TOP > 予想/馬券 > 【桜花賞】今年も荒れる!?買える穴馬の条件はこれだ!
予想/馬券

【桜花賞】今年も荒れる!?買える穴馬の条件はこれだ!

過去5年、1番人気はハープスターの1勝のみと苦戦が目立つ桜花賞。ソウルスターリングが断然の人気を集めそうだが、果たして今年の結果は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

福永騎手が買い!

10年11番人気3着エーシンリターンズ、13年14番人気3着プリンセスジャックなど人気薄での激走が目立つ福永騎手。昨年も6番人気のアットザシーサイドで3着に入り、メジャーエンブレムに先着した。今年も要注目。
ヴゼットジョリーは牡馬相手の前走のアーリントンCで4着に健闘。新潟2歳Sを制した福永騎手とのコンビ復活で、好走を期待したい。

外枠を狙え!

過去10年、7~8枠の馬は(4,6,3,47)で、複勝回収率115%と好成績。今年は雨の影響で内の馬場状態が悪くなることも予想されるだけに、例年以上に外枠に注目だ。
8枠18番に入ったカワキタエンカ。重馬場で行われたデビュー2戦目の千両賞では、アルアイン&キョウヘイの重賞勝ち馬に次いで3着に入った実績がある。桜花賞で6年連続で馬券に絡んでいるディープインパクト産駒でもあり、血統的にも注目だ。

チューリップ賞組が強い!

過去5年の3着以内馬15頭中11頭は、前走がチューリップ賞の馬だった。プリンセスジャックやクルミナルのように掲示板外から巻き返した馬も目立つ。積極的に狙いたい。
アロンザモナは7着に敗れたが、同コース2戦目で上積みが見込める。高松宮記念を制した幸騎手の手綱さばきにも注目だ。

2年連続で単勝1倍台の馬が馬券に絡めていない桜花賞。ソウルスターリングの壁は厚いかもしれないが、積極的に穴馬を狙っていきたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line