TOP > 予想/馬券 > 【阪急杯】伏兵台頭のシーンも!?買える穴馬の条件はこれだ!
予想/馬券

【阪急杯】伏兵台頭のシーンも!?買える穴馬の条件はこれだ!

比較的人気馬同士で決まることの多い阪急杯だが、2年連続でゴール前は大接戦となっており、展開次第では人気薄の紛れこむシーンも期待できそうだ。果たして今年の結果は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

内枠を狙え!

過去5年、1-3枠に入った馬は複勝率30%・複勝回収率118%と好成績。開幕週のレースのため、ロスなく回ってこれる好枠を引き当てた馬を狙っていきたい。
2枠2番に入ったトーキングドラム。芝1400mは(1,4,0,4)と2着が多いが、堅実な成績を残している。初の阪神コースに対応できれば。上位進出が期待できる。

5歳馬が活躍!

過去10年、5歳馬は(7,3,2,33)と最多の7勝を挙げており、活躍が目立っている。今年は該当馬が2頭と少ないが、しっかりマークしておきたい。
前走の京都金杯は15着に大敗したムーンクレストだが、昨年のスワンSでは勝ったサトノアラジンから0秒5差の5着に健闘している。阪神コースでは勝ち星がないがすでに重賞でもやれる目処は立っているだけに、人気薄なら狙って面白い存在だ。

前走も重賞の馬が圧倒的な成績!

過去10年の3着以内馬30頭中28頭は、前走も重賞に出走していた馬だった。重賞以外から参戦した馬は3着が最高と苦戦を強いられている。
オープン昇格後は目立った成績を残せていないダイシンサンダーだが、前走のシルクロードSではスタートで出負けしながらも勝ち馬と0秒5差と大きく崩れているわけではない。1200mのレースの速い流れを経験したことが起爆剤になれば、変わり身があってもおかしくない。

阪神カップを勝ったシュウジに人気が集中しそうだが、それ以外は何が来てもおかしくないようなメンバー構成で馬券的には面白そうなレース。積極的に高配当を狙っていきたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line