TOP > 競走馬 > 「ケイティブレイブ」素早い反応!脚質にも幅【チャンピオンズC】
競走馬

「ケイティブレイブ」素早い反応!脚質にも幅【チャンピオンズC】

今年の帝王賞でJpn1を制したケイティブレイブがチャンピオンズCに出走する。昨年の3歳シーズンはジャパンダートダービー2着や、地方交流重賞を2連勝などの活躍を見せて、今年の6月には帝王賞で初めてのJpn1競走を制した。その後もダート界の一線級相手に十分に実力を発揮しており、初GI制覇となるか、気合が入るケイティブレイブについてまとめてみた。
ケイティブレイブ

【帝王賞】初のJpn1制覇!

スタートで躓いてしまい、いつもとは違う競馬を強いられる。しかし、向上面から第3,4コーナーにかけて差を詰めて、最後の直線では先行集団の後ろまで追いつくと、鋭い末脚で前を行く各馬を差し切って見事優勝となった。
動画を見る
inyofu 1着 ケイティブレイブ (福永祐一騎手)  「コンディションも良かったですし、逃げる馬もあまり見当たらなかったので、自分のリズムで行くだけ行ってどれだけ粘れるかなと思っていました。それが、スタートで大きく躓いて『終わった』と思いました。ただ、馬はいつもと違う形でも落ち着いてレースをしていて、リズムを守って最後の2ハロンだけ、直線で伸ばそうと思いました。ずっと手応えが良かったので、4コーナーを回る時には行けるんじゃないかな、と思いました。初めて乗せて貰った時からポテンシャルは感じましたが、自分の形にならないと脆いところがありました。この形で勝てたのは大きいですし、目の覚めるような末脚を使ってくれたので、これからどんな形の競馬になっても、安定して力を発揮出来ると思います。
inyofu (目野哲也調教師) 「まさか、という思いです。躓いてゲートを出たので心配していたのですが、直線ではひょっとして差せるかなと思って見ていました。来年で定年なので、どこかでGIを勝てたらいいなと思っていましたが、馬が本当に頑張ってくれました。この馬はどれくらい力を持っているのか自分にも分からないぐらいで、もっともっと強くなると思います。今後は厩舎において、様子を見て考えたいと思います」

【日本テレビ盃】前走はフロックでは無いことを証明!

今回はスタートを決めて逃げるモーニンをマークする2番手で競馬を進める。3コーナーで4頭の勝負になり、直線でモーニンを捕えて先頭に立つも、残り50mで外の2頭に差されてしまい、3着という結果に終わった。
動画を見る

【JBCクラシック】展開は向いたものの惜しくも2着

絶好のスタートからやや抑えて6,7番手あたりで脚を溜めていく。勝負所で3番手まで浮上し、前を射程圏内に入れると、残り200mで先頭に立ちゴールが見え始めたところで外からサウンドトゥルーの強襲にあって2着。
動画を見る
inyofu 2着 ケイティブレイブ(福永祐一騎手) 「以前と違って前に馬を置いても上手に走れる様になっているし、1~2コーナーへ手応え十分に、良い感じで入れました。終いもしっかり伸びています。どんな流れにも対応出来る競馬が出来る様になってきています」

【チャンピオンズC】追い切り 先行策からの押し切りを期待!

inyofu ケイティブレイブは栗東・坂路でキタサンシーザー(3歳500万)を3馬身追走。福永が手綱を動かすと、素早い反応で僚馬の前に出て、1馬身突き放した。
inyofu 全体では55秒7と地味だが、ラスト2ハロンは12秒6、12秒4。「最後の1ハロンは追って、いい感じでした。ずっと使ってきていますが、順調です」と福永は納得の表情を浮かべた。今年の帝王賞を勝ったが、JRA・G1は未勝利。「前で流れに乗る競馬が合うと思う」と目野調教師は先行策からの押し切りを期待した。

3歳までもかなりの実績を積んでダート界の新星と期待されていたとおり、帝王賞では怪我の功名ではあるが、この馬の才能が開花した。どんな競馬でもできる自在性は他馬にとっては脅威で、今回はどのような走りを見せるのか、中央の馬相手のフルゲート16頭で実力を発揮できるのか、楽しみにしたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line