TOP > 競走馬 > 「カデナ」体調はいい!得意の距離と初の洋芝で一変なるか!【函館記念】
競走馬

「カデナ」体調はいい!得意の距離と初の洋芝で一変なるか!【函館記念】

切れ味抜群の末脚で重賞2勝を挙げているカデナが函館記念に出走する。京都2歳Sで重賞初制覇を成し遂げると、弥生賞では大外から差し切り重賞連勝。意気揚々とクラシックに挑むも掲示板内にも入れず。年明けは中山金杯から始動して、マイル路線に転向するもなかなか結果は出ていない。得意の2000mに戻して3歳時の勢いを取り戻すことはできるのか。そんなカデナについてまとめてみた。
カデナ

【弥生賞】大外一気で2連勝!

前半1000mを1分03秒2という超スローの流れを後方でじっと我慢。4コーナー手前で進出し、直線では外に持ち出して逃げ粘るマイスタイルを差し切った。
動画を見る
inyofu 1着 カデナ(福永祐一騎手) 「スローペースで折り合いに苦労するところもありましたが、しっかり我慢してくれました。早めのスパートで良く伸びてくれました。休み明けで稽古より動けるかなと思いましたが、返し馬の雰囲気も良く、スタートも出ました。本番は頭数も増えますし、この馬の持ち味を殺さないようにしたいと思います」

【東京新聞杯】展開が向かず大敗...

スタートを切って、いつものように後方で脚を溜めていく作戦。前半の800mは47秒6とスローペースでレースは流れて直線に向かう。大外に持ち出してムチが入ると、一瞬伸びを見せたが、残り200mからは脚色が他馬と一緒になってしまい14着に終わってしまった。
動画を見る
inyofu 14着カデナ(福永)ひと脚使ったが、ラスト失速した。短い距離でも展開の助けが欲しい。

【マイラーズC】前目のポジションを心掛けるも...

13番枠のスタートから少し押して、先行集団の後ろ辺り7番手辺りを進んでいく。さらに3,4コーナーで外目から押し上げていって、最終コーナーでは先行集団に追いついて直線に向かうと、そこからは全く反応がなく14着と大敗してしまった。
動画を見る
inyofu 14着カデナ(幸)いつもより前の位置で競馬はできたが…。

【函館記念】直前情報 太め感のない仕上がり!

inyofu カデナは7日にウッドを単走で3ハロン43・2―13・3秒。馬なりでサッと流した。休み明けになるが、太め感はなく馬体の張りも悪くない。
inyofu 柴田助手「栗東坂路で1本追って函館へ移動。輸送で体を減らす馬なので、そのあたりに注意しながら調整していきたい。体調の良さが結果につながらない現状ですが、洋芝できっかけをつかんでほしい」

函館記念の傾向!負担重量別の成績もチェック

inyofu 函館記念は負担重量がハンデキャップで行われるが、対象とした過去9回の負担重量別成績を調べてみると、複数の馬が優勝している54キログラムと56~56.5キログラムの成績が比較的良好。また、52~53キログラムの馬は優勝こそないものの、2着が3回ある。なお、57キログラム以上で優勝したのは、2013年のトウケイヘイロー(57.5キログラム)だけだ。

皐月賞から掲示板内に入れない残念な結果が続いているが、重賞2勝を挙げていて負かした相手には今年のAJCCを制したダンビュライトなどがおり、ここで燃え尽きてしまうような馬では無いはずだ。出走予定メンバーを見ると、前に行く馬が何頭かいるのでじっくりと後方で脚を溜められれば、復活の重賞制覇も期待できる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line