TOP > 競走馬 > 「ウインブライト」距離ロスは避けたい!輸送も心配ない【大阪杯】
競走馬

「ウインブライト」距離ロスは避けたい!輸送も心配ない【大阪杯】

小回り巧者ウインブライトが大阪杯に出走する。全姉に阪神JF2着馬ウインファビラスがおり、スプリングSではしぶとい末脚を見せて重賞初制覇を果たした。春のクラシックでは結果を残せなかったが、秋2戦目の福島記念で先行策で重賞2戦目を飾ると、前走の中山記念ではGⅠ馬相手に好位から差し切る堂々の競馬で大阪杯への切符を掴んだ。GⅠ挑戦は日本ダービー以来だが、実績馬に物怖じしない競馬を見せたい。そんなウインブライトについてまとめてみた。
ウインブライト

【福島記念】先行押切の競馬で重賞2勝目!

これまでは控える競馬をしてきたが、この時はスタートから先団に取り付く競馬を選択する。慣れない位置からの競馬でも苦にすることなくレースを進め、最終コーナーでは直線に向けていつものように加速する。早めに先頭に躍り出ると、短い直線を活かし後続をクビ差凌ぎ切った。鞍上の見事な判断で重賞2勝目を挙げた。
動画を見る
inyofu 1着ウインブライト(松岡正海騎手) 「控える競馬をしてきましたが、今日は馬場を考えて前が止まらないと思い前につけました。馬の具合は正直自信を持てるものではありませんでしたが、頑張ってくれました。まだまだ成長途上ですから、これからもっと良いところを出して行けると思います」

【中山金杯】ゴール前で差され惜しくも2着に敗れる

最内枠から好スタートを決めると、前走同様に先行しての競馬を選択。コーナーを効率よく回って直線へ向かっていく。最終コーナーでの勢いそのままに、直線ではすぐさま逃げ馬を捉えて先頭に躍り出る。しかし、粘りこむを図る中、後続のセダブリランテスが猛追。お惜しくもクビ差敗れ、2番手でゴール板を通過した。
動画を見る
inyofu 2着 ウインブライト(松岡正海騎手) 「正攻法で長く脚を使わせる競馬ができ、収穫がありました。最後は勝ち馬よりも1キロ重い分でしょうか。次また頑張りたいです」

【中山記念】好メンバーを退け重賞3勝目!

3歳でマイルCSを制したペルシアンナイトやドバイターフの覇者ヴィブロスなど、10頭立ての少数数ながら好メンバーが揃った。5番枠から好スタートを決めると、軽快に飛ばすマルターズアポジーとアエロリットから大きく離れた4番手からレースを進める。3~4コーナーで前との差を縮めて行き、最後の直線では逃げるマルターズアポジーをしぶとい脚で差し切り重賞3勝目を挙げた。
動画を見る
inyofu 1着 ウインブライト(松岡正海騎手) 「スタートが良くて、いい位置を取って折り合いも完璧でした。出来が良くて自身を持って長所を生かすように乗ろうと思いました。長くいい脚を使います。東京がダメではなく、中山が合っています。この馬でGIを、と思っています。頑張ります」
inyofu 1着 ウインブライト(畠山調教師) 「少しずつ進歩している段階です。上手いタイミングで騎手が仕掛けてくれました。この馬も力をつけています。騎手から辛口にコメントが出ることもありますけれども、それだけ期待していると思います。1週前の追い切りで、動けはしたのですが反動が出てしまいました。今後はオーナーと相談して、GIへ向かおうと思います。間違いなくGIを勝てる馬を相手にして、力をつけていると思いました。前走、前々走とは違う流れでしたが対応できるようになっています。2000mも守備範囲です。関西遠征の経験はありませんが、福島で1泊してのレースも経験していますし、問題ないと思います」

【大阪杯】直前情報!濃霧の中3頭併せで好内容!

inyofu 第62回大阪杯・G1(4月1日、芝2000メートル)に向け、今年の中山記念勝ち馬ウインブライト(牡4歳、美浦・畠山吉宏厩舎)が28日、美浦トレセンで最終追い切りを行った。
inyofu この日は朝から濃霧が発生し、美浦のコースは真っ白。騎乗した松岡騎手によると、僚馬2頭を追いかける形で運び、「動きはすごくよかったと思います。中間に立ち上げる時から、前回より動きはよかった。今回は3本追い切りに乗って競馬に向かいますが、中間の過程がいいですね」と順調な調整ぶりをアピールした。

大阪杯の傾向!伏兵の活躍も!

inyofu 過去10年の単勝人気別成績と単勝オッズ別成績を調べると、1番人気は3着内率90%。特に、単勝オッズ2.9倍以下だった1番人気馬は、〔3-3-2-0〕(3着内率100%)となっている。それに対し、3~5番人気はそれぞれ連対率10.0%といまひとつ。6番人気馬が2勝2着1回、7~9番人気が2着4回となっている点が特徴的だ。

大舞台での実績は他のメンバーに劣るものの、小回りコースでの立ち回りのうまさはメンバー上位といってもいいだろう。鞍上はもちろん、前走に引き続き松岡正海騎手が騎乗する。2戦目以外全てのレースで跨っており、この馬をよく知るからこそ出来る騎乗を見せてほしい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line