TOP > レース > 2014年サマースプリントシリーズ開幕!第21回【函館スプリントステークス】
レース

2014年サマースプリントシリーズ開幕!第21回【函館スプリントステークス】

2014年6月22日に函館競馬場で行われるGIIIレース第21回【函館スプリントステークス】。サマースプリントシリーズ第1戦目であるこのレースは、いったいどんなものなのか、まとめてみた。
スプリント

【函館スプリントステークス】の歴史

inyofu 本競走は、夏季競馬の短距離重賞の充実を図るため、1994年に4歳(現3歳)以上の混合・別定の重賞競走『札幌スプリントステークス』として創設され、第1回から第3回まで札幌競馬場の芝1200mで行われた。
inyofu 1996年から中央競馬特別指定交流競走となり、地方馬は2頭まで出走可能になった。翌1997年から札幌競馬と函館競馬の開催順序が入れ替えられたため、舞台を函館競馬場の芝1200mに移し、レース名を『函館スプリントステークス』に改称して行われている。また、2006年から、夏季競馬をさらに盛り上げるため設けられた『サマースプリントシリーズ』の第1戦に指定されており、2010年の優勝馬ワンカラットが同年のシリーズチャンピオンに輝いた。さらに、2009年から国際競走に指定され、外国馬は8頭まで出走可能となった。
inyofu 本競走の上位入着馬は、2000年以降、初秋に行われているスプリンターズSで活躍する馬が多く、2000年の2着馬ダイタクヤマト、2004年の3着馬カルストンライトオ、2011年の1着馬カレンチャン、そして2012年の2着馬ロードカナロアがスプリンターズSで優勝を果たしており、秋のGI 戦線を占ううえでも見逃せない一戦と言えるだろう。
全6戦で構成されるサマースプリントシリーズの第1戦が【函館スプリントステークス】である。このシリーズは、芝のスプリンターの素質をもつ競走馬を対象に、夏季に開催される6つの短距離重賞競走において出走した競走馬の成績をポイント化し、最終的にポイントを多く獲得した総合優勝馬に5000万円の報奨金が贈呈される。

【函館スプリントステークス】のレースレコード!

【函館スプリントステークス】のレースレコードは、2011年のレースに出走した【カレンチャン】の1:08.0。【カレンチャン】はその後、GI【スプリンターズステークス】GI【高松宮記念】を制し、スプリント秋春制覇を果たした。

【函館スプリントステークス】のレース傾向

inyofu 前走好走馬が堅実!
過去10年の3着以内馬30頭中延べ15頭は、前走で「3着以内」に好走していた。該当馬は3着内率34.9%と好走率も高い。前走の着順が良かった馬は素直に評価すべきだろう。
inyofu 前走で先行していた馬が優勢!
過去10年の3着以内馬30頭中延べ21頭は、前走が新潟・芝直線1000mを除くJRAのレースで、そのレースの4コーナーを「5番手以内」で通過していた。該当馬は3着内率33.9%と好走率も優秀だ。前走のレースぶりを比較する際は、道中の位置取りにも注目してみたい。
inyofu コース適性がポイント!
函館の芝1200m(2009年の出走馬は札幌の芝1200m)で行われた1000万下から上のクラス、かつ3歳以上のレースにおいて優勝経験がある馬は、3着内率34.3%と優秀な好走率をマークしていた。ちなみに、昨年の1~3着馬はいずれもこの条件を満たしていた。過去のレースでコース適性の高さを証明している馬は信頼できるようだ。
【函館スプリントステークス】は、前走で【先行】し、尚且つ【3着以内】に入賞した競走馬が好成績を残している。また、スプリントレースだけにコース適性の高さが重要視され、芝1200メートルでの勝利経験が信頼の目安となる。

2014年第21回【函館スプリントステークス】登録馬

inyofu アースソニック 56
ガルボ 58
クリスマス 50
クリーンエコロジー 56
サンライズブレット 56
ストレイトガール 56
スマートオリオン 56
セイコーライコウ 56
ツインクルスター 54
デュアルスウォード 56
ハノハノ 56
フォーエバーマーク 55
ブランダムール 54
メモリアルイヤー 54
ヤマニンプチガトー 54
レオンビスティー 56
ローブティサージュ 54

2014年第21回【函館スプリントステークス】予想オッズ

inyofu 1 ストレイトガール 1.8
2 フォーエバーマーク 4.7
3 スマートオリオン 5.5
4 クリスマス 8.1
5 セイコーライコウ 11.4

2014年第21回【函館スプリントステークス】有力馬は!?

inyofu 毎年好メンバーが揃う函館スプリントS。今年はストレイトガールが出走を予定している。実績、メンバーを考えると負けられない一戦となりそうだ。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。
inyofu ストレイトガール(牝5、栗東・藤原英昭厩舎)は高松宮記念、ヴィクトリアマイルとGIで連続3着。このメンバーでは力上位だし、得意のスプリント戦で力をつけている今なら負けられないところ。
inyofu スマートオリオン(牡4、美浦・鹿戸雄一厩舎)は2走前にオーシャンSで優勝し初重賞制覇。高松宮記念はさすがに7着に敗れたが、ここなら通用する力を持っている。2走前の勝利は枠順など嵌った部分もあるが、力もちゃんとつけているので、ここで上位争いして秋に向け賞金を加算したいところ。
inyofu その他、1200mは1ハロン短いが、ここでは実績上位のガルボ(牡7、美浦・清水英克厩舎)、復活の兆しを見せているローブティサージュ(牝4、栗東・須貝尚介厩舎)、洋芝との相性が抜群のフォーエバーマーク(牝6、美浦・矢野英一厩舎)、堅実に走るセイコーライコウ(牡7、美浦・鈴木康弘厩舎)、昨夏の函館シリーズで強い競馬を見せたクリスマス(牝3、美浦・伊藤大士厩舎)なども上位争いに加わってきそうだ。

2014年6月22日に函館競馬場で行われる第21回【函館スプリントステークス】では、【ストレイトガール】が圧倒的な支持を集めている。前走はGI【ヴィクトリアマイル】で3着、先行こそしなかったものの、函館の芝1200メートルでの勝利経験があり、他の出走馬の中でも頭一つ抜けた存在である。このレースを制覇し、再びGI戦線に躍り出るか、注目したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line