TOP > 競走馬 > 「アドマイヤミヤビ」輸送、折り合い問題ない!長い直線も合う【オークス】
競走馬

「アドマイヤミヤビ」輸送、折り合い問題ない!長い直線も合う【オークス】

クイーンカップを制したアドマイヤミヤビがオークスに駒を進める。デビュー2戦目を制して挑んだ百日草特別では後に弥生賞を制すカデナやスプリングステークスで2着に入ったアウトライアーズらを退け勝利。続くクイーンカップでは後の桜花賞馬レーヌミノル、NHKマイルカップ勝ち馬アエロリットを下して連勝を飾った。しかし、桜花賞ではスタートで出遅れて末脚も不発に終わり、まさかの惨敗を喫した。得意の東京で巻き返しを期す。そんなアドマイヤミヤビについてまとめてみた。
アドマイヤミヤビ

【百日草特別】後に重賞で活躍する牡馬たちを撃破!

前半1000m63秒8のスローペースで流れる中、馬群の中でじっくり脚を溜める。直線で馬群が横に大きく広がると、内の空いたスペースを突き、上がり3ハロン33秒5の末脚で抜け出し、カデナやアウトライアーズの追い上げを退けて連勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 アドマイヤミヤビ(C.ルメール騎手) 「走る馬ですし、切れます。前回までの1600mは忙しかったのですが、今日は折り合いもつきました」

【クイーンC】重賞でも末脚鋭く3連勝!

15番枠からまずまずのスタートを切ると、中団で脚を溜めていく。3コーナーから位置を上げていき、直線では上がり3ハロン33秒6の末脚で外から一気に差し切り、1分33秒2の好時計で3連勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 アドマイヤミヤビ(ルメール騎手) 「とても良い牝馬です。休み明けでしたが、今年になってからさらに良くなりました。1600mで心配しましたが、パワーもあるし、最後はいい瞬発力を使ってくれました。クラシックも絶対いけます」
inyofu (友道康夫調教師) 「時計も速いですし、強かったですね。1600mは少し忙しそうでしたし、本来もう少し長い方が良さそうですが、桜花賞のことを考えてマイル戦を使いました。この後は桜花賞に直行し、その後、オークスを使います」

【桜花賞】出遅れて末脚も不発・・・

スタートでダッシュがつかず、最後方からの競馬を強いられる。直線では大外に回したものの、道悪馬場にも苦しんで末脚が弾けず12着に敗れた。
動画を見る
inyofu 12着 アドマイヤミヤビ(M.デムーロ騎手) 「返し馬はきれいな走りでしたが、レースに行って良くありませんでした。スタート良く流れには乗れましたが、何度も躓いていました」

【オークス】直前情報!微調整も成功!

inyofu ゆったりと坂路コースを単走。最後まで余力を残したまま、楽な感じで軽快に駆け上がった。タイムは55秒0―13秒6と目立たないが、友道調教師は予定通りの微調整に納得の表情。「状態面は変わりないと思います。前走の桜花賞(12着)が全く走っていないので、ダメージはありませんでしたから」と仕上がりのよさを感じていた。

オークスの傾向!重賞での連対経験がカギ!

inyofu 過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、“同年のJRA重賞”において連対経験がある馬だった。一方、その経験がなかった馬は3着内率が5.6%にとどまっている上、2012年以降は連対例がない。重賞で優勝争いに絡んだ経験がない馬はもちろん、2歳時の重賞でしか好走経験がない馬も評価を下げるべきだろう。
inyofu 過去10年の3着以内馬30頭中27頭は、前走の4コーナーの通過順が「4番手以下」だった。一方、「3番手以内」だった馬は3着内率が7.3%にとどまっている上、連対を果たしたのは2010年1着のサンテミリオンだけである。前走で先行していた馬は、たとえ上位人気でも過信禁物と見るべきだろう。

前走の桜花賞は最後方からの競馬となったが、ペースが速くなりがちなレースでの出遅れだったため、体力の消耗を抑えるという面でもこのような展開になったと考えられる。東京の長い直線なら持ち前の末脚を遺憾なく発揮することができるだろう。この馬のオーナーである近藤利一氏は先週のヴィクトリアマイルをアドマイヤリードで制し、日本では約9年ぶりのGⅠ制覇を飾った。勢いそのままに2週連続GⅠ制覇となるか。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line