TOP > 競走馬 > 「ウインブライト」道悪も苦手じゃない!ゴーサインで動く【皐月賞】
競走馬

「ウインブライト」道悪も苦手じゃない!ゴーサインで動く【皐月賞】

スプリングステークスを制したステイゴールド産駒のウインブライトが皐月賞に出走する。初戦、二戦目は結果を残すことができなかったが、馬体重の増えた休養明けの未勝利を快勝するとそこからは好調を維持。前走のスプリングステークスでは、持ち味の捲るような競馬で見事一番人気のアウトライアーズを破りひいらぎ賞のリベンジを果たした。そんなウインブライトについてまとめてみた。
ウインブライト

【ひいらぎ賞】末脚勝負に敗れ2着に

スタートを難なく決めると道中は中団に待機。3、4コーナーで手綱をしごいて先頭との差を詰めて直線に入ると、同様に差を詰めてきたアウトライアーズと一騎打ちに。しかし、最後はアウトライアーズの末脚の前に突き放されてしまい2着に敗れた。
動画を見る
inyofu 2着 ウインブライト(松岡正海騎手) 「勝ち馬よりも先に動きたかったのですが、向こうの方が瞬発力が上でした。馬もまだゆるく、これから良くなってくると思います。控える競馬が実になってくれればいいと思います」

【若竹賞】外から捲る競馬で完勝!

スタートから行く気を見せるも、鞍上の松岡騎手は控える競馬を選択。道中は先行集団を見ながら進め、3、4コーナーで一気に差を詰めて直線へ。直線では楽な手応えで前にいた馬を交わし、ゴール直前で鞭を入れると後続を一瞬で突き放して完勝した。
動画を見る
inyofu 1着 ウインブライト(松岡正海騎手) 「控える形、折り合いをつける形でずっとレースをしてきました。馬が脚の使いどころを覚えてきたのが今日の1番の収穫ですね。今日のようなスタイルで競馬をしたかったので、まだ余力を残して作っているので、体が緩く、これからまた成長してくると思います。距離は2000mでも大丈夫でしょう。強かったです。次も頑張ります」

【スプリングS】リベンジを果たして1着!

8枠10番からスタートを決めると、すぐさま控える競馬を選択。道中はハイペースの厳しい流れとなる。いつものように3、4コーナーで一気に気合をつけて直線に入ると、着実に脚を伸ばして先頭へ躍り出た。最後は後ろから迫るアウトライアーズを1/2馬身差を抑えて、初の重賞制覇を遂げた。
動画を見る
inyofu 1着 ウインブライト(松岡騎手) 「ソラを使うので、最後まで一生懸命に追いました。折り合いをつけて、終い伸ばすことが課題でしたが、その通りに走りました。まだ競馬が固まっていないので、自分の馬の走りをしました。仕掛けどころでプラチナヴォイスの脚がありそうだったので、ついて行ければいいと思いました。初めて乗った時からすごくいい走りをしていました。次も頑張ってくれると思います」

【皐月賞】最終追い切り情報 馬体戻り好調維持!

ウインブライトは13日、美浦ウッドチップコースで最終追い切りを行った。
inyofu いつものように松岡騎手を背に、美浦Wコースでウインアンビションを2馬身追走。比較的ゆったりと流れた道中でしっかり脚がたまったか、直線で馬体を寄せるとグッとギアが上がり、1馬身先着した。
inyofu 調教駆けするタイプにしてもラスト1F12秒5は優秀で、「前走で減った馬体も戻り、しっかり追えた。こういう(1Fの)タイムは簡単に出ないし、毛ヅヤ、馬体の張り、すべての面で前走以上」とジョッキー。
inyofu 畠山調教師も、「体重は週初めで470キロちょっと。追い切りのパターンも変えずに戻ってくれたからね。1F延びるのも問題ないし、不利なく競馬ができれば遜色はないはず」と満足げだ。(夕刊フジ)

2000mを走るのは初だが、1800mでのパフォーマンスの高さからも苦にすることはないだろう。また、馬体重が増えてからはレース振りに安定感が増しており、抜けた馬がいない今年はチャンス十分である。得意の力強い捲り競馬を武器に、クラシック一冠目を狙いに行く。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line