TOP > 予想/馬券 > 【検証】馬連と馬単、3連複と3連単、どっちが得する!?
予想/馬券

【検証】馬連と馬単、3連複と3連単、どっちが得する!?

馬券の買い方で、頭数を絞ってボックスで購入する時、こう思ったことはないだろうか?

馬連と馬単、3連複と3連単、同じ金額を使ってボックスで購入するならどちらが得するだろうか?と。
例えば
3連複3頭ボックス100円x6=600円と、
3連単3頭ボックス600円x1=600円では、
掛け金は同じでも払戻金額は異なる。
これは、
3連複5頭ボックス1,000円x6=6,000円と、
3連単5頭ボックス6,000円x1=6,000円で購入した場合でも同じこと。

そこで、2017年1月~3月のJRAの結果から、馬連or馬単、3連複or3連単どちらかのボックスに絞って買い続けた場合に、どちらが得だったか(より多く儲かったか)を調べてみた。
うまキュレ

JRA2017年1月~3月の結果

うまキュレ
JRAの払戻率は、馬連と馬単、3連複と3連単では払戻率が異なる。
なので参考までに、払戻率が同率だった場合の結果も合わせて出してみた。

表示金額は、払戻金の合計をレース数で割った平均値。
なお、JRAプレミアムの馬連5%上乗せサービスに該当するレースに関しては、上乗せ分を引いた金額で算出している。
うまキュレ
払戻金が高額だったレースも含めた全レースの払戻金の平均値では、馬連ボックスより馬単ボックス、3連複ボックスより3連単ボックスで買い続けた場合の方が儲かっていた。ただし、競馬場別に見ると、阪神競馬場では馬連ボックス、3連複ボックスを同額買い続けた場合の方が若干得したようだ。

次に、全レースから払戻金が高額だったレースをのぞいていくと、結果はガラリと変わってくる。
うまキュレ
うまキュレ
うまキュレ
うまキュレ
払戻金が馬単10万円以上、3連単100万円以上だったレースをのぞくと、ほとんどの競馬場で馬単ボックスより馬連ボックスが、3連単ボックスより3連複ボックスを同額買い続けた方が得だった。
さらに、払戻金が馬単1万円未満、3連単10万円未満のレースに絞ると、全ての競馬場で馬単ボックスより馬連ボックスが、3連単ボックスより3連複ボックスを同額買い続けた方が儲かっていたことになる。


払戻金の高さで結果が変わってくるようなので、馬単1万円以上、3連単10万円以上の高額なレースを分けて見てみた。
うまキュレ
うまキュレ
うまキュレ
払戻金が馬単5万円以上、3連単50万円以上など、高額になるほど馬連ボックスより馬単ボックス、3連複ボックスより3連単ボックスの方が、より多くの払戻金を得られる確率が高いようだ。

こじはるは3連複5頭ボックスの方が儲かった?

3連単5頭ボックスの馬券購入スタイルでおなじみの元AKB48のこじはる。
2016年の成績は50戦12勝、41,410円のプラス収支だったが、これを3連複5頭ボックス6,000円分の購入スタイルだったら、もっと儲かっていたのだろうか?

こじはるが勝負した50レース全ての払戻金から、3連複と3連単どちらの5頭ボックス6,000円分を購入し続けた方が得だったかを調べてみた。
うまキュレ
全てのレースが当たっていた場合には、3連複5頭ボックス6,000円分を購入し続けた方が、3連単5頭ボックス6,000円を購入し続けた場合よりも、140,840円得したことになる。

うまキュレ
しかし、こじはるが的中したレースに限ると、3連複5頭ボックス6,000円分購入より、3連単5頭ボックス6,000円購入の方が、21,730円得している。


検証の結果、ボックス購入を続けて全て的中した場合には、払戻金超高額レースをのぞいて、馬単より馬連、3連単より3連複のボックスを同額購入した方が得して回収率が良くなるかもしれない。
しかし、的中レースが限られる場合、その結果は変わってくる。
大穴頭ならやはり3連単が面白いかもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line