TOP > 競走馬 > 「カデナ」トモがしっかりしてきた!鋭い末脚で差し切る!【神戸新聞杯】
競走馬

「カデナ」トモがしっかりしてきた!鋭い末脚で差し切る!【神戸新聞杯】

重賞2勝を挙げているカデナが神戸新聞杯に出走する。京都2歳ステークスで重賞初制覇を成し遂げると、弥生賞では大外から差し切り重賞連勝。皐月賞では得意の末脚勝負にならず敗れてしまい、続く日本ダービーでは展開が向かない位置で残念な結果に終わってしまった。春の雪辱を何としても晴らしたいカデナについてまとめてみた。
カデナ

【弥生賞】大外一気で2連勝!

前半1000mを1.03.2という超スローの流れを後方でじっと我慢。4コーナー手前で進出し、直線では外に持ち出して逃げ粘るマイスタイルを差し切った。
動画を見る
inyofu 1着 カデナ(福永祐一騎手) 「スローペースで折り合いに苦労するところもありましたが、しっかり我慢してくれました。早めのスパートで良く伸びてくれました。休み明けで稽古より動けるかなと思いましたが、返し馬の雰囲気も良く、スタートも出ました。本番は頭数も増えますし、この馬の持ち味を殺さないようにしたいと思います」

【皐月賞】末脚は不発に終わってしまう...

3番人気で迎えた皐月賞。前半は控えていき、向上面でペルシアンナイトが内から動いていったのについていきポジションを上げていく。4コーナーから直線で外に持ち出されたが弾けるような末脚は見られず9着。
動画を見る
inyofu 9着 カデナ(福永祐一騎手) 「落ち着いていると聞いていましたがスタートしてから進んでいきませんでした」

【日本ダービー】超のつくスローペースで展開向かず...

スタートからスッと下げていき、後ろから4番手辺りでレースを進める。そのままじっとしたまま直線コースに向かうと、大外から脚を懸命に伸ばすが、なかなか前との差は詰まらず11着という結果に終わった。
動画を見る
inyofu 11着 カデナ(福永騎手) 「想定している流れではありましたが、対応出来ませんでした」

【神戸新聞杯】追い切り 以前よりパワーアップ!

inyofu 弥生賞で見せた剛脚を見せぬまま放牧へ。秋に懸けるべくリフレッシュして帰厩した。「背が伸びて春先よりパワーアップして戻ってきた。トモがだいぶしっかりとして力は付けている」と江藤厩務員。
inyofu 1週前追いは坂路で活気のある動き。「中間のカイバ食いはいいし、精神的にもピリッとしていたところがなくなってきたので」と手応え十分に話していた。

過去の実績をチェック

inyofu 過去10年の連対馬20頭は、いずれも「4大場(東京、中山、京都、阪神)で行われた500万下から上のクラスかつ2000m以下のレース」で連対経験のある馬だった。一方、その経験がなかった馬の3着内率は6.3%にとどまっている。いわゆるローカル場(札幌、函館、福島、新潟、中京、小倉)のレースや、2000mを超える距離のレースでしか好走経験のない馬が勝ち切れていない点には注意したい。

春の2冠は展開が向かず、この馬本来の力を発揮出来なかったのは残念ではあるが、まだラスト1冠の菊花賞が残っている。半兄スズカコーズウェイは5歳に京王杯スプリングカップで初重賞制覇を成し遂げており、この馬もまだまだ成長分が大きく見込める。菊花賞制覇に向けて好レースを期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line