TOP > 競走馬 > 「セイウンコウセイ」道悪も苦ではない!高速決着にも対応できる【スプリンターズS】
競走馬

「セイウンコウセイ」道悪も苦ではない!高速決着にも対応できる【スプリンターズS】

春に高松宮記念を制したセイウンコウセイがスプリントGⅠ春秋制覇を狙いスプリンターズステークスに出走する。高松宮記念では馬場が渋り気味の中、道悪を苦にすることなく好位から抜け出して快勝。5番人気であったが、人気以上に実力があることを見せた。次の函館スプリントステークスでは真逆の高速馬場になったこともあり、実力を十二分に発揮することなく4着に敗れた。春秋制覇に向けて、馬場がどのようになるかは気になるところだ。そんなセイウンコウセイについてまとめてみた。
セイウンコウセイ

【シルクロードS】重賞初挑戦で2着!

11番枠からまずまずのスタートを切ると、同馬主のネロを先に行かせて3・4番手からレースを進める。残り200mを過ぎて抜群の手応えで先頭に躍り出ると、内から差を詰めようとするセカンドテーブルを振り切る粘り腰を見せたが、外から追い込んできたダンスディレクターにゴール前で差し切られ、惜しくも2着に敗れた。
動画を見る
inyofu 2着 セイウンコウセイ(松田騎手) 「悔しいですね。勝ち馬は前年の覇者ですし、強い馬ですが...。道中は本当にいい感じでしたし、馬が力をつけています。この先が楽しみです」

【高松宮記念】好位から突き抜けGⅠ初制覇!

6番枠からまずまずのスタートを切ると、行き脚がついて4番手からレースを進める。4コーナーで馬場の外目に持ち出すと、直線では馬場の4分どころから突き抜け、重賞初制覇をGⅠで飾った。
動画を見る
inyofu 1着 セイウンコウセイ(幸騎手) 「強かったですね。軟らかい馬場は気にせず、この馬のレースを心がけて乗りました。手応えが良かったので、自分としては抜け出すのが早い感じでしたが、よく我慢してくれました。これからも楽しみな馬です」

【函館スプリントS】高速馬場の前に伸びを欠き4着に敗れる

GⅠ馬ながらも斤量56㎏と恵まれ、確勝級と目されていたが、例年以上の高速馬場にまさかの苦戦をする。スタートから押して二番手の位置につけてレースを進め、直線までは何の不利もなく順調にレースを進めた。直線でも、逃げていた馬を難なく抜き去り一瞬は先頭に。しかし徐々に伸びを欠いていくと、外から次々と差されて4着に終わった。休み明けとは言え、結果として不本意な一戦となっただろう。
動画を見る
inyofu 4着 セイウンコウセイ(幸騎手) 「道中は楽に追走出来ましたが、動くのが早かったかもしれません。1度使った方がいいタイプですから、今日は休み明けの分が大きいと思います」

【スプリンターズS】春秋制覇に向けて仕上がり十分!

inyofu 春秋GI制覇を目指す高松宮記念馬セイウンコウセイが、美浦Wコースで“吉兆デモ”を敢行した。向正面から馬場に入るとすぐスピードに乗り、グングンと加速。直線でもしっかりと追われ、5F64秒6、ラスト1F12秒3と文句なしの好時計をマークした。
inyofu 「高松宮記念も当該週にしまいをビシッと追って、いい結果が出た。気合をつけてから一生懸命に走ったし、動きは良かったと思う」(上原調教師)という、ゲンのいい調教パターン。函館SS4着以来でやや厚ぼったさは残るが、このひと追いで態勢は整うか。

馬場に結果が影響されるとは言え、十分に春秋制覇をするだけの実力があることも確かだ。これまでの1200m戦では安定した成績を残しており、大崩れしない走りは実力がなければできない。今回は高松宮記念の時よりもある程度メンバーが強化されるが、その分この馬の極限の走りにも期待してみたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line