TOP > 競走馬 > 「ウインブライト」乗り方次第で距離は持つ!折り合いがカギ【日本ダービー】
競走馬

「ウインブライト」乗り方次第で距離は持つ!折り合いがカギ【日本ダービー】

スプリングステークスの勝ち馬であるウインブライトが日本ダービーに出走する。勝ち上がりまでに3戦を要したが、そこからは好調を維持。スプリングステークスでは、持ち味の捲るような競馬でアウトライアーズを破りひいらぎ賞のリベンジを果たした。皐月賞ではコースレコード決着では分が悪かったが、巻き返しの余地は十分にあるウインブライトについてまとめてみた。
ウインブライト

【若竹賞】外から捲る競馬で完勝!

スタートから行く気を見せるも、鞍上の松岡騎手は控える競馬を選択。道中は先行集団を見ながら進め、3、4コーナーで一気に差を詰めて直線へ。直線では楽な手応えで前にいた馬を交わし、ゴール直前で鞭を入れると後続を一瞬で突き放して完勝した。
動画を見る
inyofu 1着 ウインブライト(松岡正海騎手) 「控える形、折り合いをつける形でずっとレースをしてきました。馬が脚の使いどころを覚えてきたのが今日の1番の収穫ですね。今日のようなスタイルで競馬をしたかったので、まだ余力を残して作っているので、体が緩く、これからまた成長してくると思います。距離は2000mでも大丈夫でしょう。強かったです。次も頑張ります」

【スプリングS】リベンジを果たして1着!

8枠10番からスタートを決めると、すぐさま控える競馬を選択。道中はハイペースの厳しい流れとなる。いつものように3、4コーナーで一気に気合をつけて直線に入ると、着実に脚を伸ばして先頭へ躍り出た。最後は後ろから迫るアウトライアーズを1/2馬身差を抑えて、初の重賞制覇を遂げた。
動画を見る
inyofu 1着 ウインブライト(松岡騎手) 「ソラを使うので、最後まで一生懸命に追いました。折り合いをつけて、終い伸ばすことが課題でしたが、その通りに走りました。まだ競馬が固まっていないので、自分の馬の走りをしました。仕掛けどころでプラチナヴォイスの脚がありそうだったので、ついて行ければいいと思いました。初めて乗った時からすごくいい走りをしていました。次も頑張ってくれると思います」

【皐月賞】外枠が響いたか...

外枠の17番枠からのスタートでなかなか内に潜り込むのは難しく、終始外々を回される厳しい展開。勝負所ではついていくことは出来たが、それが精一杯で直線で伸びることは出来ずに8着に終わった。
動画を見る
inyofu 松岡騎手(ウインブライト=8着)「外枠だったから、内にももぐれなかった。時計も速くて、道中で上がっていったら最後は余力がなかった」

【日本ダービー】追い切り 力強いフットワークで気配は良好!

inyofu ウインブライトは松岡を背に南ウッド5ハロンから単走。ゴールまで手綱は押さえられたままだったが、道中の行きっぷりは良く、フットワークも力強い。引き続き気配は良好だ(67・2―38・1―13・6秒)。
inyofu 畠山吉調教師「テンが速かったので最後は無理をしなかった。いい意味で平行線ですね」
inyofu 松岡騎手「前走(皐月賞=8着)の疲れは取れているし、動きも悪くない」

過去の戦績にも要注目

inyofu 過去10年の日本ダービーでは、「3~5走前に500万下クラス、またはオープン特別を勝利していた」という馬が2008年を除き連対している。ちなみに、昨年は前走「皐月賞」組でこの条件を満たしていた馬が3頭いたが、そのうちの2頭での決着となった。

皐月賞は枠がもう少し内であれば...という事も考えてしまうほど今年は大混戦の3歳牡馬路線。スプリングSで繰り出した脚が東京の舞台でも使えるようであれば突き抜ける可能性もある。まずは出来るだけ好成績を誇る内目の枠を引き当てたいところ。もう戦いはそこから始まっている。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line