TOP > 競走馬 > 「アエロリット」スイッチは最後の直線で入れる!【桜花賞】
競走馬

「アエロリット」スイッチは最後の直線で入れる!【桜花賞】

重賞で善戦を続けているアエロリットが桜花賞に出走する。6月東京のデビュー戦では快勝したものの、その後は先行策から直線で力尽きて2着というレースが続いた。それでも、クイーンカップでは出負けしながらも徐々に位置を上げていき、直線でもしぶとく脚を使ってアドマイヤミヤビと半馬身差の2着と健闘した。ここでも強敵が揃うが、2着より上の着順を目指す。そんなアエロリットについてまとめてみた。
アエロリット

【新馬】直線での追い比べを制しデビュー勝ち

2番手から好スタートを決めて、2番手の絶好位につける。残り400mで楽な手応えで先頭に躍り出ると、外から差を詰めようとしたダイイチターミナルを振り切り、デビュー戦を白星で飾った。
動画を見る
inyofu 1着 アエロリット(横山典弘騎手) 「真面目な馬です。大人びたレースをします。返し馬からしっかりしていました。楽しみです」
inyofu (菊沢隆徳調教師) 「調教では動きすぎてしまうので、スピードを出せませんでした。牝馬なので、2戦目は難しくなってしまうかもしれませんし、注意して育てなければいけないと思っています。この時期の牝馬ですから、来年の春を目指したいです。馬自身がこれだけのスピードを出せると思ってなかったでしょうから、これからケアをしないといけませんね」

【フェアリーS】押し切りを図るも2着

3番枠から好スタートを決めて2番手からレースを進める。道中も折り合いが付き、直線では内からの抜け出しを図ったが、大外から伸びてきたライジングリーズンに差し切られて2着に敗れた。
動画を見る
inyofu 2着 アエロリット(菊沢隆徳調教師) 「頑張ってくれました。まだ成長途上で、無理を出来ない面もあって余裕残しだった分、ラストで甘くなってしまったのだと思います。レースは道中折り合いもついて、いい内容でした。まだまだこれから良くなってくるでしょう」

【クイーンC】出遅れも息の長い脚を使い2着!

スタートで後手を踏んだものの、横山典弘騎手がなだめながら4コーナーで3番手までポジションを上げる。直線でも脚色は衰えず、外から伸びてきたアドマイヤミヤビとの追い比べに持ち込み、半馬身差の2着に食い込んだ。
動画を見る
inyofu 2着 アエロリット(菊沢隆徳調教師) 「スタートのタイミングが合いませんでしたが、かえって良かったと思います。今日はきついかなと思いましたが、頑張ってくれましたし、価値ある2着だと思います。無事なら、次は桜花賞に直行します」

【桜花賞】直前情報!成長を見せクラシック本番へ!

inyofu クイーンC2着のアエロリットは美浦坂路で大きく前を行く僚馬を一応の目標にして、4F54秒0と最後まで流し気味も、弾むようなフットワークは目を引いた。
inyofu 「この馬に関しては穏やかなのが一番。フェアリーSはモコモコしていたが、クイーンCは中身が締まっていた。今回も全体的にしっかりしてきた」と菊沢調教師。

桜花賞の傾向!1番人気での負け経験が大事

inyofu 過去10年の桜花賞では、「単勝1番人気で2着以下に敗れた」という経験を持っている馬が2着以内に入るケースが多い。ちなみに例外となっている2011年は、3着馬トレンドハンターが4走前の新馬戦で1番人気に支持され2着に敗れていた。2013年以降は、新馬・未勝利戦以外でこの条件に該当していた馬が連対している。そのあたりを考えつつ、出走馬の過去の成績をチェックする手はあるかもしれない

新馬戦から勝利に見放されているが、アドマイヤミヤビに食らいついた実力は確かなもの。レースを重ねるごとに成長も見せており、逆転も夢ではない。惜敗続きにピリオドを打つ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line