TOP > 競走馬 > 「レイデオロ」気合が乗ってきた!瞬発力に自信【皐月賞】
競走馬

「レイデオロ」気合が乗ってきた!瞬発力に自信【皐月賞】

母ラドラーダは2010年のヴィクトリアマイルに出走、母母レディブロンドは6戦5勝2003年のスプリンターズステークス4着としっかりと筋の通った血統のレイデオロが皐月賞に出走する。新馬戦、葉牡丹賞を圧倒的1番人気で勝利し迎えたホープフルステークスでは馬群の間を抜けて豪快に差し切り、3連勝で重賞制覇となった。連勝街道を伸ばしていくことは出来るのか。レイデオロについてまとめてみた。
レイデオロ

【新馬戦】素質の片鱗を見せる走り!

1番枠からまずまずのスタートから、ポジションを上げて4,5番手の位置。直線では前が空くのを待つ余裕があり、残り300mあたりから追い出されると、そのまま抜け出して快勝。
動画を見る
inyofu 1着 レイデオロ(ルメール騎手) 「スタートを出て、3~4番手に控え、馬はリラックスして走っていました。いい瞬発力を見せてくれました。馬場はこなしていましたが、良馬場の方が合っていると思います。距離は延びても大丈夫です。楽しみです」

【葉牡丹賞】次元の違う走り!

単勝オッズ1.5倍に支持される。レースでは後方からの競馬で、勝負所でコマノインパルスを追って上がっていき、直線では完璧なレース運びをした同馬を見事差し切った。
動画を見る
inyofu 1着 レイデオロ(C・ルメール騎手) 「テンションが高く、まだ若い馬です。でも、レースではリラックスして、最後は瞬発力を使ってくれました。ペースが速くて、スタミナがいる流れも向きました。今日は楽に勝ちました。(チャンピオンになれますか?との問いに)なれるかもしれません。ポテンシャルの高い馬です」
inyofu (藤沢和雄調教師) 「見ての通り荒っぽいレースぶり。流れに乗れたらあんな極端なレースにはならなかったでしょう。でも、能力は高い馬です。この後は様子を見て、ホープフルSに向かうかどうかを決めます」

【ホープフルS】無傷の3連勝でG2制覇!

前走同様に後ろからレースを進める。勝負所の3,4コーナーでは鞍上はびくともせずに、前が空いてから追われると坂で一気に加速して先頭に立ち、その勢いそのままに勝利をもぎ取った。
動画を見る
inyofu 1着 レイデオロ(ルメール騎手) 「競馬が上手です。新馬戦から徐々に良くなっています。今日も能力を発揮しました。以前から話していますが、2400mも大丈夫だと思います」
inyofu (藤沢和雄調教師) 「レイデオロはやる気十分の馬です。今後に向けて、ここで一息入れられるのは大きいです。この後も、馬本位でこれまで通りやっていきます」

【皐月賞】追い切り 軽やかな脚さばき!

inyofu レイデオロ(写真)、サトノアレスの藤沢和厩舎勢2頭は揃って坂路を1本駆け上がった(レイデオロ=4ハロン63・2―15・6秒、サトノアレス=65・8―14・5秒)。どちらも軽やかな脚さばきで調整に狂いはない。
inyofu 藤沢和調教師「レイデオロは先週ゲート練習をして気合が乗ってきた。休み明けでいきなりのクラシックは大変だけど頑張ってほしいね。

母母は5連勝、母は3連勝、父は4連勝と連勝の血筋がこの馬には流れており、勝ちながら成長するタイプである。先週の桜花賞では同厩のソウルスターリングが無傷の5連勝を懸けて挑んだが3着に敗れてしまった。その無念も晴らさなければならない。中山2000mのスペシャリストであるこの馬に敵う馬が果たして現れるのか注目である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line