TOP > レース > スタミナ自慢の馬が集結!!サトノダイヤモンドも参戦【第65回阪神大賞典】
レース

スタミナ自慢の馬が集結!!サトノダイヤモンドも参戦【第65回阪神大賞典】

2017年3月19日(日)に阪神競馬場で行われる芝3000mのGIIレース【第65回阪神大賞典】
レースの傾向や過去映像、今年の出走馬の前評判等をまとめてみた。
H

【阪神大賞典】歴史

inyofu 本競走は、1953年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップ競走として創設された重賞競走で、創設当初は阪神競馬場・芝2000mで行われていた。1956年に負担重量が別定重量に変更され、距離は1957年に2200m、1965年に芝3100mに延長されたのち、1974年に芝3000mに変更され現在に至っている。
inyofu 創設以来(1957~1960年を除く)、暮れの阪神開催を彩る名物レースとして親しまれてきたが、1987年より開催時期が春の1回阪神競馬に繰り上げられ、5歳(現4歳)以上の競走に変更されたことで、本競走は天皇賞(春)の前哨戦として位置付けられた。なお、2014年より本競走の1着馬に天皇賞(春)への優先出走権が与えられている。

コースの特徴

inyofu 阪神・芝3000m(内回り)

向正面からスタートして、内回りコースを1周半するレイアウト。向正面(バックストレッチ)、3コーナー、4コーナー、直線(ホームストレッチ)をそれぞれ2回通ることになる。1コーナーから2コーナー、バックストレッチまではほぼ平坦で、3コーナー半ばから4コーナー、直線の半ばにかけて緩やかな下りとなる。直線距離は356.5m(Aコース使用時)で、ゴール前には急な上り坂(高低差1.8m)が待ち受ける。3000mを乗り切るスタミナと気性に加えて、同じ3000mでも京都に比べて、直線の坂でも止まらない末脚や馬力が要求される。

2016年【第64回阪神大賞典】

動画を見る
昨年の同レースでは、福永騎手騎乗の1番人気シュヴァルグラン(牡4=友道厩舎、父ハーツクライ、母ハルーワスウィート)が一気に直線先頭に立つと、そのまま突き放して快勝した。

【阪神大賞典】レース傾向

inyofu 近走の実績が重要

過去10年の出走馬について、過去3走以内に出走した芝2200m以上のGI・GII での最高着順を調べると、3着内率で「1~4着」の各組が35%以上をマークしている。それに対し、「5着以下」・「不出走」の各組は17%未満にとどまっている。近走で格の高い芝の中長距離重賞を好走した実績のある馬は、今年もノーマークにはできないだろう。
inyofu 近走の距離にも注目

過去10年の出走馬について、過去3走で芝2200m以上のレースに出走した回数別に成績をまとめてみると、「3回」がその他のグループに連対率・3着内率で2倍以上の差をつけてトップに立っている。また、3着内率では「2回」が「1回」・「0回」を上回っており、近走で芝2200m以上のレースにより多く出走していた経験が、このレースで生かされる傾向にあるようだ。
inyofu 有馬記念組・日経新春杯組が優勢

過去10年の出走馬の前走のレース別成績を調べると、10頭以上の馬が該当したレースの中では「有馬記念」と「日経新春杯」が連対率で40%以上、3着内率で57%を超える高い数値を叩き出している。また、優勝馬10頭を含む連対馬20頭中18頭は、前走で表に挙げた6つの重賞(有馬記念、ステイヤーズS、日経新春杯、アメリカJCC、京都記念、ダイヤモンドS)に出走していた。前走がこれらのレースだった馬は重視した方がよさそうだ。
inyofu 直近のレースで上位人気だった馬が連勝中

2012年以降の過去5年の出走馬について、直近で出走したJRAのレースでの単勝人気別に成績をまとめると、優勝馬5頭はいずれも該当したレースで「1~3番人気」に支持されていた。出走頭数が「4番人気以下」だった馬の半数以下での結果であることから、直近で出走したJRAのレースでファンから高い支持を受けていた馬に注目するのも面白いだろう。
過去のレース傾向では、【過去3走以内に2200m以上のGI&GII4着以内】【過去3走で芝2200m以上を3回】【前走有馬記念or日経新春杯】【直近のレースで3番人気以内】の競走馬が好走する傾向にある。果たして今回の出走馬にこれらの条件を満たす馬はいるのだろうか。

【第65回阪神大賞典】登録馬

inyofu サトノダイヤモンド
シュヴァルグラン
ワンアンドオンリー
タマモベストプレイ
トーセンバジル

スピリッツミノル
レーヴミストラル
トウシンモンステラ
マドリードカフェ
ウインスペクトル
フルゲート16頭に対して10頭が登録されている今年の阪神大賞典。もちろん全馬出走可能だ。

【第65回阪神大賞典】予想オッズ

inyofu 1 サトノダイヤモンド 1.5

2 シュヴァルグラン 3.0

3 レーヴミストラル 11.9

4 トーセンバジル 12.9

5 タマモベストプレイ 13.3

6 ワンアンドオンリー 16.3

7 スピリッツミノル 35.9

8 マドリードカフェ 74.1

9 トウシンモンステラ 118.2

10 ウインスペクトル 131.4
現時点(水曜)での予想オッズでは、昨年の最優秀3歳牡馬に選ばれたサトノダイヤモンドが圧倒的人気となっている。

【第65回阪神大賞典】有力馬は!?

【過去3走以内に2200m以上のGI&GII4着以内】【過去3走で芝2200m以上を3回】【前走有馬記念or日経新春杯】【直近のレースで3番人気以内】
サトノダイヤモンド
inyofu サトノダイヤモンド(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)は昨秋の菊花賞で待望のGI初制覇を果たし、続く有馬記念でキタサンブラックを破って現役最強馬の座についた。今春は天皇賞を目標にここから始動するが、調整は順調そのもの。前哨戦とはいえ、ここで負けるわけにはいかないだろう。

【過去3走以内に2200m以上のGI&GII4着以内】【過去3走で芝2200m以上を3回】【前走有馬記念or日経新春杯】
シュヴァルグラン
inyofu 昨年のこのレースで重賞初勝利を飾ると、天皇賞・春は勝ったキタサンブラックから0秒2差の3着に好走。GI初挑戦で、その能力を存分にアピールした。昨秋はアルゼンチン共和国杯で重賞2勝目をマークし、続くジャパンCでも3着。有馬記念こそ6着に敗れたが、器用さが要求される中山芝2500メートルは合わなかった印象だ。全6勝中3勝を挙げている阪神なら巻き返しは必至だろう。晩成型のハーツクライ産駒だけに、まだまだ伸びしろも見込める。

【過去3走で芝2200m以上を3回】【前走有馬記念or日経新春杯】
レーヴミストラル
inyofu 一昨年の青葉賞、昨年の日経新春杯とGIIを2勝。連覇がかかった前走の日経新春杯は10着に大敗したが、トップハンデ58キロ、8カ月半の休み明けでプラス16キロと余裕ある馬体での出走だったうえ、道中で落鉄するアクシデントもあった。また大雪でレースが2日延期されたことが影響した可能性もある。今回は休み明け2戦目、斤量56キロ、主戦・川田将雅騎手への乗り替わりと、逆襲への好材料がそろった。


1着馬には天皇賞(春)の優先出走権が与えられる。スタミナに定評のあるステイヤーが顔を揃えた一戦
昨年の優勝馬シュヴァルグランと、グランプリホースのサトノダイヤモンドが始動
注目はやはりこの2頭となるだろう
毎年少頭数になる別定の長距離GIIということもあり、ほぼ荒れる要素がないだけに
馬券的に旨味は全くないが、1点買いで的中できる鉄板レースになりそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line