TOP > 予想/馬券 > 「ニシケンモノノフ」馬場やペースを味方につけて走る【フェブラリーS】
予想/馬券

「ニシケンモノノフ」馬場やペースを味方につけて走る【フェブラリーS】

前々走の兵庫ゴールドトロフィーでノボバカラを破り、久々の重賞制覇を遂げたニシケンモノノフ。今年初戦の根岸ステークスでは5着に敗れたが、3、4着とのタイム差は僅差であり、そこまで大きく負けたわけではない。安定感のある先行力を武器に、見事今回の大舞台で波乱を巻き起こすことができるだろうか。そんなニシケンモノノフについてまとめてみた。
ニシケンモノノフ

【カペラS】またもノボバカラの2着!

初の1200mの重賞挑戦となったが、スタートを決めて中団から流れに乗ってレースを進める。終始外めを回って直線コースを迎えると、いつものように鋭い末脚を繰り出して逃げたノボバカラを追いかけるも、後続のプレッシャーが軽かったノボバカラがそのまま逃げ切りまたしても2着となった。
動画を見る
inyofu 2着 ニシケンモノノフ(横山典弘騎手) 「外目を回されず、スムーズな競馬が出来ました。勝った馬は楽に行っていました。1200mは忙しいですが、対応はできます」

【兵庫ゴールドT】最後まで踏ん張り久々の重賞制覇!

プロキオンステークス、カペラステークスに続きノボバカラと3度目の対戦となった兵庫ゴールドトロフィー。向こう正面先に仕掛けたノボバカラの内から競りかけて直線コースへ。差してきたドリームバレンチノを最後まで交わさせず2歳以来の重賞制覇を達成した。
動画を見る
inyofu 1着ニシケンモノノフ(横山典弘騎手) 「馬場が悪いので、前に行けたら行こうと思っていました。一回使って具合が良くなったと調教師は言っていたので自信を持っていました。実際、馬の具合は良かったです。前にいた馬が水先案内人のように良い目標になってくれました。相手(2着馬)も強かったですが、着差はどうあれ勝てて良かったです。(園田には)何回か来ていますが、楽しいです。小回りでジョッキーのテクニックが出るコースだと思います。馬はまだまだ若いですし、これからも頑張ってほしいです」

【根岸S】先行勢が崩れる中粘って5着に

いつものように難なく先行すると、道中は先行集団後方の絶妙な位置で競馬を進める。直線に向くと、先行集団の間を縫ってじわじわと伸びていったが、後ろから強烈な末脚を使ってきたカフジテイクに一瞬にして差され、最終的にはエイシンバッケンとキングズガードにも差されて5着に敗れた。しかし、ニシケンモノノフとベストウォーリア以外の先行馬は大敗しており、むしろニシケンモノノフは良く耐えたほうだろう。
動画を見る
inyofu 5着 ニシケンモノノフ(庄野靖志調教師) 「よく頑張っています。騎手も"左回りは大丈夫"と言ってくれました。理想を言えば、馬場が軽い方がいいかもしれません」

【フェブラリーS】最終追い切り情報 好タイムを出して状態は万全!

inyofu JRA・G1初挑戦のニシケンモノノフ(牡6、庄野)は坂路で単走。しまいにしかけられラストは12秒1、全体4ハロンも52秒2と時計が出た。
inyofu  庄野師は「馬場状態も良かったね。ただ真っすぐ走れていたし、動きはいい。コンスタントに使いつつ、状態を維持している」と出来に太鼓判を押した。

今までは地方重賞2勝と、中央重賞にはまだ手が届いていないニシケンモノノフ。しかし、過去の中央重賞では際どい勝負も繰り広げており、決して地方専用機というわけではないだろう。G1は今回が初挑戦となるが、展開一つでこの馬にもチャンスはあるはずで、波乱演出の立役者となる可能性は十分にある。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line