TOP > 競走馬 > 【POG】芦毛のディープ産駒!グリュイエール
競走馬

【POG】芦毛のディープ産駒!グリュイエール

暗い芦毛の馬体のグリュイエール。父はディープインパクトで母は未出走ながら祖母はクロフネの半妹。 血統は良く、期待されるディープ産駒の一頭だ。
グリュイエール

ニックス?父ディープインパクト×母父キングカメハメハ

サンプルは少ないが父ディープインパクトと母父キングカメハメハの配合はデニムアンドルビーやヤマノフェアリーなど順調に勝ち上がっている馬が多い。
inyofu ディープ×キンカメはサンプル数が少ないにもかかわらずデニムアンドルビーやヤマノフェアリーなど活躍馬を出したニックス配合。両親、祖父、祖母が同じオーナーというロマンもある。芦毛の怪物誕生を期待したい。
inyofu 特筆すべきは出走した5頭のうち4頭がJRAで勝ち上がり、前記ディナシーの子で父シンボリクリスエスのヴェルデホ(プラタナス賞)、同ラブアンドピースの子で父ジャングルポケットのピュアソルジャー(新緑賞)と、デニムアンドルビーを含む3頭が早くもオープン入りしていること。配合種牡馬の豊富なバリエーションも「母の父キングカメハメハ」の大きな可能性を示唆するものだ。

2013年 フローラS レース映像

今年こそは活躍?

全姉は現在未勝利。400キロ未満で馬体が乏しかったが、本馬は好馬体のようだ。
inyofu 全姉は初仔で、こじんまりとした馬体で大成できなかったが、本馬は470キロほどの好馬体。

珍しい?ディープインパクト産駒の芦毛馬

芦毛馬はディープインパクト産駒では珍しく、重賞勝ちは阪神牝馬Sを勝ったスマートレイアくらい。 そもそも数は少なく、希少種であるため、ファンも毛色に注目している。
inyofu ヴィクトリアマイルでG1初制覇を狙うスマートレイアーは、ディープインパクト産駒としては珍しい芦毛。珍しい、とはいっても芦毛馬は両親のいずれかが芦毛でなければ生まれない。ディープインパクト産駒の場合は、芦毛の繁殖牝馬との交配で生まれた馬の一部が芦毛に出る可能性を持っているわけで“希少種”なのは当然。

母ウインターコスモスは未出走ながらクロフネの姪っ子であり、父ディープインパクトとの組み合わせで期待される。そして母父キングカメハメハと父ディープインパクトとの相性も良く、全姉ナイトジャスミンは活躍出来ていないが、姉よりも馬体が大きく、力はありそうだ。 ディープインパクト産駒の芦毛馬として初GI制覇となるのだろうか!?

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line