TOP > レース > 各年代からスタミナ自慢が集結!!【第67回ダイヤモンドステークス】
レース

各年代からスタミナ自慢が集結!!【第67回ダイヤモンドステークス】

2017年2月18日(土)に東京競馬場で行われる芝3400mのGIIIレース【第67回ダイヤモンドステークス】
レースの傾向や過去映像、今年の出走馬の前評判等をまとめてみた。
馬キュレ

【ダイヤモンドステークス】歴史

inyofu 本競走は、1951年に5歳(現4歳)以上・別定重量の重賞競走『ダイヤモンドステークス』として創設され、創設当初は、中山競馬場・芝2600mで4月に行われていた。1952年に負担重量がハンデキャップに変更となり、その後、開催時期・開催場・距離について幾度かの変更を経て、2004年から2月の東京競馬場・芝3400mで行われている。
inyofu 競走名の『ダイヤモンド(Diamond)』とは、創設当初の開催時期であった「4月」の誕生石に由来している。ダイヤモンドは、炭素原子からなる鉱物で、無色透明または青・黄・紅・緑などの色がある。また、天然ではもっとも硬い物質で『金剛石』とも呼ばれる。工業用として用いられるほか、その光沢の美しさから宝飾品としても人気が高い。石言葉は「永遠の絆」「純潔」。

コースの特徴

inyofu 東京・芝3400m

向正面の上り坂からスタートして、芝コースを1周半するレイアウト。最初の3コーナーまでは約250m。3コーナーに向けて緩やかに下っていき、ホームストレッチ(直線)は525.9m。直線へ向いてすぐに約160mの急な上り(高低差2.0m)があり、その後300mはほぼ平坦。ゴール板を過ぎてから向正面の半ばまで緩やかに下って、スタート地点の上り坂を過ぎてから2周目の3コーナーへ。最後の直線で末脚がより伸びる馬が好走しやすいコース。直線まで末脚を温存できるスタミナと折り合いが重要となる。

2016年【第66回ダイヤモンドステークス】

動画を見る
昨年ので同レースでは、勝浦騎手騎乗の4番人気のトゥインクル(牡5=牧田厩舎、父ステイゴールド、母ロングスターダム)が早仕掛けから先頭に立ち、そのまま押し切った。

【ダイヤモンドステークス】レース傾向

inyofu 単勝人気とオッズに注目

過去10年の単勝人気別成績を調べると、単勝1番人気馬は6勝をマーク。単勝オッズ別成績で見ると2.9倍以下の3頭が全て1着になっている。その他では、2番人気馬も上々の成績を残しているが、3番人気馬が1頭も連対していない点は気になるところだ。また、3着馬を見てみると、10頭中8頭が6番人気以下の馬で、そのうち6頭は単勝オッズが10倍以上だった。
inyofu 負担重量別の成績に注意

ダイヤモンドSはハンデキャップ戦だが、過去10年の負担重量別成績をチェックしてみると、全体的に負担重量が重い馬の方が良好な成績となっている。ただし、3着には50~52kgの範囲から5頭が入っており、その5頭は全て単勝7番人気以下だった。また、52kgで3着に入った2頭は共に4歳牡馬で、50~51kgで3着に入った3頭はいずれも6歳牡馬だった。
inyofu 年齢別の成績もチェック

過去10年のダイヤモンドSでもっとも好成績を挙げているのは4歳馬。その3着内率は44.4%と、他の年齢の倍以上の数値となっている。また、5歳馬も4勝を挙げているが、2着がゼロという点は興味深い。ちなみに、8歳以上の馬が出走することも多い一戦だが、過去10年では2着が2回だけ(2013年ジャガーメイル=9歳、2014年セイクリッドバレー=8歳)。なお、過去66回の歴史において、8歳以上の馬が優勝したことは一度もない。
inyofu 近走の成績に要注目

過去10年のダイヤモンドSでは、4走前までに「重賞で3着、または条件クラスのレースを単勝1、2番人気で3着」という経歴を持つ馬が毎年1頭だけ連対している。今年もそういう戦歴を残している馬が出走してきたら、注目してみると面白いかもしれない。
過去のレース傾向では、【単勝1番人気】【53kg以上】【4歳】【4走前までに重賞で3着】【条件クラスのレースを単勝1、2番人気で3着】の競走馬が好走する傾向にある。果たして今回の出走馬にこれらの条件を満たす馬はいるのだろうか。

【第67回ダイヤモンドステークス】登録馬

inyofu フェイムゲーム
アルバート
ムスカテール
ファタモルガーナ
トーセンレーヴ

カフジプリンス
プレストウィック
フェスティヴイェル
サムソンズプライド
プロレタリアト

サイモントルナーレ
トウシンモンステラ
ジャングルクルーズ
キングルアウ
ラブラドライト

ヘイローフォンテン

以下、除外対象馬

フジマサエンペラー
フルゲート16頭に対して17頭が登録されている今年のダイヤモンドステークス。現時点ではフジマサエンペラーが除外対象となっている。

【第67回ダイヤモンドステークス】予想オッズ

inyofu 1 アルバート 1.8

2 フェイムゲーム 4.5

3 カフジプリンス 4.5

4 ファタモルガーナ 7.7

5 ジャングルクルーズ 18.4

6 プレストウィック 23.6

7 サムソンズプライド 26.4

8 ラブラドライト 42.8

9 トーセンレーヴ 46.3

10 ムスカテール 106.2

11 プロレタリアト 162.3

12 キングルアウ 235.3

13 サイモントルナーレ 261.2

14 フジマサエンペラー 362.8

15 トウシンモンステラ 502.4

16 フェスティヴイェル 567.9

17 ヘイローフォンテン 1187.4
現時点(水曜)での予想オッズでは、前走有馬記念7着アルバートが1番人気。少し離れてフェイムゲーム&カフジプリンスが2番人気となっている。

【第67回ダイヤモンドステークス】有力馬は!?

【53kg以上】【4走前までに重賞で3着】
アルバート
inyofu アルバート(牡6、美浦・堀宣行厩舎)は平地最長距離の重賞・ステイヤーズSを連覇。昨年末の有馬記念は7着だったが、不利な外枠から上がり2位の脚を使っており、力のあるところは見せたと言ってもいいだろう。この距離・メンバーなら力上位は明らかで、3度目の重賞制覇が期待される。

【53kg以上】
フェイムゲーム
inyofu 何といってもフェイムゲーム(美浦・宗像義忠厩舎、セン7歳)だろう。今年で4年連続の参戦となるが、過去3年は1、1、2着。昨年は伏兵トゥインクルの大駆けに屈したが、舞台適性の高さは疑う余地もない。ハンデは昨年より0.5キロ軽い58キロ。一昨年は58キロを背負った天皇賞・春でゴールドシップのクビ差2着に好走している。この相手なら、トップハンデタイでも譲れないところだ。

【53kg以上】【4歳】
カフジプリンス
inyofu  カフジプリンス(牡4、栗東・矢作芳人厩舎)は3番人気に推された日経新春杯で5着。坂の下りで置かれてしまうズブさを見せてしまっただけに、今回の距離延長は歓迎だろう。ここで重賞初制覇を決めて、勢いを翌日のフェブラリーSに出走するカフジテイクにつなげたいところだ。


【ダイヤモンドステークス】は中山のステイヤーズステークスの次に長く
春の長距離王決定戦・天皇賞(春)につながるレースだ
予想オッズからも人気の中心はアルバート・フェイムゲームといった実績馬に集りそうだが、
ここはハンデ戦ということもあり、新たなステイヤーの誕生の可能性も十分だ
長距離戦だけに騎手の手腕にも注目になりそうだ

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line