TOP > 予想/馬券 > 【スプリングS】そろそろ波乱が起きる!?高配当の使者はこの馬だ!
予想/馬券

【スプリングS】そろそろ波乱が起きる!?高配当の使者はこの馬だ!

ここ3年は平穏な結果に終わっているスプリングSだが、以前は二桁人気馬が馬券に絡み、高配当が飛び出していた。果たして今年の結果は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

先行馬有利!

2012年以降、前走の4角通過順が4番手以内だった馬は3着以内馬15頭中12頭を占めており、複勝率は32%と好成績。先行力のある馬を狙いたい。
前走の共同通信杯は4角2番手からしぶとく脚を伸ばし、2着を確保したエトルディーニュ。デビューから9戦連続で掲示板を確保している堅実派なだけに、今回もしっかり押さえておきたい。

大型馬を狙え!

過去9回の中山開催のスプリングSでは、馬体重が500キロ以上の馬が(4,5,0,17)で、連対率35%と好成績。馬格のある馬に今年も注目だ。
2走前の京都2歳Sは直線での不利、前走のきさらぎ賞は道悪に苦しむなどと、ここ2戦は実力を出しきれていないプラチナヴォイス。持ち味のスピードを生かせる展開になれば、上位争い可能な1頭だ。

外国人騎手に注目!

過去6回中5回で外国人騎手が馬券に絡んでいるスプリングS。今年もマークしておきたい。
ゴール前の接戦を制し、新馬戦を勝利したストロングレヴィル。昨年マウントロブソンを勝利に導いたシュタルケ騎手&堀厩舎のコンビに注目だ。

先日の弥生賞では8番人気のマイスタイルが2着に逃げ粘り、波乱を演出した。今週も勝負駆けを狙う馬の台頭を期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line