TOP > 競走馬 > 「ナックビーナス」高松宮記念3着!初参戦の函館で悲願の重賞制覇へ!【函館SS】
競走馬

「ナックビーナス」高松宮記念3着!初参戦の函館で悲願の重賞制覇へ!【函館SS】

前走の高松宮記念で10番人気ながらも3着に健闘したナックビーナスが今週の函館スプリントSに出走する。短距離戦で抜群の安定感を誇っており、これまでオープン特別4勝を挙げ、昨年はキーンランドC3着、今年はオーシャンS2着、高松宮記念3着と大舞台でも堅実な走りをみせてくれる。函館は初参戦だが、好調を維持して念願の重賞タイトル獲得を目指す。そんなナックビーナスについてまとめてみた。
ナックビーナス

【シルクロードS】先行策も伸びあぐね5着

15番枠から好スタートを切り、道中は3・4番手の好位を追走。直線に入ると先行していたセイウンコウセイやファインニードルを捕えにかかったが、勝負所で伸びあぐねてしまい5着に敗れた。
動画を見る
inyofu 5着 ナックビーナス(勝浦正樹騎手)
「ゲートは速かったのですが、枠順もあって我慢する形でした。思ったレースは出来ました。悪くはないのですが...」

【オーシャンS】好位追走からしっかり伸びて2着!

今回も7枠13番と外枠を引き、まずまずのスタートから中団7番手につけて競馬を進めた。直線に向かうと外からしぶとい末脚で追い込んだが、先に抜けたキングハートをアタマ差捕らえられず惜しくも2着でゴールした。
動画を見る
inyofu 横山典弘騎手(ナックビーナス=2着)
「いい競馬だった」

【高松宮記念】GⅠでもしぶとく伸び3着!

7番枠から好スタートを切り、前走と同様に中団よりやや前の6番手で競馬を進める。道中はじっと脚を溜め、直線では馬群の外に出して追い出すと、ファインニードルと併せ馬の状態でしぶとく脚を伸ばし、10番人気ながら3着に健闘した。
動画を見る
inyofu 3着 ナックビーナス(三浦皇成騎手)
「無理に行かず我慢させる、理想的な競馬が出来ました。ソラを使うところがあると聞いていたので、じっくりと運びましたが差はわずかでしたし、あそこまでいったら勝ちたかったです」

【函館スプリントS】直前情報!スムーズな走りで状態は万全!

inyofu 最終チェックはWコースで単走。移動後初の馬場入りだった12日は盛んに首を上下させてテンションの高いところを見せていたが、この日は鞍上との折り合いがピタリ。ゆったりしたペースでもリズムを崩すことなく、5ハロン73秒1-13秒6でスムーズに駆け抜けた。穏やかな海面を見せた津軽海峡と同様に、“凪(なぎ)”の状態だ。

函館スプリントSの傾向!前走の4コーナーの通過順に注目!

inyofu 対象とした10回の出走馬について、前走の4コーナーの通過順別成績を調べると、勝率・連対率で「5~9番手」組がトップ、3着内率では「2~4番手」組がトップとなっている。優勝のない「先頭」組を含め、前走の4コーナーを「9番手以内」で通過した馬の好走率が上位となっている。それに対して、「10番手以下」組の連対率は6%を下回っており苦戦気味だ。

早くから短距離戦線で安定した成績を残しているが、依然として重賞タイトルには手が届いていない。近走は脚を溜める競馬も出来ており、脚質にも幅が広がって大舞台でも結果を残している。これまでの経験を活かして、堂々と勝ち切ってほしいものである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line