TOP > コラム > 穴馬券でマンションを買う!【2017年4月9日版】
コラム

穴馬券でマンションを買う!【2017年4月9日版】

穴馬券
戸崎…戸崎…戸崎…戸崎…


どこ行ったああああああ!!!
(ノД`)・゜・。

俺のランガディアちゃん、本当に走ってた?

③番人気で13着…もうね、見当違いも甚だしい(;´・ω・)

でもマイナス12キロっていう、体調が悪かったのは大きかったね。

この成長期の時期に大幅体重減ってのは、マイナス以外何もない。

これは当日にならないとわからないし…しょうがないよね?ね??ね???

よし!これで切り替えていこう!(笑)

明日のマンション馬券はかなり自信あるよ!

これだーー!!!

■阪神11R 「桜花賞(3歳(G1) 芝:1600m)」

やっぱりどうせならこのレースで勝負してみようかな!

仮に予想が外れても、最後まで読んで「なるほど!」って思ってもらえるように気合い入れて書くんで、そこんとこ4649!

それじゃ、この桜花賞にはいろいろなステップを踏んで、色々な馬がやってくる。

そのステップレースを分析。

・クイーンC
過去10年でクイーンC組からは【0.3.1.14】と、勝ち鞍はない物の2着馬3頭を輩出している。その3頭はホエールキャプチャ、ヴィルシーナ、エフティマイアとレベルは高い。
メジャーエムブレムの1.32.5秒という爆発的な時計には及ばないものの、今年の1.33.2秒は十分優秀。
実際、その一週前の東京新聞杯を勝ったブラックスピネルが1.34.9秒。
この時期の3歳牝馬が古馬重賞よりも1秒以上速い時計で勝つというのが、すごい。
上り3ハロン(11.3秒-11.2秒-11.6秒)と緩みがなく、最後までキッチリとしたハイレベルなレースと言える。

・チューリップ賞
過去10年でチューリップ賞組からは【8.4.5.27】とステップレースとしては最右翼。
今年の1.33.2秒という時計は同週にあった古馬1600万下の武庫川S(1.33.1秒)と比べてもそん色なく、こちらもレースレベルは高い。

・アネモネS
過去10年のアネモネS組の成績は【0.0.1.22】と振るわない。
中山1600mで1.34.7秒という時計は悪いものではないが、上り3ハロン(12.1秒-11.8秒-12.3秒)で36.2秒。
全体時計は悪くないのだが、上りがダラダラ。
これではあまり評価はできない。

・フィリーズレビュー
過去10年でフィリーズレビューからは【1.0.2.52】と全く成績が上がっていない。
今年のレースは1.21.0秒という時計はかなり優秀で、これまでフィリーズレビューで最速だったのが2005年のラインクラフトが勝った1.21.2秒であり、その後ラインクラフトは桜花賞を勝っている。
ラップ分析してみてわかったのだが、道中の全てのラップが12.0秒以内で収まっており、全く緩んでいない。
こういうレースは強い馬にしかできないもので、今年のフィリーズレビュー組は無視できない。

本命◎⑭ソウルスターリング
これ、国内G1とかどうでもいいから3歳のうちに凱旋門賞とか挑戦してほしいな(笑)
フランケル産駒の強さはもう皆わかってると思うけど、このフランケルの父:ガリレオ産駒って日本じゃ全く走らなかったんだよ。
じゃぁなんでフランケル産駒はこんなにも走るのか?
血統表見てて、たぶんフランケルにはデインヒルの血が出てるんじゃないかな?って思うんだ。
だとしたらこの成績も納得。
デインヒル系は日本でもファインモーションなど、日本の芝への高い適正と能力を伝えている。
それなら雨が降って道悪になっても恐らく問題としないだろう。
ここはメイチで買いたい。

対抗〇レーヌミノル
侮れないフィリーズレビュー組の2着馬。
距離不安とか色々と言われてるけど、前走のレースを見てたら1ハロンぐらいなら何とかしちゃいそう。
第一、雨が降って馬場が悪くなりそうなところがこの馬には追い風。
ダイワメジャー産駒って、良馬場よりも道悪馬場の方が勝率が上がるっていう、珍しいタイプなんだ。
もともとジリ脚のパワータイプだけに、その弱点が補われパフォーマンスが上がるんだろうね。
本来はスプリンターだと思うんだけど、道悪であればパワフルなスピードで前残り可能。
前走で控える競馬が出来たのは大きい。

単穴▲カラクレナイ
フィリーズレビュー組のワン・ツーはどちらかが馬券になるだろうという計算だよね(笑)
ただ過去10年で桜花賞で3着以内に入った馬の86%がマイル以上のOP戦で3着以内の成績があったんだ。
この馬はマイル自体が未経験。
1ハロンぐらいは我慢できるだろうが、フィリーズレビューの1着と2着が入れ替わっても全然おかしくない。

連下△リスグラシュー
チューリップ賞でソウルスターリングにあの競馬をされて負けてしまったところで、もうすでに勝負付けはすんだと思う。
だが馬券的に他の馬とはまだ勝負付けはすんでない。
実際、武豊Jはチューリップ賞で如何にもトライアルレースらしいレースをしてたよね。
疲れを残さず、脚を測るような、仕掛けのタイミングを探るような。
武Jなら確実に前走よりパフォーマンスを上げてくるだろうね。

連下△アドマイヤミヤビ
オークスで狙おうと半年前から思ってたんだが、この時期の牝馬でオークス走るなら桜花賞も走ってくるよね…ってことで。

≫買い目≪
3連単1着固定
1着…⑭
2着…③⑧⑩⑮
3着…③⑧⑩⑮×5万=60万円

さて、結果は如何に!?



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line