TOP > 予想/馬券 > 【第66回スプリングステークス】最終追い切り映像&タイムまとめ
予想/馬券

【第66回スプリングステークス】最終追い切り映像&タイムまとめ

2017年3月19日(日)に行われる中山競馬場のメインレース【第66回フジテレビ賞スプリングステークス】今回も有力馬中心に追い切り情報や映像タイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 5枠5番 エトルディーニュ

inyofu スタンドから双眼鏡を向ける小桧山師の視線の先でエトルディーニュの青鹿毛が躍る。Wコースで3馬身先行したコマクサ(5歳500万)に外から並びかけると造作もなく3馬身突き放した。「タイム(4F55秒8)は遅いが、外ラチ沿いを実にいい動きだった。デビュー10戦目でもケアしながらやってきたから」

6枠6番 モンドキャンノ

inyofu ンドキャンノは、坂路で1本目4ハロン59秒5の後、メイトサン(3歳未勝利)を追いかけて併入。4ハロン53秒1-12秒3をマークした。「輸送があるので、ある程度、加減しました。でも、馬体が合うとグッとくるし、雰囲気はいいですよ」と安田隆調教師は合格点をつける。

6枠7番 プラチナヴォイス

inyofu プラチナヴォイスは角馬場で入念に体をほぐした後、ウッドへ移動。ゆったりとしたペースでスタートし、道中は折り合いがついてスムーズな走り。直線ではラチ沿いをしっかり伸びた(6ハロン83・1―38・6―11・9秒)。和田騎手「真っすぐ走れていたが、ずっと右手前のまま。レースに行って力を出し切れれば、ここれでもやれる馬なんですが…」

7枠8番 アウトライアーズ

inyofu 最終追いはWコース。10馬身近く先行したスプリングキャロル(4歳500万)、プラウドデイ(3歳未勝利)をリズム良く追走すると、楽な手応えのまま併入した。騎乗した小島茂師は「促さないでもグッと上がっていった。いつもは敏感な馬なんだけど、他の厩舎の馬が近づいてきても気にしていなかった」と十分過ぎる手応えを伝えた。

7枠9番 サトノアレス

inyofu Wコースでの最終追い。8馬身先行したダノンゴールド(8歳障害オープン)、6馬身先行のシャドウチェイサー(5歳1600万)に内からすさまじい脚取りで差を詰める。トモのパワーを推進力に替えるのはディープインパクト産駒らしからぬ、こぶしのように頑強な関節。鞍上・上野(レースは戸崎)の手綱が多少動いたが、最後まで余力残しで併入に持ち込んだ。「(降雨で)馬場が重くなった分、モタモタしていたが、乗り込みも十分だし、すこぶる順調」と笑顔で切りだした藤沢和師。

8枠11番 トリコロールブルー

inyofu トリコロールブルーが再東上。最終追い切りはテンションを考慮しCWコースで馬なり仕上げ。軽快な脚さばきで6F85秒7〜1F12秒1を刻んだ。友道師は「1回使ったことで動きが良くなり、素軽くなった。ピッチ走法なので小回りにも対応できると思う」と自信たっぷり。

その他出走馬追って一言

inyofu ◆オールザゴー・矢作師 「動きはすごくよかったし、間隔があいているのは問題ない。ある程度、前々の位置で進めるのがよさそう」

◆サウンドテーブル・崎山師 「直前輸送があるので、上がり重点にした。デキのよさで、どこまでやれるか」

最終追い切りタイム一覧

inyofu アウトライアーズ 牡3 56 田辺裕信 15日南w重:54.5-40.3-12.8:馬也

ウインブライト 牡3 56 松岡正海 15日南w重:68.1-51.9-37.8-12.8:強め

エトルディーニュ 牡3 56 柴山雄一 15日南w重:55.8-41.1-12.8:馬也

オールザゴー 牡3 56 *内田博幸 15日栗坂良:52.3-37.9-12.3:一杯

サウンドテーブル 牡3 56 水口優也 15日栗C良:51.5-38.4-12.4:馬也

サトノアレス 牡3 56 *戸崎圭太 16日南w重:67.7-52.0-38.6-12.7:強め

ストロングレヴィル 牡3 56 *シュタル 16日南w重:69.4-54.4-39.3-12.6:強め

ダノンケンリュウ 牡3 56 松若風馬 16日栗坂良:52.5-38.3-12.7:一杯

トリコロールブルー 牡3 56 *M.デム 15日栗C良:85.7-69.4-53.6-38.8-12.1:馬也

プラチナヴォイス 牡3 56 和田竜二 15日栗C良:83.0-66.6-51.9-38.7-11.7:一杯

モンドキャンノ 牡3 56 *大野拓弥 15日栗坂良:53.1-38.9-12.3:馬也

最終追い切り映像

動画を見る

うまキュレが選ぶオススメ好調馬

◎サトノアレス
 トリコロールブルー
 ウインブライト
 オールザゴー
 プラチナヴォイス

特にサトノアレスは時計は平凡ながらも、これまでと違って折り合いがしっかりついて気性面での成長が見られる内容だった。まだ仕上がり途中だがメンバーでは最上位、大崩れはないだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line