TOP > エンタメ・雑学 > 2017年4月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2017年4月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2017年4月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
皐月賞を制したのはアルアインだった今週の競馬界。新人騎手の初勝利や2万回騎乗を1日に2人一気に達成など一週間の競馬ニュースまるわかり。
馬キュレ

ソウルスターリング、オークスへ

inyofu 4月9日、阪神競馬場で行われた桜花賞(GI、芝1600m)で3着だったソウルスターリング(牝3、美浦・藤沢和)が、次走として5月21日のオークス(GI、芝2400m)を目標に据えることが明らかとなった。本日11日、同馬を管理する藤沢和雄調教師が明らかにしたもの。
桜花賞で断然人気からまさかの3着となってしまったソウルスターリングがオークスに出走よていと発表。桜花賞の雪辱をオークスで晴らすつもりのようである。まだまだ人気は下がることはないだろうが果たして結果はどうなるか。

キタサンブラック7位に!

inyofu 今年1月から4月9日までに行われたレースが対象になる今回のランキングにおいて、トップに立ったのはアロゲート(牡4、米・B.バファート)。ドバイワールドC(メイダン、GI、ダ2000m)を制した同馬が、昨年と同じレーティング134ポンドで首位に浮上した。また、2位にも現在オーストラリアで17連勝中のウィンクスが132ポンドで入り、昨年の年間ランキングでトップ3に入った2頭(昨年2位のカリフォルニアクロームは引退)が、上位にランクインしている。

なお、JRA所属馬では、4月2日に阪神で行われた大阪杯(GI、芝2000m)を制したキタサンブラック(牡5、栗東・清水久)が、121ポンドで単独7位に入ったほか、サトノクラウン(牡5、美浦・堀)とサトノダイヤモンド(牡4、栗東・池江)が120ポンドで8位タイ、ステファノス(牡6、栗東・藤原英)が118ポンドで26位タイにランクインした。
IFHAが最新のロンジンワールドベストレースホースランキングを発表して1位はもちろんアロゲートであったが日本からはキタサンブラックが7位にランクインした。今年は大阪杯で1着になっており、今後の活躍でさらに順位を上げてくれることを期待したい。

新人騎手初勝利2連続!

inyofu 4月15日、福島競馬第7R・4歳上500万下でオージーアイドル(牝5)が1着となり、騎乗していた木幡育也騎手(18、美浦・藤沢和)は本年3月4日の初騎乗以来26戦目でJRA初勝利を挙げた。
inyofu 4月16日、福島競馬第9R・4歳上500万下でヒルノサルバドール(牡4)が1着となり、騎乗していた横山武史騎手(18、美浦・鈴木伸)は本年3月4日の初騎乗以来42戦目でJRA初勝利を挙げた。
新人騎手の木幡育也騎手と横山武史騎手がそれぞれ土曜日と日曜日に初勝利を挙げた。これからもたくさんの勝利を重ねていってもらいたい。

蛯名騎手と柴田騎手がそれぞれ2万回騎乗達成!

inyofu ■4月15日、中山競馬第5R・3歳500万下でアイアムキャツアイ(牝3)に騎乗した蛯名正義騎手(48、美浦・フリー)が、JRA通算2万回騎乗を達成した。初騎乗だった1987年3月1日から約30年1カ月での達成で、武豊騎手に次いで史上2人目、現役2人目の記録。同騎手は「デビューした頃はこんなに長く乗ると思っていませんでした。たくさんの人に応援してもらいありがたく思っていますし、そのお陰でこのような記録に到達できて大変光栄です。これからも地道に自分らしく頑張っていきたいです」と、JRAを通じコメントしている。
inyofu ■同じく15日、中山競馬第9R・山藤賞でローリングタワー(牡3)に騎乗した柴田善臣騎手(50、美浦・フリー)が、JRA通算2万回騎乗を達成した。初騎乗だった1985年3月9日から約32年1カ月での達成で、武豊騎手、蛯名騎手に次いで史上3人目、現役3人目の記録。同騎手は「これまで長く続けてこられたのも、関係者の皆様が支えてくれたお陰です。感謝の気持ちでいっぱいです。20001回目の騎乗も含め、1鞍1鞍頑張ります」と、JRAを通じコメントしている。
蛯名騎手と柴田騎手がそれぞれ2万回騎乗を達成!武豊騎手に続く大記録をベテラン騎手二人が同日に揃って達成した。

今週のリーディング情報

inyofu 1位 M.デムーロ騎手(今週3勝)【54.34.26.20.21.62】 (→)
2位 田辺裕信騎手 (今週5勝)【43.32.19.16.17.148】(→)
3位 戸崎圭太騎手 (今週3勝)【39.45.25.23.20.133】(→)
4位 C.ルメール騎手(今週4勝)【39.34.34.20.23.92】 (→)
5位 内田博幸騎手 (今週0勝)【34.12.26.27.28.157】(→)
6位 和田竜二騎手 (今週0勝)【28.24.23.27.29.152】(→)
7位 川田将雅騎手 (今週4勝)【26.31.17.13.7.54】 (↑)※前週11位以下
8位 岩田康誠騎手 (今週1勝)【26.14.22.20.16.141】(→)
9位 福永祐一騎手 (今週0勝)【25.18.18.11.20.85】 (↓)※前週7位
10位 松山弘平騎手 (今週1勝)【24.20.12.13.16.136】(→)


騎手部門は大きな順位変動こそありませんでしたが、田辺騎手が最多の5勝をマークし、首位デムーロ騎手との差を僅かながらに縮めています。また皐月賞で初GI制覇を成し遂げた松山騎手はこの勝ち鞍によって、きっちりとトップ10の座を死守。これまでもコンスタントに勝ち鞍を増やしており、勢いに乗ってのさらなる上位進出が期待されます。
順位に大きな変動はなかったが皐月賞で勝利した松山騎手が10位をキープしておりこれから皐月賞勝利での勢いに乗ってさらなる躍進をしてくれることを期待したい。

2017年4月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】今週は皐月賞で100万馬券が出て大きな話題となったがそれ以外にも新人騎手2人の初勝利と蛯名、柴田両騎手2万回騎乗などめでたいニュースも飛び込んできた。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line