TOP > 予想/馬券 > 【第51回共同通信杯】最終追い切り情報&タイムまとめ
予想/馬券

【第51回共同通信杯】最終追い切り情報&タイムまとめ

2017年2月12日(日)に行われる東京競馬場のメインレース【第51回共同通信杯】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 1枠1番 スワーヴリチャード

inyofu スワーヴリチャード(牡、庄野)は、Cウッドで3頭併せ。メイショウキリマ(3歳未勝利)に半馬身、ヒートアイズ(同)に1馬身先着を果たした。 タイムは馬なりで6ハロン85秒3-11秒6。庄野師は「先週しっかりやっているので、折り合い重視で直線だけちょっと伸ばす感じ。ギアチェンジが速くて爆発力がある。広いコースはいいと思う」と話した。

3枠3番 タイセイスターリー

inyofu タイセイスターリーはルメールを背に、CWコースで馬なりのままラスト1F12秒2。担当の玉井助手は「最後は左にモタれそうになったけど、見せムチで修正できていた。そんなにやっているように見えないけど、時計は出ている。予定通り」と仕上がりに太鼓判。

4枠4番 ムーヴザワールド

inyofu ムーヴザワールドは、坂路でヴィッセン(1000万下)と併せ馬。最後まで馬なりで併入したが、4ハロン53秒1-12秒8と上々の時計をマークした。 「先週、かなりの負荷をかけているから、少し余裕残しの感じ。息の入りもよかったですよ」と古川助手は合格点をつけた。石坂調教師は「加速するまでに時間がかかるけれど、しまいはしっかりしている。先につなげたいね」

5枠5番 エアウィンザー

inyofu エアウィンザーはCウッドで3頭併せ。ザマンダ(古馬1600万)に1馬身、フルーキー(古馬オープン)には2馬身先着を果たし、タイムは6ハロン85秒8-11秒7。手綱を取った武豊騎手は「すごく良かったね。乗り味が良く落ち着いているけど、まだ自分から進んで行く感じじゃない。その辺が(全兄の)エアスピネルとの違いかな」

8枠10番 アサギリジョー

inyofu アサギリジョー(牡、相沢)は石川騎手を背にウッドでイノバティブ(3歳500万)と併せ、外から一気に2馬身突き放した。 追われてからの反応はシャープで、全体時計も5ハロン65秒2と上々。京成杯(5着)に続く重賞挑戦だが、相沢師は「強いのと走って良くなっている」と手応えを感じている。

その他出走馬追って一言

inyofu ◆エトルディーニュ・小桧山師 「中1週なので単走で追った。自己条件もあるので出否は未定」

◆サイバーエレキング・佐々木洋師 「前走後もしっかりと乗り込めているし、動きも悪くなかった。初めての芝が鍵になるけど、スピードのある馬だし、いい方に出てくれれば」

◆チャロネグロ・内田騎手 「まだ体に緩さは残るが、いいバネがあって柔らかみもある。これから成長してきそうだし、先を見据える競馬ができれば…」

◆ディアシューター・高木師 「時計は予定どおり。ジョッキー(田辺騎手)も乗りやすいといっていた。リズムよく走れば長くいい脚を使う」

◆ビルズトレジャー・田中剛師 「除外で出走が延びたが、追い切りは元気がよかった。中山よりも東京のほうがいいと思う」

最終追い切りタイム一覧

inyofu アサギリジョー 牡3 56 石川裕紀 08日南w良:65.2-50.5-38.0-13.5:強め

エアウィンザー 牡3 56 武豊 08日栗C不:85.8-68.4-52.5-38.2-11.7:馬也

エテレインミノル 牡3 56 *石橋脩 08日栗坂重:57.2-41.1-13.2:一杯

エトルディーニュ 牡3 56 *柴山雄一 08日南w良:72.2-55.8-41.1-12.8:馬也

サイバーエレキング 牡3 56 今野忠成 08日大井良:68.7-53.0-38.4:馬也

スワーヴリチャード 牡3 56 四位洋文 08日栗C不:85.3-68.2-52.5-38.0-11.6:馬也

タイセイスターリー 牡3 56 *ルメール 08日栗C不:82.5-66.5-52.2-38.8-12.2:馬也

チャロネグロ 牡3 56 *内田博幸 08日南w良:70.0-54.6-39.3-13.6:馬也

ディアシューター 牡3 56 *田辺裕信 08日美坂良:52.7-38.1-12.1:馬也

ビルズトレジャー 牝3 54 田中勝春 08日南w良:69.8-55.1-41.1-13.3:馬也

ムーヴザワールド 牡3 56 *戸崎圭太 08日栗坂重:53.1-38.3-12.8:馬也

うまキュレが選ぶオススメ好調馬

◎スワーヴリチャード
 タイセイスターリー
 ムーヴザワールド
 エアウィンザー
 アサギリジョー

特にスワーヴリチャードは、最終追い切りは終い重点だったが持ったままでこの時計。何よりメンバーの中で一番乗り込み量が豊富で、この1戦に向けて仕上げてきた印象だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line