TOP > コラム > 成り上がり夫婦のドリーム馬券術【2017年4月15日版】
コラム

成り上がり夫婦のドリーム馬券術【2017年4月15日版】

成り上がり夫婦のドリーム馬券術
洋子「なあ、守!私さ、ちょっと飽きてきちゃったんだよね。スナックに。」

「はあ??まだ一ヶ月も経たないのに、何言ってんだよ。出資してくれた人たちが怒るぞ、そんなこと言ったら。」

洋子「ま、そうなんだけどさ、これだけ、毎晩オッサンが来て、毎晩飲んで歌って、バカ話してさ、なんか虚しくなってきた。」

「これだけ繁盛してんだから、いいだろ、それに、オマエだって毎晩楽しそうじゃないかよ。」

洋子「あんたは?どうなの?楽しいの?」

「うん、まあ、それなりには楽しいよ、オレのタンタン麺を美味しいって、わざわざ〆めのメシ食べに来てくれるお客さんもいるしさ。」

洋子「ふ~ん。なんかさ、昔貧乏だった頃にさ、どうやって1号や7号からお金をふんだくってやるか考えてた頃が、一番楽しかったわ。上手くいってる時って刺激ないじゃん。今夜ももうすぐ、店に出て、明け方まで大騒ぎしてさ、意味あんのかな、こういうの。」

「あのな、上手くいってるなんて、奇跡的な事だと思って、有り難く頑張ろうよ。な、昔の極貧生活に戻りたくないだろ。」

洋子「そりゃそうなんだけどさ。ま、明日は、一日、馬券でもガンガン買ってスッキリしようかな。オマエは、先週負けたから、今週は、私がやるからね。もう、新聞読み込んだから。」

「あ、そうか、分かったよ。あ、そういえば、7号さんが、洋子って麻雀出来るのか聞いといて、って言ってたけど、洋子、麻雀出来るの?」

洋子「ん?麻雀?もちろん出来るよ。だって、私の産まれた実家っていうか、おじいちゃんちは、雀荘だったんだもん。」

「え?そうだっけ?」

洋子「そうよ、あれ?言わなかったっけ?私、5歳の時、大三元上がったんだよ、積もって。」

「ま、ま、まじか・・。じゃあ、相当強いの?」

洋子「昔、大学の頃は、よくやって勝ったけどね、その頃、女流のプロにならないか?って誘われたこともあるんだよ。」

「へええええ。すげええ。7号さんに言っておくよ。」

洋子「おい、守、今言った事は絶対言うなよ、7号には、私牌を並べるくらいしか出来ないけど、皆さんのお誘いなら相手しますわ、って言っとけよ。」

「まじか・・。わかったよ。」

そんな訳で、近々、覆面馬主たちとの麻雀大会がありそうだ。

明日の馬券は・・・

福島4レース!3歳未勝利戦!

9番インヘリットデールの単勝を2万、馬連で、4,6,10、14に5000円、馬単2000円、軸一頭の三連複相手4頭、6点、3000円ずつ。

中山11レース、中山グランドジャンプの、馬単12→6、を2万。
三連単で、1着12,2着6,3着に、4,5,7,8の4点、3000円ずつ。

これで勝負するとか。

洋子のストレス解消は、なるか?



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line