬との接戦を制したのはヴィクトワールピサの仔ピサノベルベットであった。波乱の結果で、単勝でも7840円の高配当であった。

ディープ産駒最速記録

inyofu ■同じく本日4日の京都第10R・エルフィンSでサロニカ(牝3)が勝利。これによりディープインパクト産駒のJRA通算勝利数が1300勝となった。これは、JRA史上8頭目の記録。また、産駒初出走の日から数えて6年7カ月16日での1300勝達成はキングカメハメハ産駒の7年5カ月29日を上回る史上最速だった。
ディープ産駒が史上最速での通算勝利数1300勝達成でディープインパクトの偉大さを改めて認識できる記録達成であった。

アメリカズカップがきらさぎ賞制す!

inyofu 2月5日、京都競馬場で開催された第11R・きさらぎ賞(GIII、芝1800m)は、先団を進んだ6番人気アメリカズカップ(牡3、栗東・音無)が直線半ばで抜け出し、そのまま後続を完封。重賞初制覇を果たした。勝ちタイムは1分50秒1(重)で、鞍上は松若騎手。1馬身3/4差の2着は中団外めから脚を伸ばし、ゴール手前で何とか2番手に上がった圧倒的1番人気サトノアーサー、2着にアタマ差の3着も同じく中団から脚を伸ばした2番人気ダンビュライトが入った。なお、5番人気スズカメジャーはスタート直後に外側に逃避し落馬。競走を中止している。
動画を見る
サトノアーサーが断然の一番人気だったきさらぎ賞で6番人気アメリカズカップが後続に追いつかせずに金星をあげた。

今週のリーディング結果

inyofu ■リーディングジョッキー
1位 田辺裕信騎手 (今週0勝)【16.12.3.4.6.55】 (→)
2位 武豊騎手   (今週3勝)【15.12.7.6.3.20】 (→)
3位 福永祐一騎手 (今週6勝)【14.7.9.6.11.28】 (↑)※前週8位
4位 内田博幸騎手 (今週3勝)【12.4.14.12.8.48】(↑)※前週5位
5位 M.デムーロ騎手(今週2勝)【10.17.11.8.9.22】(↑)※前週7位
6位 C.ルメール騎手(今週1勝)【10.12.12.7.8.36】(↓)※前週4位
7位 和田竜二騎手 (今週0勝)【10.4.12.9.6.58】 (↓)※前週3位
8位 戸崎圭太騎手 (今週3勝)【9.18.4.11.6.52】 (↑)※前週11位以下
9位 岩田康誠騎手 (今週0勝)【9.4.8.10.3.44】 (↓)※前週6位
10位 松岡正海騎手 (今週1勝)【9.3.6.3.8.48】  (→)

今週は、武豊騎手&福永騎手の名手2名が、勝ち星のなかった首位・田辺騎手に急接近! 特に福永騎手はきさらぎ賞で落馬アクシデントがありながらも、土日の京都最終レースなど6勝を上積みし大きくジャンプアップしています。また、昨年のリーディングである戸崎騎手が3勝を挙げトップ10入り! お馴染みの面々が上位を席捲する形となっています。
今週は福永騎手が6勝を挙げる追い上げを見せて、一気にリーディングの3位に躍り出た。武豊騎手も3勝で揃って首位田辺騎手を脅かしてきており、リーディングジョッキー対決が盛り上がっていている。

モーリスはオーストラリアでも種付け

inyofu 今春より種牡馬として新たなスタートを切るモーリス(牡6)につき、日本以外にオーストラリアでも種付けを行うことが明らかとなった。同馬は現在、北海道安平町にある社台スタリオンステーションで繋養中だが、国内で通常の交配を終えたのち、夏頃にシャトル種牡馬として渡豪(現地は冬)する予定。
日本では種付け馬として新たなスタートを切ることが決まっていたモーリスがオーストラリアでも種付け馬として渡豪することが発表された。香港でGI3勝かつ無敗という肩書きならば納得である。

2017年2月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】今週はリーディングは福永騎手が一気に3位まで上り詰める猛追。武豊騎手も調子を上げており田辺騎手の独壇場にはさせない勢いである。モーリスの渡豪なども話題となった今週の競馬界であった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line