TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~中山編~【2017年3月5日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~中山編~【2017年3月5日版】

抱きしめて!ミスターP
引き続き、覆面馬主データの8号です。

最後に中山。

楽しみです!
弥生賞の予想でも書きましたが、この条件に異様に強い騎手と種牡馬がいますからね。
その2頭なんかは「絶対買い目に入れたいな」と思っています。

細かいことはもう書いていたので割愛しますが、本番の皐月賞が楽しみなる弥生賞になればいいですね。

(※覆面馬主データ8号の弥生賞の予想は「競馬のカリスマ」にて公開中です。)
競馬のカリスマ

ちなみに、土曜日中山のオーシャンSはダメでしたが、とりあえずチューリップ賞で馬連4360円と3連単が当たったのでまずまず。それに【ミスターP】も一番狙っていた小倉のサルドナが馬券になりましたからね。ただ、日曜は中山を中心に考えようかと思います。

では、早速紹介。

まず1Rの⑧ヒトノワドリーム(ストーミングホーム)。

1番のジェイケイライジンが前走2着してますし、ここは人気しそうです。ヒトノワドリームは前走で7着ですし、あんまり人気しないでしょうね。ただ、中山のダ1800mは基本好走しています。デビュー当初は東京の芝で3戦して全て二桁着順。前走の東京も芝とダートの違いはありますが7着。それが、過去3走した中山ダ1800mは、3着、2着、5着と悪くありません。ちょっと気性に課題があるらしく力を出していない感じですが、まともに走れば上位争いは可能だそうです。穴を開けるなら、この馬のはず。ちょっと狙ってみます。

次に5Rの⑧レッドアーサー(キングズベスト)。

芝1800mのレース。ここはミスターPが2頭しかいません。ダート戦に比べて芝はミスターPの出走が少ない傾向。ただ、基本的にミスターPはダートで強さを見せる血統ですが、キングマンボ系のミスターPはキングカメハメハにしろエルコンドルパサーにしろ芝でも走りますからね。レッドアーサーも前走の新馬で芝1600m2着。今回も「勝ち負け」になりそうなんだそうです。楽しみですね。

ということで、他の中山は弥生賞に集中します。

では、中山のミスターPは以上!


抱きしめて!ミスターP~小倉編~
抱きしめて!ミスターP~阪神編~



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line