TOP > 予想/馬券 > 【2017年弥生賞】今週も波乱起きる!?高配当の使者はこの馬だ!
予想/馬券

【2017年弥生賞】今週も波乱起きる!?高配当の使者はこの馬だ!

1番人気は近5年に限定すると(1,1,0,3)と信頼度は高くない弥生賞。高配当ゲットが飛び出す可能性も十分にある。果たして今年の結果は如何に!?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

内枠を狙え!

過去5年、1ー4枠の馬は複勝率38%・複勝回収率166%と好成績。内枠に入った馬はマークが必要だ。
2枠2番に入ったテーオーフォルテ。前走の新馬戦は好位追走から上がり最速の脚で抜け出し快勝。今回は距離延長や輸送など課題は多いが、実力馬相手に一泡ふかしたい。
 

ノーザンファーム生産馬が強い!

ノーザンファーム生産馬は過去10年中9年で連対している。今年も注目だ。
新馬戦を1番人気で勝利したサトノマックス。今週の追い切りでは馬なりで好タイムをマークし、状態は上々。3週連続で重賞勝利中の堀厩舎の勢いに乗りたいところだ。

レース間隔に注目!

過去3年の3着以内馬9頭は全て前走からのレース間隔が中4週以上の馬だった。各馬のローテーションをチェックしたい。
前走のセントポーリア賞は6着だったベストアプローチだが、上がり最速を記録していた。デビュー2戦目の京都2歳Sで3着に好走しているように、重賞でもやれる馬。上手く流れに乗れれば、人気馬と差のない競馬が期待できる。

先週の阪急杯では断然人気のシュウジが8着に沈み、中山記念でもアンビシャスとリアルスティールの2頭がともに馬券に絡めない波乱の結果だった。今週も穴馬の台頭を期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line