TOP > 予想/馬券 > 【第24回チューリップ賞】最終追い切り情報&タイムまとめ
予想/馬券

【第24回チューリップ賞】最終追い切り情報&タイムまとめ

2017年3月4日(土)に行われる阪神競馬場のメインレース【第24回チューリップ賞】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 1枠1番 ミリッサ

inyofu 福永を背に坂路で併せ馬。3歳500万下を先導役に、手応えの違いで1ハロン手前から前に出て2馬身先着した(4ハロン55・2―12・5秒)。 福永騎手「感じはすごく良かった。好みのタイプだね。すごくいいバネを持っている。もっと力むとか難しいのかと思ったけど、そこまでではなかった。バネと魅力を持った馬。(課題は)気がいいから前に馬を置かないと脚がたまらないと思う。確たる逃げ馬がいないし、ハイペースにはならないと思うのでどう競馬するか」

3枠3番 リスグラシュー

inyofu リスグラシューは、坂路でラスト1ハロン12秒2(4ハロン53秒4)とシャープな伸び。2カ月半ぶりでも仕上がりの良さを見せつけた。「予定通りにきている。まだ食べても実になってこない感じだけど、細いわけじゃない。440キロ(前走よりプラス6キロ)くらいで出走すると思う。どんな競馬でもできる馬だよ」と矢作調教師

5枠5番 アロンザモナ

inyofu アロンザモナは幸を背に坂路でアーケロンバイオ(3歳未勝利)と併せ馬。弾むようなフットワークで馬なりのまま4F53秒4〜1F12秒3で軽々と2馬身先着した。「反応を確かめる程度だったけど、思っていた以上に時計が出ていた」と幸

5枠6番 ダノンディーヴァ

inyofu ダノンディーヴァ(写真右)は坂路でトーセンクリス(古馬500万下)と併入。前半から馬体を並べ、最後まで攻め駆けする相手に食らいついた(4ハロン53・7―12・3秒)。  大久保調教師「広いコースで伸び伸びと走れば、前走(春菜賞=3着)くらいはやれる馬なんだ。見た目に疲れは感じない」

7枠10番 ソウルスターリング

inyofu 美浦ウッドで朝日杯FSを勝ったサトノアレスと併走したが、前を走っていた藤沢和厩舎の古馬2頭に追いついて、結果的に4頭併せのような形に。 そこから楽々と抜け出した。藤沢和師も「併せてゴールさせたいけど、ちょっと行きたがる馬だから。『前に出てしまったら無理に引っ張らなくて自然でいい』と指示。サトノアレスが抜かれて怒って追いかけてたね。帰ってきてからここまで順調にきた。満足です」

その他出走馬追って一言

inyofu ◆アンバーミニー・松永幹師 「休養明けだが、じっくり乗り込んできて動きもいい」

◆エントリーチケット・宮師 「体はできている。センスのいい競馬をする」

◆カワキタエンカ・浜田師 「リフレッシュ放牧明けで仕上がりはいい」

◆ハローユニコーン・鮫島師 「デキはいいが、相手がそろっている」

◆ミスパンテール・昆師 「大型馬だが、久々は苦にするタイプではない。マイルは問題ない」

◆レッドリボン・野中師 「坂路でサッと。気性は激しいが、センスはいい」

◆ワールドフォーラブ・音無師 「しまいまでしっかりして悪くない」

最終追い切りタイム一覧

inyofu アロンザモナ 牝3 54 幸英明 01日栗坂良:53.4-38.9-12.3:強め

アンバーミニー 牝3 54 *岩田康誠 01日栗坂良:53.7-39.5-12.6:強め

エントリーチケット 牝3 54 *柴田大知 01日栗坂良:56.6-41.8-13.7:馬也

カワキタエンカ 牝3 54 和田竜二 01日栗坂良:56.0-40.9-12.8:馬也

ソウルスターリング 牝3 54 ルメール 01日南w良:68.0-53.8-39.7-12.6:馬也

ダノンディーヴァ 牝3 54 *M.デム 01日栗坂良:53.7-39.0-12.3:馬也

ビップキャッツアイ 牝3 54 *藤岡康太 01日栗坂良:52.2-38.2-12.4:馬也

ミスパンテール 牝3 54 四位洋文 01日栗C良:83.7-68.6-53.5-39.8-12.1:馬也

ミリッサ 牝3 54 *福永祐一 01日栗坂良:55.2-40.4-12.5:馬也

リスグラシュー 牝3 54 *武豊 01日栗坂良:53.4-38.8-12.2:馬也

レッドリボン 牝3 54 池添謙一 01日栗坂良:54.0-39.3-12.4:強め

ワールドフォーラブ 牝3 54 *松若風馬 01日栗坂良:51.6-37.9-12.9:馬也

うまキュレが選ぶオススメ好調馬

◎ソウルスターリング
◎リスグラシュー
 ワールドフォーラブ
 アロンザモナ
 ミスパンテール

最終追いだけならソウルスターリング、サトノアレスを1秒追走しながらキレのある馬なりで先着は見逃せない。1週前と順調な追い切りだったのはリスグラシュー。それ以外なら前走と違って好タイム連発しているワールドフォーラブか。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line