TOP > エンタメ・雑学 > 2017年3月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2017年3月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2017年3月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
高松宮記念を制したのはセイウンコウセイ、ドバイワールドカップでは圧巻の強さを見せたアロゲートだった今週の競馬界。岡田稲男調教師、荒川義之調教師、秋山真一郎騎手の記録達成など一週間の競馬ニュースまるわかり。
馬キュレ

岡田稲男調教師が300勝達成!

inyofu ■3月25日、中京競馬第6R・4歳上500万下でリヴァイバル(牝4)が1着となり、管理する岡田稲男調教師(56、栗東)がJRA通算300勝を達成した。管理馬の初出走となった2003年4月27日から14年弱、3758戦目での達成となり、現役調教師では69人目の記録。300勝のうち重賞勝ちは、2008年デイリー杯2歳S(シェーンヴァルト)、2009年京王杯2歳S(エイシンアポロン)、2016年シリウスS(マスクゾロ)の3勝。
マスクゾロなどの重賞勝ちがある岡田稲男調教師が300勝を達成した。同氏は「これからも1つ1つのレースを大事にし、お世話になった方々に恩返しできればと思っております」と述べている。

荒川義之調教師が200勝達成!

inyofu ■3月26日、阪神競馬第3R・3歳未勝利でメイショウエイコウ(牡3)が1着となり、管理する荒川義之調教師(48、栗東)がJRA通算200勝を達成した。 管理馬の初出走となった2007年7月21日から約9年8カ月、2902戦目での達成となり、現役では105人目の記録。200勝のうち重賞勝ちは、2015年アルテミスS(デンコウアンジュ)、2012年阪神大賞典(ギュスターヴクライ)、2008年新潟大賞典(オースミグラスワン)など7勝。
200勝を達成した荒川義之調教師。これからもさらに勝利を重ねていってもらいたい。

秋山真一郎騎手が900勝達成!

inyofu 3月26日、阪神競馬第8R・4歳上500万下でシンゼンドリーム(牡4)が1着となり、騎乗していた秋山真一郎騎手(38、栗東・フリー)は中央競馬史上39人目、現役では17人目となるJRA通算900勝を達成した。初騎乗となった1997年3月1日から約20年、1万1090戦目での記録となっている。
約20年越しでの900勝達成。残り100勝で1000勝でもうひと頑張りと本人も言っているので1000勝達成のニュースを楽しみに待っていたい。

ヴィブロスがドバイターフを制す

動画を見る
inyofu 3月25日(現地時間)、アラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場で開催されているドバイミーティングのドバイターフ(GI、芝1800m)はJRAから参戦した5番人気のヴィブロス(牝4、栗東・友道)が、道中後方3番手追走から直線で豪快な追い込みを見せて優勝した。勝ち時計は1分50秒20(稍重)で、鞍上はJ.モレイラ騎手。半馬身差の2着は好位で進んでいた7番人気エシェム、2着に半馬身差の3着は道中2番手から早めに先頭へ立ったリブチェスターが入っている。
日本勢として唯一勝利をあげたのはドバイターフに出走したヴィブロスであった。最内から一気に外に出して差し切るモレイラ騎手の騎乗も見事であった。昨年のリアルスティールに続いて日本勢の連覇となった。


【ドバイワールドカップ】出遅れるも圧巻の1着!アロゲート
動画を見る
inyofu アロゲートは世界最高となる1着賞金8億円を誇るペガサスワールドCを前走で制していたが、ドバイWCを制し、今度は約6億6000万円をゲット。昨年4月17日のデビュー以来、1年もかからずに約19億超の賞金を稼いだことなる。馬主はJuddmonte Farms, Inc.、生産者はアメリカのClearsky Farms。

今週のリーディング情報

inyofu 1位 M.デムーロ騎手(今週2勝)【42.29.23.18.17.51】 (→)
2位 C.ルメール騎手(今週0勝)【32.25.27.16.20.74】 (→)
3位 田辺裕信騎手 (今週2勝)【32.24.18.13.12.126】(→)
4位 内田博幸騎手 (今週1勝)【31.7.21.20.21.133】 (→)
5位 戸崎圭太騎手 (今週2勝)【30.39.18.20.16.107】(→)
6位 和田竜二騎手 (今週5勝)【25.15.20.25.22.126】(↑)※前週8位
7位 福永祐一騎手 (今週0勝)【22.13.13.10.17.54】 (↓)※前週6位
8位 岩田康誠騎手 (今週2勝)【22.11.19.15.13.112】(↑)※前週9位
9位 松山弘平騎手 (今週3勝)【21.20.10.11.14.111】(↑)※前週10位
10位 川田将雅騎手 (今週3勝)【20.23.12.10.6.38】 (↑)※前週11位以下

上位5傑に順位変動はなし。ただ、今週最多の5勝をあげた和田騎手が6位の位置にジャンプアップしたほか、土曜だけで3勝をマークした川田騎手がランクイン。ともに虎視眈々と上位進出を窺っています。なお、今週日本での騎乗がなかった武豊騎手が先週7位の位置から圏外に去りました。次週に控えるキタサンブラックらとのコンビでどう巻き返してくるか注目です。
今週は上位5人に変動はなかったがその一つした6位に一気に浮上してきた和田騎手などまだまだタダでは終わらせないと上位を狙う騎手でひしめき合っているリーディング争い。来週以降も目が離せない。

2017年3月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】今週は岡田稲男調教師、荒川義之調教師、秋山真一郎騎手の記録達成、そしてドバイターフでヴィブロスが優勝したというめでたいニュースが話題となった。リーディングは今週は大きな変化はなかったがまだまだ熾烈な戦いは続く。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line