TOP > 競走馬 > 「フローレスマジック」雰囲気よし!距離延長は問題ない【オークス】
競走馬

「フローレスマジック」雰囲気よし!距離延長は問題ない【オークス】

2014年のエリザベス女王杯を制したラキシス、昨年の京王杯スプリングカップを制したサトノアラジンを兄姉に持つフローレスマジック。新馬戦2着後、未勝利戦はきっちりと勝利。その後アルテミスステークスでは2着、クイーンカップ3着。前走のフローラステークスでは僅差の3着とこれまで堅実な成績を残しているフローレスマジックについてまとめてみた。
フローレスマジック

【アルテミスS】先に繋がる2着!

向上面では抑えて中団馬群につける。その後はリスグラシューを前に見る形で直線に入ってから追い出されると、リスグラシューとの一騎打ちに。上がり最速の脚を使うも、半馬身差の2着であった。
動画を見る
inyofu 2着 フローレスマジック(ルメール騎手) 「直線はいい伸びでしたが、ラスト100mで同じ脚色になってしまいました。もっといいポジションを取りたかったのですが、スタートがあまり速くありませんでした。いい瞬発力は持っています」

【クイーンC】最後まで差を詰めるも...

前走同様に中団馬群で脚を溜める。直線では外に出すタイミングが無く、前が空いてからも進路を切り替えるロス。最後まで差を詰めていたが3着に敗れてしまった。
動画を見る
inyofu 3着 フローレスマジック(戸崎騎手) 「体も戻っていたみたいですし、落ち着いて、リラックスしていい感じでした。最後も頑張っています」

【フローラS】最後まで脚を使い3着!

外枠からじわっと先行し3番手につける。直線コースでは前を射程圏内に入れて追い出しも待つ余裕があったが、追い出されてからは前の馬がしぶとく、後ろにいた馬にも交わされ3着という結果に終わった。
動画を見る
inyofu 3着 フローレスマジック(戸崎圭太騎手) 「今日は壁がなくペースが遅い形でもリラックスして走っていました。外からよく反応していますが、もう少しでした。距離は問題ないと思います」

【オークス】追い切り 前走より素軽さが増す!

inyofu フローレスマジックは戸崎圭を背に南ウッド6ハロンから3頭併せ。直線では両サイドから挟まれる形。ラスト1ハロン地点から強めに追われてゴール地点ではグイッとクビだけ前に出た(80・7―38・3―12・6秒)。まだ反応面に物足りなさを残しているが、前走(クイーンC=3着)時よりは素軽さが増している。
inyofu 戸崎圭騎手「調教師から“しっかりやってくれ”と。実際、しっかりと追えたし、調教を重ねてきてもテンションは上がってこない。乗りやすいタイプなので距離が延びるのは大丈夫。クラシックは勝ったことがないので今年はこの馬で頑張りたい」

コンビ3戦目になる戸崎圭太騎手はオークスの勝利こそは無いものの、2着が3回と実績がある。オークスの全ての出走馬が抱える距離不安も全姉ラキシスという事を考えればむしろベストと言ったところか。これまで1度も馬券圏内を外していないが、G1でも同様に行くかどうか楽しみである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line