TOP > 地方競馬 > 【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2017年4/10(月)~2017年4/16(日)
地方競馬

【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2017年4/10(月)~2017年4/16(日)

先週1週間の地方競馬ニュースをチェック!
【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2017年4/10(月)~2017年4/16(日)版。
先週はこちらの7ヵ所で開催されました。
水沢(月、土日)、船橋(月〜金)、金沢(火、日)、名古屋(月、水〜金)、園田(火〜木)、高知(土日)、佐賀(土日)
馬キュレ

2017年4/10(月)~4/16(日)の3連単最高払戻金額は?

先週は名古屋競馬場での1,282,790円が最高配当額であった。
2017年4月12日名古屋競馬場で行われた「サラC11組」で1〜3着が3、4、7番人気で決着して、3連単払戻し金が1,282,790円となった。

ナムラタイタンが引退!

inyofu  父サウスヴィグラス、母ネクストタイム、母父Afreetという血統。2009年5月の京都2R・3歳未勝利で中央デビューし、無傷の6連勝を達成。重賞初挑戦となった2010年のプロキオンSは3着に敗れたが、2011年武蔵野Sで重賞初制覇した。2014年佐賀記念3着後に、岩手競馬へ移籍。同年の赤松杯、シアンモア記念、みちのく大賞典などを勝ち、岩手競馬の年度代表馬に選出。翌年も5勝を挙げる活躍を見せて、2年連続となる年度代表馬に選ばれた。
2014,2015年の岩手競馬の年度代表馬に選ばれたナムラタイタンが引退し、北海道新ひだか町にあるアロースタッドで繋養される予定と発表された。4連覇のかかった赤松杯での3着がラストランとなった。長い間走り続けた分ゆっくり過ごしてもらい、これからの彼の産駒に期待をしたい。

斤量をモノともせずホワイトフーガ勝利!【マリーンカップ】

inyofu 大外枠からのスタート。内のララベル、リンダリンダの大井勢が先行すると、その2頭を見ながら3番手をキープ。直線に入って残り200メートルで満を持して抜け出した。「スタートでちょっとつまずいて少しハミがかかったが、いい感じで回ってこれた。58キロだったので最後はどうかなと思ったけど、さすがに力があるね」と蛯名も能力を再認識した様子。
動画を見る
女王が今回も斤量をモノともしない圧勝でマリーンカップを勝利!3連覇がかかるJBCレディスクラシックに照準を定めたようだがその勝利は揺るがない自信がありそうである。

【菊水賞】無傷で6連勝のマジックカーペット

inyofu 13日、園田競馬場で行われた第49回菊水賞(3歳・ダ1700m・1着賞金500万円)は、スタートで遅れるも先団の後ろまでポジションを上げた木村健騎手騎乗の1番人気マジックカーペット(牡3、兵庫・田中範雄厩舎)が、4コーナーで外に出して各馬を差し切り、逃げ粘った2番人気ブレイヴコール(牡3、兵庫・諏訪貴正厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分53秒8(稍重)。
動画を見る
無傷の6連勝のマジックカーペット。かなりの不利に見舞われた今回のレースでも勝利でき、力を見せつけることができたレースであった。
先週の地方競馬のニュースをまとめた。名古屋競馬で100万馬券がでた先週、岩手競馬のナムラタイタンが引退を発表した。またホワイトフーガは見事な走りでマリーンカップを勝利。JBCレディスクラシックに向けて期待十分である。また無傷の6連勝のマジックカーペットにも注目である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line