TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~阪神編~【2017年3月19日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~阪神編~【2017年3月19日版】

抱きしめて!ミスターP
続いて阪神。

メインは阪神大賞典ですね。

私8号の予想は競馬のカリスマで書いていますので、そちらで読んでください。

競馬のカリスマ

ちなみに阪神大賞典に出走するミスターPはキングカメハメハ産駒が2頭。

はっきり書くと、キンカメ産駒は3000m以上のレースで強くないんですよねー・・・

今までで1着は、ケイアイドウソジンがダイヤモンドSを勝ったくらい。

ソングオブウインドやトウカイトリックなどを出したエルコンドルパサー。アルバートを出しているアドマイヤドンなんかと比べると、確率的にも3000m超の長距離戦は強くなかったりします。

ま、でも菊花賞でローズキングダムが2着になったり、エアスピネルが3着になったりしているので、そのうち、GIやGIIを勝つ馬は必ず出てくると思います。

ということで、日曜阪神の注目馬です。

まずは2Rの⑤シャイニングボルト。

ストリートセンス産駒のミスターPで、初戦の京都は6着でしたが、阪神に替わって2着に好走。

なんでもデビュー当初から馬っぷりはなかなかだったらしいのですが、攻めの本数が少し足りなかったようです。

そのあたりが2戦目で変わった理由かもしれませんが、3戦目の今回はさらに状態が良くなっている様子。

相手はサンデーサイレンスの3×3を持っているジョーアラビカあたりだと思いますが、まともならシャイニングボルトが先着してくれるはずです。

次の3RもミスターPが好走しそうです。狙いは②テイエムグッドマン。

白井先生が管理していたアグネスデジタルの産駒。

アグネスデジタルは白井先生が、アメリカの牧場で直接発掘した馬で有名ですね。

しかし、もし仮に先生がいなかったら、その後のアグネスデジタルはいなかったのでしょうし、今のように種牡馬として活躍をしていたかも分かりません。

そう考えると、アグネスデジタルの才能を見出した先生の相馬眼はもちろん、競走馬としても最高レベルに育てられたわけですから、先生がいなかったら競馬の歴史が変わっていたかも・・・。

ま、ともかくテイエムグッドマンは5走前の初ダートから連続3着以内。勝ち切れないところはありますが、大崩もないはず。信頼できる一頭でしょう。

あと、阪神からは6Rの⑮タガノディグオ。昇級して2戦連続2着ですが、どちらも相手が悪かっただけ。まともなら勝ち負けでしょう。

ということで、阪神は以上!


抱きしめて!ミスターP~中山編~



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line