TOP > 予想/馬券 > 勝ったのはブラックの方だった!【第67回東京新聞杯】レース&的中結果まとめ
予想/馬券

勝ったのはブラックの方だった!【第67回東京新聞杯】レース&的中結果まとめ

2017年2月5日(日)東京競馬場で行われたG3【第67回東京新聞杯】今回も、レース結果とうまキュレ御用達の予想家の的中結果をまとめてみた。
馬キュレ

東京新聞杯はブラックスピネルが優勝

inyofu 2月5日、東京競馬場で開催された第11R・東京新聞杯(GIII、芝1600m)は、逃げた3番人気ブラックスピネル(牡4、栗東・音無)が、直線に入っても脚色が鈍ることなく、そのまま押し切り勝ち。7度目の重賞挑戦で待望の初タイトルを手に入れた。勝ちタイムは1分34秒9(良)で、鞍上はM.デムーロ騎手。クビ差の2着は後方から豪快に追い込んできた5番人気プロディガルサン、2着に半馬身差の3着は中団外めから脚を伸ばした1番人気エアスピネルが入っている。なお、管理する音無秀孝師は同日東西重賞制覇の快挙となった。

▽配当
単勝2 640円
馬連2-5 3150円
馬単2-5 5190円
3連複2-5-7 1610円
3連単2-5-7 1万5460円
(2.ブラックスピネル、5.プロディガルサン、7.エアスピネル)
動画を見る

勝利騎手のコメント(M.デムーロ騎手)

inyofu 「スタートが良かったです。ペースは遅くなると思いましたが、ハナまでは考えていませんでした。ずっといい手応えで、逃げるのは初めてで馬が物見をしていました。最後までバテず伸びていました。距離は問題なく、次も楽しみです」

収穫十分 2着プロディガルサン

inyofu 「誰も絡んでいかなくて緩い流れ。それでも上がりの速い競馬に対応できた。マイルは良かったですね」と田辺騎手は新たな一面に収穫を得た様子。プラス22キロと大幅な馬体増だったが、国枝調教師は「筋力がついて、まっすぐ走ってくれたね」と満足げな表情を浮かべた。

ペースに泣いた 3着エアスピネル

inyofu 「ここまで(ペースが)遅くなるとは…」と騎乗した武豊。「折り合いはしっかりついていたが、今後のことを考えると、あまり早く動きたくなかった。ちょっと上がりが速過ぎた」と、スローペースの瞬発力勝負を悔やんだ。

その他の着順とコメント

inyofu ▼4着同着マイネルアウラート(柴田大)ハナと思ったが(勝ち馬に)行かれてしまったので仕方なく2番手。ペースが遅いので早めに前をつついていったが…。

 ▼4着同着ストーミーシー(江田照)外枠のレースが続いていたが、今日は内枠を生かして上手に立ち回れた。その分、最後の伸びにつながった。

 ▼6着ヤングマンパワー(戸崎)久々もあるのか道中で力んで走っていた。最後の直線もいつもの感じではなかった。

 ▼7着ダイワリベラル(北村宏)ブリンカーがよく効いていて、ハミ掛かりが良かった。最後まで集中して走れていた。

 ▼8着ブラックムーン(内田)上がりの速い競馬では、この馬の脚が使えない。32秒台を使われては。もう少し前半が流れてほしかった。

 ▼10着タガノブルグ(吉田隼)完敗です。上がりが速くなった時に、うまく対応できなかった。
1番人気エアスピネルがスローペースでラストの上がり勝負での瞬発力勝負に泣いて3着に、逆に3番人気ブラックスピネルがそのスローペースを先行したまま逃げ切る形で重賞初制覇。2着は後方から豪快に追い上げた5番人気プロディガルサンであった。

【やはり勝負は3連単!】

inyofu ◎エアスピネル
〇人気ブログランキングへ(20位前後)
▲ロイカバード
☆プロディガルサン
△2・10

*伏せた馬名などの確認方法はコチラから*

3連単F ◎⇔〇▲→〇▲☆△
3連複1軸ながし ◎→〇▲☆△
タイトル通り3連系で勝負するブログ。エアスピネル本命にして3連複のみ的中であった。

【天童なこオフィシャルブログ】

inyofu ◎10ヤングマンパワー
○2ブラックスピネル
▲3マイネルアウラート
△7エアスピネル
△6ブラックムーン
独自の理論で調教予想をする天童なこさんのブログ。本命をヤングマンパワーにしたが6着で的中ならずであった。
1番人気エアスピネルが3着になってしまったので単系の馬券は配当が上がった形となった東京新聞杯。1着となったブラックスピネルの今後のマイルでの活躍に注目したい。また2着プロディガルサンは十分収穫を得られての2着だったようでこちらも4歳が充実期となるか注目である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line