TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」岩田康誠【2017年3月5日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」岩田康誠【2017年3月5日版】

砂の惑星から来た勇者たち
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

戸崎騎手、今期の中央重賞初勝利おめでとうございます!

ここ3年の最初の重賞勝利は14年フェアリーS(1月)、15年きさらぎ賞(2月)、16年根岸S(1月)でしたから、例年よりも少し遅い重賞制覇でした。
また、リーディング争いでも現在トップと11勝差の6位と出遅れてしまっているだけに、これを機にどんどん調子を上げていって欲しいところですね。

さて。地方競馬出身のジョッキーをクローズアップしてお届けする本コラム。
今週の日曜日にピックアップしたいのは、今年すでに中央重賞2勝をマークしている岩田康誠騎手。
その重賞制覇が共に牝馬限定戦だったことから、巷では"牝馬重賞=岩田騎手という1年になるのでは?"という噂も囁かれているようです。特に今年の牝馬クラシック路線では、ファンディーナという有力なパートナーがいるだけに、15年の桜花賞以来となるGI制覇も十分に期待できそうですよね。

ですが、まずはその前に!明日のレースでもシッカリと勝ち星を挙げて、ますます調子を上げていってもらいましょう。


それでは、日曜日の騎乗馬をジャッジしていきたいと思います。
----
★☆【オススメのひと鞍!】☆★
----
■阪神6R・◎カケルテソーロ

ダート替わり初戦だった前走は、道中でかなり砂をあびて行きっぷりが悪くなるシーンもあったが、終わってみれば3馬身差の完勝だった。
砂適性の高さは疑いようもなく、ダート2戦目で慣れが見込める今回は連勝が期待できそうだ。

----
☆【その他の騎乗馬と評価】☆
----
■阪神1R・▲シャプレドサクレ

休み明けでも好仕上がり。
ダート替わりがプラスに出れば、いきなりから好勝負できそうだ。

----
■阪神2R・▲スワーヴノートン

初ダートだった前走は、最後に手応えほどは伸びなかったという話。
その点、一気にいける6ハロン戦に変わるのは好材料だろう。

----
■阪神3R・△キャラバン

先々は走ってきそうな馬だが、今回は休み明けの分マイナス。

----
■阪神9R・▲デルカイザー

昇級初戦でも能力的には通用しそう。
ただ、55キロのハンデは少々見込まれ過ぎの感がある。

----
■阪神10R・△ナンチンノン

オープンでも通用する馬だが、実績のない7ハロン戦では割り引きが必要。

----
■阪神11R・○マキシマムドパリ

前走は諸々の条件がハマリ重賞を勝ち切れたが、本来は相手なりのタイプ。
牡馬が相手でも大きくは崩れないだろう。

----
■阪神12R・▲アドマイヤゴッド

成績が安定してきたように、ここに来て馬が充実してきた。
ただ阪神コースを苦手としている感があり、今回のコース替わりはマイナス。

----
それでは、今週も地方出身のジョッキーを応援していきましょう!

以上、6号でした。



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line