TOP > 予想/馬券 > 【第110回京都記念】最終追い切り情報&タイムまとめ
予想/馬券

【第110回京都記念】最終追い切り情報&タイムまとめ

2017年2月12日(日)に行われる京都競馬場のメインレース【第110回京都記念】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 2枠2番 ヤマカツライデン

inyofu ヤマカツライデンは開門直後のCWコースで池添騎乗で長めから追われ、6F76秒3〜1F12秒3。「しまいは流した。時計は出ているだろうと感じたし、状態も上がってきていると思います」と池添。前走はプラス14キロでやや余裕もあった。休み明けをひと叩きしての上積みも十分に見込めそう。

3枠3番 マカヒキ

inyofu マカヒキが、坂路で馬なりながら上々の時計をマーク。友道調教師は納得の表情を浮かべた。「イメージ通りの調教ができた。全然、違うよね。ほとんどキャンターで上がってきているのに、あの時計だから。初戦にしてはいいと思う」馬が少なくなった午前8時40分ごろに登場。馬場が荒れていない真ん中を通って、軽やかなフットワークを見せる。真っすぐに楽々と駆け上がって4ハロン53秒6-12秒4はさすがだ。

4枠4番 スマートレイアー

inyofu スマートレイアーは坂路で、ウインシャトレーヌ(3歳新馬)と併せ馬。最初の2Fをゆっくりと入りラストは12秒7→12秒1とペースアップ。ラストは併入でフィニッシュ。シャープな伸びを見せていた。大久保師は「この馬らしい伸びでした。体調は、キープできています。大事に使っているし、体もまだ柔らかいですね」

6枠6番 サトノクラウン

inyofu サトノクラウン(牡5、堀)が万全の仕上がりをアピールした。ウッドでソレイユドパリ(3歳新馬)を半馬身追走。直線では内からいったん前に出て、最後は相手を待つように余力十分に併入した。 タイムは遅めだが、最後まで集中した走り。森助手は「香港遠征の疲れも取れて順調に仕上がった。水曜(8日)の段階では去年より体が増えていて、輸送しても少し余裕があるかもしれないが力は出せる

8枠9番 ミッキーロケット

inyofu ミッキーロケットは、坂路でヒストリカル(OP)と併せて4ハロン51秒2-12秒3。4馬身ほど追いかけて1/2馬身遅れたが、手応えには余裕があり、動きも俊敏だった。 和田騎手は「先週も良かったが、さらに上昇している。前走はスタートが上手だったし、差し返す根性を見せた。仕掛けてからギアが上がるまで少し時間がかかるところがあるけど、そういう面も、分かってきたからね」

8枠10番 ガリバルディ

inyofu ガリバルディは初コンビの川田を背にCWコースで単走追い。スムーズに折り合い、直線はダイナミックなフットワークで駆け抜けた。見守った藤原英師は「ジョッキーに慣れてもらうように乗ってもらった。人馬一体が重要。そうしたら、しまいも切れるからな」と満足げ。

その他出走馬追って一言

inyofu ◆アクションスター・音無師 「追い切りの動きは今回の方がいいが、相手が強くなるからね」

◆アングライフェン・安田師 「動きは良かった。相手が強いので、胸を借りるつもりで」

◆ウインインスパイア・高橋祥師 「具合はいい。時計がかかる馬場になってほしい」

◆ショウナンバッハ・上原師 「京都の外回りはいい。末脚を生かせれば、それほど差はない」

最終追い切りタイム一覧

inyofu アクションスター 牡7 56 松若風馬 08日栗坂重:50.8-37.7-12.8:一杯

アングライフェン 牡5 56 *浜中俊 08日栗坂重:53.2-39.3-12.6:強め

ウインインスパイア 牡6 56 *フォーリ 08日南w良:69.4-54.0-39.4-13.2:馬也

ガリバルディ 牡6 56 *川田将雅 08日栗C不:66.3-50.5-39.0-11.9:馬也

サトノクラウン 牡5 58 *M.デム 09日南w稍:69.8-55.1-40.6-13.3:馬也

ショウナンバッハ 牡6 56 *幸英明 08日美坂良:52.9-38.2-12.4:強め

スマートレイアー 牝7 54 *岩田康誠 08日栗坂重:54.3-39.2-12.1:馬也

マカヒキ 牡4 57 *ムーア 08日栗坂重:53.6-39.0-12.4:馬也

ミッキーロケット 牡4 56 和田竜二 08日栗坂重:51.2-37.4-12.3:馬也

ヤマカツライデン 牡5 56 池添謙一 08日栗C不:92.4-63.1-50.6-37.8-12.3:馬也

うまキュレが選ぶオススメ好調馬

◎ミッキーロケット
 マカヒキ
 スマートレイアー
 ヤマカツライデン
 サトノクラウン

特にミッキーロケットは、調教駆けするヒストリカルと併せて先着を許す形となったが、休み明けの日経新春杯を勝って更に上昇といった雰囲気を感じさせるフットワークだった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line