TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」【2017年3月4日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」【2017年3月4日版】

砂の惑星から来た勇者たち
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

地方競馬出身のジョッキーをクローズアップしてお届けする本コラム。

今週は中山競馬場に、南関競馬が誇る若手ジョッキー2人が参戦します!
まず、土曜日のオーシャンSに騎乗する為に参戦するのが、昨年の南関東リーディング6位の笹川翼騎手(21)。
昨年はハイセイコー記念(SII)、船橋記念(SIII)と重賞2勝をマークする活躍をみせている南関期待のホープです。
若手でもシッカリと馬を動かす技術を持っている騎手なので、人気薄に乗っているときでもその騎乗ぶりにぜひ注目してくださいね!
-------
【3月4日・笹川翼騎手の騎乗予定馬】

1R 4枠 4番イセエビ
2R 7枠13番ミーヤリープリー
3R 1枠 1番シュタルク
11R 8枠15番ブレイズアトレイル
-------

そして、日曜日の弥生賞に騎乗する為に参戦するのが、昨年の南関東リーディング4位の中野省吾騎手(25)。
昨年は重賞勝ちこそありませんでしたが、一時は南関東リーディング2位に浮上するほどの大活躍をみせました。
こちらは笹川騎手よりも年長なので、土曜の笹川騎手の成績以上の結果を残したいところでしょうね。
-------
【3月5日・中野省吾騎手の騎乗予定馬】

2Rペイシャパッチ
3Rスティールランス
5Rヘヴンオンアース
6Rファンヴィー
7Rフィンガーポスト
11Rキャッスルクラウン
-------

ふたりとも今回はまだ特別戦での騎乗依頼はなかったようですが、ここで存在感を示して、中央競馬の関係者へ大いにアピールしてもらいましょう!

そして!今週の土曜日にピックアップしたいのは、南関出身の名ジョッキー・戸崎圭太騎手。
週中に行われた交流重賞エンプレス杯(GII)では、3連勝中のワンミリオンスを見事に優勝へと導き、早くも今年の交流重賞2勝目をマークしました。
今週は南関東から若手2名が参戦してくるので、大先輩として是非いいところを見せて欲しいですね。


それでは、さっそく土曜日の騎乗馬をジャッジしていきましょう。
----
★☆【オススメのひと鞍!】☆★

■中山9R・◎サレンティーナ

ここは未勝利勝ちが鮮やかだったゴールドハットとの一騎打ちムードだが、ゴールドハットは410キロそこそこの馬格しかない馬だけに輸送競馬は有利ではないだろう。
ゴールドハットは直前の調教も手控えられた感があり、仕上がりに不安が残る分、こちらにチャンスがありそうだ。


----
☆【その他の騎乗馬と評価】☆
----
■中山2R・▲クロースリーニット

気持ち良く行かせ過ぎると終いが甘くなるタイプで、鞍上の戸崎騎手が上手く制御できるかがカギ。

----
■中山3R・△マイネルヘミニス

良くも悪くも状態は平行線といった感じで、近走の成績からここも掲示板程度か。

----
■中山5R・◎スターライトブルー

惜敗が続いているが、ここは相手も弱くなっているだけに何とか結果を出したいところだ。

----
■中山6R・△ショウブニデル

昇級初戦で1800mの距離も少し長い印象。ここは様子見が妥当か。

----
■中山7R・△ハシカミ

ここ2走の成績から能力は足りそうだが、実績のない中山へのコース替わりはマイナス。

----
■中山10R・○ワンブレスアウェイ

堅実に走る馬で、ここでも大きく崩れることはなさそう。
器用さがあり中山コースも大丈夫そうだが、決め手勝負になると分が悪い。

----
■中山11R・◎メラグラーナ

2走前に大敗したように、トビがかなり大きい馬だけに、馬場が悪くなるとマイナス。
それ以外は特に不安な材料はなく、ここは本番を見据えた仕上げでも好勝負可能だろう。

----
■中山12R・▲サウンドジャンゴ

3走前だけ走れば十分に圏内だが、ひと息入った後だけに当日の馬体重には要注意。

----
それでは、今週も地方出身のジョッキーを応援していきましょう!

以上、6号でした。



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line