TOP > レース > 皐月賞の登竜門を制するのは!?【第51回共同通信杯】
レース

皐月賞の登竜門を制するのは!?【第51回共同通信杯】

2017年2月12日(日)に東京競馬場で行われる芝1800mのGIIIレース【第51回共同通信杯】
レースの傾向や過去映像、今年の出走馬の前評判等をまとめてみた。
馬キュレ

【共同通信杯】歴史

inyofu 1967年に4歳(現3歳)限定・別定重量による重賞競走として創設された『東京4歳ステークス』が本競走の前身。その後、1983年に『共同通信杯4歳ステークス』に改称され、さらに2001年より馬齢表記の変更に伴い『共同通信杯』の名称となった。
inyofu 創設時は東京競馬場・芝1400mで行われたが、翌1968年に芝1600mに延長(なお、積雪のため1968年は中山競馬場・ダート1700m)、さらに1971年に現行の芝1800mに延長された。その後、幾度か開催競馬場・開催時期が変更されたが、現在も東京・芝1800mで行われており、春のクラシックレースの重要な前哨戦として位置付けられている。
1969年より「(トキノミノル記念)」の副称がつけられており、競馬番組表での名称は「共同通信杯(トキノミノル記念)」と表記される。

2016年【第50回共同通信杯】

動画を見る
昨年の同レースでは、蛯名騎手騎乗の6番人気ディーマジェスティ(牡3=二ノ宮厩舎所属、父ディープインパクト、母エルメスティアラ)が差し切って勝ち、重賞初制覇を飾った。

【共同通信杯】レース傾向

inyofu 実績馬が強い

過去10年の3着以内馬30頭中22頭は、“4大場(東京、中山、京都、阪神)で行われた、出走頭数が9頭以上、かつ芝1600m以上のオープンクラスのレース”で3着以内に入った経験がある馬だった。該当馬は3着内率57.9%と好走率も非常に高い。前記の条件のレースで好走したことがある馬は信頼して良さそうだ。
inyofu 外寄りの枠に入った馬は割り引き

過去10年の馬番別成績を調べると、「10~16番」は連対率3.0%、3着内率9.1%と苦戦している。なお、連対を果たしたのは2008年の優勝馬ショウナンアルバだけであり、2009年以降の該当馬はすべて3着以下に敗れている。出走頭数が多くなるようであれば、外寄りの枠に入った馬は過信禁物だ。
inyofu 前走で下位人気だった馬は不振

過去10年の3着以内馬30頭中、2009年3着のトップカミング、2010年2着のダノンシャンティを除く28頭は、前走の単勝人気が「6番人気以内」だった。一方、「7番人気以下」だった馬は3着内率が5.9%にとどまっているうえ、2011年以降は3着以内入った例がない。前走で下位人気だった馬は評価を下げるべきだろう。
inyofu 近年は前走好走馬が優勢

過去8年の3着以内馬24頭中21頭は、前走の着順が「3着以内」だった。一方、「4着以下」だった馬は3着内率7.5%と苦戦している。2008年以前は前走で大敗していた馬もたびたび上位争いに食い込んでいたが、近年の傾向を重視するならば、前走の着順が良かった馬を高く評価したいところだ。
過去のレース傾向では、【1600m以上のOPクラスで3着以内】【馬番1~8番】【前走6番人気以内】【前走3着以内】の競走馬が好走する傾向にある。果たして今回の出走馬にこれらの条件を満たす馬はいるのだろうか。

【第51回共同通信杯】登録馬

inyofu タイセイスターリー
スワーヴリチャード
アサギリジョー
ヴェルラヴニール
エアウィンザー

エテレインミノル
エトルディーニュ
コマノレジーナ
チャロネグロ
ディアシューター

ハナレイムーン
ビルズトレジャー
ムーヴザワールド

【地方馬:1頭】
サイバーエレキング
フルゲート16頭に対して14頭が登録されている今年の共同通信杯。現時点では全馬出走可能だ。なおビルズトレジャーに関してはクイーンカップにも登録しているのでまだ確定ではない。

【第51回共同通信杯】予想オッズ

inyofu 1 ムーヴザワールド 2.5

2 スワーヴリチャード 2.8

3 エアウィンザー 3.4

4 タイセイスターリー 5.9

5 ディアシューター 32.0

6 ヴェルラヴニール 36.0

7 アサギリジョー 41.5

8 ハナレイムーン 51.8

9 エトルディーニュ 55.7

10 チャロネグロ 87.6

11 エテレインミノル 205.9

12 ビルズトレジャー 326.2

13 コマノレジーナ 343.8

14 サイバーエレキング 993.1
現時点(水曜)での予想オッズでは、東スポ杯2,3着のスワーヴリチャードとムーヴザワールドが人気を分け合っている

【第51回共同通信杯】有力馬は!?

【1600m以上のOPクラスで3着以内】【前走6番人気以内】【前走3着以内】
ムーヴザワールド
inyofu ディープインパクト産駒ムーヴザワールド(栗東・石坂正厩舎、牡)が、2度目の東上で重賞初Vを狙う。1番人気に支持された前走の東京スポーツ杯2歳Sでは、クビ、ハナ差でタイム差なしの3着に敗れた。エンジンがかかるまでの反応が遅かったが、上がり3ハロン33秒8の末脚を使い、能力の高さは明らか。母リッスンは英GIフィリーズマイルを勝った活躍馬で、一昨年のローズSを制し、エリザベス女王杯で3着に好走したタッチングスピーチを全姉に持つ良血馬。きさらぎ賞を登録だけで見送り、必勝気配が漂う。ひと冬を越し、精神面に成長が見られれば、前走以上の走りは可能だ。

【1600m以上のOPクラスで3着以内】【前走6番人気以内】【前走3着以内】
スワーヴリチャード
inyofu スワーヴリチャード(牡3、栗東・庄野靖志厩舎)は昨秋の東京スポーツ杯2歳Sでクビ差の2着。ゴール寸前で勝ち馬に交わされはしたが、上がりタイムは本馬の方が上だった。ここまでの3戦全てで出遅れているように、スタートに課題はあるものの、それを補って余りある末脚は魅力。今回もその爆発に期待したい。

【1600m以上のOPクラスで3着以内】【前走6番人気以内】【前走3着以内】
タイセイスターリー
inyofu 昨年の最優秀短距離馬ミッキーアイルの半弟にあたるタイセイスターリー(栗東・矢作芳人厩舎、牡)は、前走のシンザン記念で1馬身差の2着。500キロを優に超える大型馬で、切れる印象はないが、重馬場の前走でもしっかり脚を使ったように、開催後半のタフな馬場状態を味方にできれば上位進出は可能だ。今回はルメール騎手に乗り替わって挑む。



連対馬にディーマジェスティ、ドゥラメンテ、イスラボニータ、ゴールドシップ、ディープブリランテなど
5年間で4頭の皐月賞馬を輩出。皐月賞の登竜門と化している共同通信杯
今年もクラシックで好勝負を期待できるスター候補が登場するか、注目の一戦。
上記の3頭は好走条件に合致。あとは枠順で軸を決めたいところ
他で期待したいのはエアウィンザー。まだ1勝しかしていないが2着2回
左回りは初めてだが、追い込み脚質は府中コースで生きてくるのでひょっとする。
東京新聞杯で3着と不覚を取った全兄エアスピネルの分まで頑張ってもらいたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line