TOP > 競走馬 > 【POG】2012年のセレクトセール最高額!サトノシュプリーム
競走馬

【POG】2012年のセレクトセール最高額!サトノシュプリーム

2012年セレクトセールで当歳最高額の2億5000万円で落札されたサトノシュプリーム。
母はアメリカでGIを勝っていて、その初仔である。果たして値段通りの活躍は出来るのか!?
サトノシュプリーム

セレクトセールとは?

inyofu 日本競走馬協会が主催するセレクトセールは、世界でも有数のサラブレッドセールです。当セールは、これまでのせり市には登場することのなかった良質馬を中心に上場し、自由競争による公正な取り引きを行うことで、開かれた市場の確立とサラブレッド流通の活性化を図ることを目的に開設されました
セレクトセールはオークションのようなもので、他人よりも多くの金額を提示し、最終的に一番高額を提示した人がその馬を所有出来る市場のようなもの。
GI馬もセールからは出ており、驚くほど高額なセリも見られる。

セレクトセール高額馬たち

セレクトセールで今まで最も高額だったのはディナシーの6億円!
しかし、残念ながらデビューは出来ずに終わってしまっている。

2006年セレクトセール映像

また、高額馬に活躍馬は意外とおらず、2億5000万以上ではトーセンスターダムしか重賞勝ち馬はいない。

2014年 きさらぎ賞 レース映像

サトノシュプリームこれからの予定と現在の様子

これだけの高額馬であるため、順調に行ってほしいが、現在はどんな様子なのだろうか。
inyofu 「セレクトで馬っぷりが良かったからね。体もボテッとしていたけど、徐々にサンデー系の体形になってきたよ」と説明してくれました。実は育成時にかなり体が大きくなりかけた時期もあったらしいのですが、今は手頃なサイズとなり、クラシックを意識できるような存在なんだそうです。こちらは秋以降の王道路線でいくようですね。
inyofu  サトノシュプリーム(牡2、父ディープインパクト、母スカイディーバ、池江)は12年のセレクトセール当歳で2億5000万円の最高額。「一番調教の進んでいる組で順調にきてます。このままなら函館、札幌でゲート試験を受けられる」と横手厩舎長。493キロ。

父はディープインパクト、母はアメリカのGIを勝っているスカイディーバ。元々外国の名牝とディープインパクト産駒の相性は良いが、セレクトセールで2億5000万で落札されたことで一気に注目された。 高額馬は去年トーセンスターダムが重賞を勝っているだけに、今年も期待が膨らむ。高額というプレッシャーに負けず、元気に走る姿を期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line