TOP > 競走馬 > 「アドマイヤミヤビ」ラストはじわじわといい脚を使う【桜花賞】
競走馬

「アドマイヤミヤビ」ラストはじわじわといい脚を使う【桜花賞】

切れのある末脚で目下3連勝中のハーツクライ産駒・アドマイヤミヤビが桜花賞に出走する。デビュー2戦目で切れのある末脚を見せて初勝利を挙げると、百日草特別では重賞2勝のカデナ、スプリングステークス2着のアウトライアーズを下して価値のある勝利を飾った。続くクイーンカップでも切れのある末脚を繰り出し3連勝で重賞初制覇。スタミナも兼ね備えた才女がGⅠタイトルを目指す。そんなアドマイヤミヤビについてまとめてみた。
アドマイヤミヤビ

【未勝利】桁違いの末脚で快勝!

ゲートは出たものの、行き脚がつかず中団よりやや後ろからのレースとなる。それでも直線で外に持ち出すと、上がり3ハロン33秒7の切れのある末脚で前の各馬をあっさりかわし去り初勝利を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 アドマイヤミヤビ(C・ルメール騎手) 「デビュー戦もいい脚を使いましたが、今回はさらに反応が良く、残り300mの脚は素晴らしかったです。もう少し長い距離も大丈夫。とても乗りやすい馬です。走る馬だと思います」

【百日草特別】後に重賞で活躍する牡馬たちを撃破!

前半1000m63秒8のスローペースで流れる中、馬群の中でじっくり脚を溜める。直線で馬群が横に大きく広がると、内の空いたスペースを突き、上がり3ハロン33秒5の末脚で抜け出し、カデナやアウトライアーズの追い上げを退けて連勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 アドマイヤミヤビ(C.ルメール騎手) 「走る馬ですし、切れます。前回までの1600mは忙しかったのですが、今日は折り合いもつきました」

【クイーンC】重賞でも末脚鋭く3連勝!

15番枠からまずまずのスタートを切ると、中団で脚を溜めていく。3コーナーから位置を上げていき、直線では上がり3ハロン33秒6の末脚で外から一気に差し切り、1分33秒2の好時計で3連勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 アドマイヤミヤビ(ルメール騎手) 「とても良い牝馬です。休み明けでしたが、今年になってからさらに良くなりました。1600mで心配しましたが、パワーもあるし、最後はいい瞬発力を使ってくれました。クラシックも絶対いけます」
inyofu (友道康夫調教師) 「時計も速いですし、強かったですね。1600mは少し忙しそうでしたし、本来もう少し長い方が良さそうですが、桜花賞のことを考えてマイル戦を使いました。この後は桜花賞に直行し、その後、オークスを使います」

【桜花賞】直前情報!馬場は渋ったほうがいい!

inyofu 追い切りラッシュがひと段落した午前7時半に栗東坂路に登場。最初の1Fを15秒5で入ると、尻上がりにピッチを上げた。春らしい陽光が芦毛の馬体を銀色に光らせるなか、馬なりでラスト1F12秒5。馬場の荒れた時間帯を思えば上々のタイムで落ち着きも十分、中7週でも仕上がりは万全だ。
inyofu  「1週前にしっかり負荷をかけ当週は軽めというのがウチの厩舎のパターン。動きは良かったです。馬体重こそ変わりないけど、多少しっかりしてきた気がする」と、友道調教師は好ムードだ。
inyofu 「力の要る栗東のCWコースでもしっかり動けるし、スタミナがあるからね。パンパンの良馬場より渋ったほうがいい。相手も同じ3歳牝馬だしチャンスはあるはず」

桜花賞の傾向!キャリア4戦は好成績

inyofu 過去10年の出走馬の通算出走回数別成績を調べると、桜花賞で3着以内に入った馬の大半はキャリア3戦から6戦の馬。しかしながら、キャリア「3、4戦」組は3着内率が35%を超えているのに対し、「5、6戦」組は3着以内に計12頭入っているものの、好走率がいまひとつという点は注意すべきだろう。また、キャリア「7戦以上」の馬は苦戦傾向がハッキリ。2008年2着のエフティマイア(キャリア8戦)以外は全て4着以下に敗れている。

これまで騎乗していたルメール騎手はソウルスターリングに騎乗するが、大舞台に強いデムーロ騎手の乗り替わりは心強い。昨年の桜花賞でもジュエラーに騎乗し、メジャーエンブレムが前で厳しい競馬を強いられる間に後方でじっと控えて勝利を掴んでいる。4戦4勝のソウルスターリングとは初の直接対決となるが、切れのある末脚とスタミナで西の意地を見せたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line