TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」内田博幸【2017年3月11日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」内田博幸【2017年3月11日版】

砂の惑星から来た勇者たち
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

地方競馬出身のジョッキーをクローズアップしてお届けする本コラム。
今週の土曜日は大阪杯(GI)のステップレースとして生まれ変わった金鯱賞(GII)が行われる為、当コラムの勇者のうち、戸崎騎手、岩田騎手、柴山騎手の3名が中京競馬場で騎乗します。
3人ともチャンスのある馬に騎乗するので、ぜひ頑張って欲しいところですが、リーディング上位ジョッキーが不在の競馬場で騎乗する内田騎手、小牧騎手には勝ち星量産のチャンス到来!

ということで、土曜日は先週4勝を挙げ、現在リーディング2位に浮上した好調・内田博幸騎手をピックアップしたいと思います。

それでは、さっそく土曜日の騎乗馬をジャッジしていきましょう。
----
★☆【オススメのひと鞍!】☆★

■中山9R・◎サトノキングダム

7ヶ月の休養明けだが態勢は万全。前走で小差だった勝ち馬(アストラエンブレム)は、今年の京都金杯の4着馬で、先週のOPを快勝した実力馬だ。ここは頭数も落ち着いて紛れが生じる可能性が少ないだけに、取りこぼせない一戦だろう。


----
☆【その他の騎乗馬と評価】☆
----
■中山1R・○ゴールデンターキン

前走3着とはいえ、勝ち馬からは5馬身ほど離されており、着順ほどは評価できない。
ダート2戦目で前進が見込めそうだが、今回は骨っぽい相手も揃っているだけに突き抜けるまではどうか。

----
■中山3R・△パーフェクトプラン

前走後も大きな変わり身はみられない。

----
■中山4R・△クアトロヴィーヴァ

前向きな気性だが、まだ体を持て余しているという話。初戦は様子見が妥当か。

----
■中山6R・◎ブレークオンスルー

近年、2歳戦のレベルアップが著しいホッカイドウ競馬からの転入馬。
2歳時の実績からは中央の500万下でも十分に通用しそうなだけに、いきなりの好走があっても驚けない。

----
■中山7R・▲ハーツブライト

牡馬混合戦は楽ではないが、上手く立ち回ればチャンスはありそう。

----
■中山8R・△ラッキーペニー

2走前だけ走れば能力的にここでも足りそうだが、今回は内枠を引いた分マイナス。

----
■中山10R・▲ジョルジュサンク

手ごろな頭数の長距離戦だけに、前々で粘りこむ競馬が嵌れば。

----
■中山11R・▲ヴィルデローゼ

前走の勝ちっぷりは見事だったが、芝だと決め手を欠くタイプで割り引きが必要。

----
■中山12R・△ディアドナテロ

距離延長で新味に期待したいところだが、息持ちが心配。

----
それでは、今週も地方出身のジョッキーを応援していきましょう!

以上、6号でした。



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line