TOP > 競走馬 > 「パールコード」斤量は気にしない!長くいい脚を使う【中山牝馬S】
競走馬

「パールコード」斤量は気にしない!長くいい脚を使う【中山牝馬S】

新馬戦を先行抜け出しで圧勝してから、ミモザ賞勝利で挑んだフローラSで2着に入るが、その後休養に入ったパールコード。夏が終わって始動戦の紫苑Sでは行き場をなくして5着、そして秋華賞では2着とGIまであと一歩のところまで行き、前走のエリザベス女王杯では古馬牝馬相手にも自分のレーススタイルを貫き、4着と善戦した。そんなパールコードについてまとめてみた。
馬キュレ

【紫苑S】不利で行き場をなくしてしまい...

3度目の関東遠征となった紫苑S。道中は先行集団を前に見る形でレースを進めていたが、3,4コーナーで前からバテた馬が下がってきた事により不利を受けてしまう。立て直して直線に向かうが、5着まで追い上げるまでしか出来なかった。
動画を見る
inyofu 中内田調教師(パールコード=5着)「春以来でしたが、いい状態で出走できた。3~4コーナーと直線で不利を受けているし、運がありませんでした」

【秋華賞】GIでもやれる能力を証明!

4番人気に支持されて迎えた秋華賞。前走と同様に先行集団を前に見るレース運びで、最終コーナーでは抜群の手応えで直線に向かうと、一瞬先頭に立ったのは束の間、ヴィブロスに差されてしまった。
動画を見る
inyofu 2着 パールコード(川田騎手) 「馬の具合は良かったです。いい雰囲気でレースを迎えられました。内容も良かったですし、直線では夢を見ました。負けはしましたが、先も楽しみになる一戦でした」

【エリザベス女王杯】古馬牝馬相手でも善戦!

大外枠のスタートからじわっと3番手を奪取する。3,4コーナーでも少しずつポジションを上げながら直線へ向かうと、外から一気に先頭に立ったかと思われたが、内と外から来た馬の勢いには敵わず4着。
動画を見る
inyofu 4着 パールコード(川田将雅騎手) 「秋華賞からいい状態で、今日もとてもいい状態でした。来年もまたこの舞台に立てればと思います」

【中山牝馬S】直前情報! 豪快に先着!

inyofu 川田騎手が跨がり、栗東CWコースの3頭併せで2番手を進んだ。躍動感たっぷりのフットワークで、掛からずスムーズな行きっぷり。直線で一杯に追われると脚力の違いは歴然で、ラスト1F11秒8で中グレイトパールに1馬身、内レインボージャージに2馬身先着した。馬体面のパワーアップも見込め、久々の不安は感じられない。
inyofu 「ここまで攻めは十分に積んできたので、動ける仕上がり。久しぶりの1800メートルへの対応がカギになるが、ジョッキーとのコンタクトはしっかり取れているから」と中内田調教師。

デビューから7戦2勝2着2回3,4,5着1回と掲示板内を1度も外したことが無いという安定感を誇る。500kgを超える馬体も牝馬では珍しく、戦績・風格共に女王の素質があるように思える。関東遠征も今回で4回目となるので、輸送減りなどの心配は無い。そろそろ重賞タイトルが欲しいところであり、ここで結果を残せるかが出世のカギとなるであろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line