TOP > 地方競馬 > 【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2017年3/13(月)~2017年3/19(日)
地方競馬

【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2017年3/13(月)~2017年3/19(日)

先週1週間の地方競馬ニュースをチェック!
【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2017年3/13(月)~2017年3/19(日)版。
先週はこちらの8ヵ所で開催されました。
帯広(月、土日)、水沢(土日)、船橋(月〜金)、金沢(日)、名古屋(月〜金)、園田(火〜木)、高知(火、日)、佐賀(土日)
馬キュレ

2017年3/13(月)~3/19(日)の3連単最高払戻金額は?

先週は水沢競馬場での500,780円円が最高配当額であった。
2017年3月18日(土)、水沢競馬場で行われた「C2十三組」で、1~3着が9、1、10番人気馬で決着し、3連単の払戻金が50万780円となった。

クリソライト3連覇!

inyofu 15日、船橋競馬場で行われた第62回ダイオライト記念(GII・4歳上・ダ2400m・1着賞金3200万円)は、好位でレースを進めた武豊騎手騎乗の1番人気クリソライト(牡7、栗東・音無秀孝厩舎)が、2周目3コーナーで先頭に立って後続を突き放し、2着の4番人気ユーロビート(セ8、大井・渡辺和雄厩舎)に6馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分37秒8(重)。
船橋競馬でG2ダイオライト記念が行われ、同レースを連覇しているクリソライトがまたも鞍上武豊騎手で勝利して3連覇を達成した。この日は武豊騎手の誕生日でありダブルで嬉しい日となった。

ブラゾンドゥリスが父子制覇!

inyofu 14日、高知競馬場で行われた第19回黒船賞(GIII・4歳上・ダ1400m・1着賞金2100万円)は、好位でレースを進めた内田博幸騎手騎乗の2番人気ブラゾンドゥリス(牡5、美浦・尾形和幸厩舎)が、直線で前を交わして先頭に立ち、最後は内から脚を伸ばしてきた3番人気キングズガード(牡6、栗東・寺島良厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分28秒2(重)。
2番人気に推されたブラゾンドゥリスは直線で先頭に立ってそのまま勝利。父ノボジャックも制した黒船賞を見事に制した。

御神本訓史が騎手に再び!

inyofu 16日、NARより「平成28年度第3回調教師・騎手免許試験の合格者」が発表され、15年の騎手免許失効から復帰を目指していた御神本訓史元騎手(現厩務員)が騎手免許試験に合格したことがわかった。
inyofu <TCK(大井競馬)斉藤弘開催執務委員長のコメント>
御神本騎手は、2013年に南関東リーディングを獲得するなど、豊富な実績があります。2年間の小林分厩舎での厩務員を経て、今回新たなチャンスを頂けたことへの感謝を忘れずに、良い騎乗を見せてほしいと思います。(TCKリリースより)
自身の不祥事での騎手免許継続試験不合格によって事実上の引退になっていた御神本訓史氏が騎手試験に合格して2年ぶりに騎手として復帰することが分かった。もともと実績のあるスター騎手なので新たな気持ちで素晴らしい騎乗を見せてもらいたい。

森泰斗騎手が2000勝!

inyofu  2015、2016年と2年連続で地方競馬全国リーディングとなった森泰斗騎手が(船橋・松代眞厩舎)が、3月17日(金)船橋競馬第8レースのツグミ賞をドゥーアール号で優勝、1998年4月のデビュー以来、16,909戦目にして地方競馬通算2,000勝を達成した。
2年連続で地方競馬全国リーディングになった森泰斗騎手がついに2000勝達成!まだまだこれからも記録を伸ばしてくれるにちがいない。
先週の地方競馬のニュースをまとめた。クリソライトの3連勝、ブラゾンドゥリスの父子制覇や、森泰斗騎手の2000勝に盛り上がった今週の地方競馬。御神本訓史さんが騎手として復帰することも大きな話題となった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line