TOP > 競走馬 > 「アエロリット」反動も無く順調!先行策で並み居る強豪を抑え切る!【安田記念】
競走馬

「アエロリット」反動も無く順調!先行策で並み居る強豪を抑え切る!【安田記念】

先行押し切りで結果を残すクロフネ産駒アエロリットが安田記念に出走する。3歳春まで勝ちきれないレースが続いたが、NHKマイルCで先行して押し切る盤石の競馬で重賞初制覇をGⅠで飾ると、古馬との対戦となったクイーンCでも鮮やかな逃げ切り勝ちを収めた。今年は中山記念で2着に入り、前走のヴィクトリアマイルでは勝ち馬から0秒1差の4着まで健闘した。牡馬相手にどこまでやれるのか。そんなアエロリットについてまとめてみた。
アエロリット

【クイーンS】最後まで先頭のまま1着!

初の古馬牝馬との対戦も問題ではなかった。今回は内枠ということもあり、持ち前のスタートセンスを活かして先頭でレースを進める。直線に入っても脚色は鈍ることなく徐々に後続との差を広げると、ゴールまで影を踏ませぬ逃亡劇を演じきった。今回のレースでは古馬相手にも通用する実力を証明しただろう。
動画を見る
inyofu 1着 アエロリット(横山典騎手) 「スピードがある馬です。いつも通り、馬の気分を損ねず、なめらかに走らせることを心がけました。道中、ペースが速いかなと思うところもありましたが、よく最後まで踏ん張ってくれたと思います。順調に行けば、秋はまた大きなレースを走れるので、頑張りたいと思います」

【中山記念】二の足で盛り返し2着

大外10番枠から好スタートを切ると、大逃げを打とうとするマルターズアポジーを追いかける形で2番手につけ、後続に約10馬身のリードをつける。4コーナーで後続との差が一気に詰まり、直線の入り口で3番手に後退したが、もう一度盛り返して2着に入った。
動画を見る
inyofu 2着 アエロリット(菊沢調教師) 「この馬にとってはいいペースで運べたと思います。この形はメンバー発表の段階から考えていました。上手くいきすぎたくらいです。芝を使う馬としては、左回りと比べると右回りでは反応にロスが出ます。勝ち馬に被されたのですが、よくファイトしてくれました。牝馬らしからぬところがあります。今後はヴィクトリアマイルに向かうことになると思います」

【ヴィクトリアマイル】僅差の4着と健闘!

稍重馬場で行われたヴィクトリアマイル。前半は抑え切れない勢いのまま、先行して2番手まで押し上げていく。最終コーナーを抜群の手応えで回って直線に向かうと、残り400mで先頭を譲る形になるが、そこから懸命に粘って4着と力のある所を見せた。
動画を見る
inyofu 4着 アエロリット(戸崎圭太騎手) 「形は良かったのですが、もう少しリラックスして走ってほしかったです。馬場が乾いていたら違った結果になったと思います」

【安田記念】直前情報!引き続き好調キープ!

inyofu アエロリットは南ウッド単走で追われ、5ハロン68・8―39・7―13・1秒。終始馬なりながら体を大きく使ったフォームで、牝馬離れした迫力を感じさせた。引き続き好調キープだ。陣営は4着に終わった前走のヴィクトリアマイルからの巻き返しを狙っている。
inyofu 自ら手綱を取って感触を確かめた菊沢調教師「中2週ですが、反動もなく順調。4歳になって馬がしっかりしてきましたね。今朝も弾むような動きでした。前走は不向きな流れの上、スタート後に落鉄するなど運がなかった。素晴らしいメンバーが相手ですけど、力を出し切る競馬を」

安田記念の傾向!馬格のある馬が優勢

inyofu 過去10年の連対馬20頭中16頭は、JRAのレースでの最高馬体重が「500キログラム以上」だった。該当馬は3着内率も25.0%と比較的高いうえ、2014年以降は〔4・4・3・23〕(3着内率32.4%)とさらに好走率が高くなっている。今年もまずは「500キログラム以上」の馬体重で出走した経験がある馬に注目してみたい。

今回も引き続き戸崎圭太騎手が鞍上を務める。東京のマイルでの実績は言うまでも無く、先週の日本ダービーでもエポカドーロで勝ち負けを演出し、今勢いに乗っている。前走は落鉄や湿った馬場と不運が重なってしまったが、本来の実力を発揮できれば牡馬相手のこの舞台でも十分にやれる力はあるので目が離せない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line